リビンマッチの評判調査!口コミからわかったメリットデメリット

不動産の売却を検討しているなら、不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。一括査定サイトにはさまざまな種類があり、リビンマッチはその1つです。
リビンマッチを利用するかどうかで迷っているなら、評判を確認してみるとよいでしょう。口コミでの評判を参考にすることで、利用するメリットやデメリットが把握できます。一括査定サイトについての詳細な理解を深めておくことで、不動産売却はスムーズに進めやすくなります。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

リビンマッチとはどのような一括査定か

リビンマッチとはどのような一括査定サイトなのか、基本的な情報を知っておきましょう。リビンマッチの大まかな特徴は、次の通りです。

  • 無料の有名な一括査定サイト
  • 売却や買取の査定依頼を同時に6社
  • 査定依頼は最短で45秒

大まかな特徴を知っておくことで、リビンマッチがどのようなサイトなのか、理解を深めやすくなります。

無料の有名な一括査定サイト

リビンマッチは無料で利用できる不動産一括査定サイトであり、知名度も高いです。「マーケティングアンドアソシェイツ」によるアンケート調査では、リビンマッチは不動産査定サイトの認知度と、使ってみたい査定サイトでともにナンバーワンの評判を獲得しています。
運営年数は15年と長く、年間1万2,000件以上の査定依頼や資料請求の実績があります。サイトの歴史が長く、多くの人に利用されている有名な一括査定サイトといえるでしょう。
利用者数の多さで考えるなら、すまいステップもおすすめの一括査定サイトです。一度の登録で複数社に査定を依頼できるため、効率的に一括査定を受けたいなら、すまいステップの利用も同時に検討してみるとよいでしょう。

売却や買取の査定依頼を同時に6社

リビンマッチは一度の情報の登録で、不動産の売却や買取の査定依頼を、同時に6社に出すことができます。不動産会社に仲介を依頼し、個人の買主を探す仲介売却だけではなく、不動産会社自身が買主となる不動産買取の査定まで出せるのは、リビンマッチの大きな魅力です。
また、査定依頼に対応している不動産の種類も豊富です。

  • 土地
  • 分譲マンション
  • 一棟アパート・マンション
  • 投資用マンション
  • 一棟ビル
  • 区分所有ビル
  • 店舗
  • 工場
  • 倉庫
  • 農地

家以外で売却したい不動産を所有している場合でも、リビンマッチで査定を受けられる可能性は高いです。

査定依頼は最短で45秒

最短45秒程度で査定依頼を出せることも、リビンマッチの特徴です。査定依頼時に入力する情報は、次の通りです。

  • 物件の種類
  • 所在地の住所
  • 建物名(マンション・アパートの場合は必須)
  • 部屋番号
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数(建物の場合)
  • 現況(自身・親族が居住中/空室/賃貸中/その他)
  • 物件の関係と名義
  • 売却の希望時期
  • 査定会社への要望
  • 住宅ローン借り換えを検討しているかどうか
  • リフォームを検討しているかどうか
  • 依頼する不動産会社のチェック
  • その他に査定会社へ伝えたいことを自由記述(任意)

不動産に関する基本情報から売却の条件など、簡単な項目を入力するだけで、スムーズに査定を受けられます。

リビンマッチの評判・口コミからわかるメリット

リビンマッチを利用するメリットを、口コミの評判から知っていきましょう。

  • 登録されている事業所の多さ
  • 短期間での売却が望める
  • コラムで売却の基礎から学べる
  • リビンマッチの利用で特典がある

よい口コミや評判を参考にすることで、どのようなメリットがあるのかが把握できます。

登録されている事業所の多さ

リビンマッチは登録している不動産事業所の数が多く、全国約2,600の事業所が登録しています。登録事業所数が多いことで、さまざまな不動産会社からの査定結果を比較でき、好条件で売却できる業者を見つけやすいです。
また、地方にある不動産会社も見つけやすく、全国の幅広いエリアでスムーズに不動産売却がしやすい点は、大きなメリットといえます。

短期間での売却が望める

仲介による売却だけではなく、買取の査定も同時に出せる点は、リビンマッチのメリットです。売れないと思っていた不動産でも、買取を検討することで短期間で売却できたという口コミもあります。
また、登録している事業所数が多いため、特定地域での売却に強い不動産会社や、特殊な不動産の売却が得意な業者を見つけやすい点も魅力です。

コラムで売却の基礎から学べる

リビンマッチのサイトには不動産売却についてのコラム記事が多数掲載されており、売却の基礎から学べる点もよい評判を集めています。
コラムには複数のカテゴリーがあり、不動産の売却だけではなく、買取や不動産投資などについても学べます。初めての不動産取引で不安がある人も、コラムで勉強してから取引に臨めるため、必要な知識を身につけやすいです。

リビンマッチの利用で特典がある

リビンマッチの特典申請ページから売却を依頼し、次の条件を満たすことで2,000円分のギフトカードがもらえます。

  • 「リビンマッチ不動産売却」を利用すること
  • 「リビンマッチ不動産売却」の提携会社と媒介契約を締結すること
  • 申請後に10分程度の電話取材を受けること

スムーズに不動産売却ができるだけではなく、申し込み方によっては特典が受け取れることもメリットです。

リビンマッチの評判・口コミからわかるデメリット

リビンマッチにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

  • 査定の種類を選べない
  • リビンマッチの問い合わせ窓口がない
  • 対応の悪い不動産会社がいる

評判や口コミからわかるデメリットも把握して、自分に合ったサービスなのかを見極めましょう。

査定の種類を選べない

リビンマッチでは、依頼する査定の種類を選べないことがデメリットです。査定にはネット上で行える机上査定と、不動産会社が現地を訪れ、不動産の詳細な状態を確認して行う訪問査定があります。
机上査定の場合はデータを登録するだけでスムーズに査定額を提示してもらえますが、訪問査定の場合はスケジュールの調整や現地調査などで時間がかかります。
もし依頼した不動産会社がすべて訪問査定のみの対応となっている場合は、査定額を知るために手間と時間がかかってしまうため、売却を依頼する不動産会社の絞り込みに時間がかかってしまうことはデメリットです。

リビンマッチの問い合わせ窓口がない

リビンマッチには不動産売却や査定依頼に関する問い合わせの窓口がありません。公式ホームページから問い合わせができるのは企業のみであり、個人の場合はメールや電話での問い合わせにも対応していない点はデメリットです。
実店舗もないため、不動産売却についての相談は、リビンマッチにはできないことは理解しておきましょう。個人情報の取り扱いについてのみ窓口があるため、個人情報に関する疑問点や不安などがある場合は、公式ホームページから問い合わせが可能です。

対応の悪い不動産会社がいる

リビンマッチに登録しているすべての不動産会社が信頼できるとは限らず、中には対応の悪い業者もいます。査定依頼を出しているのに査定結果を表示せずに、不動産の売却や買取、投資など別の営業をかけてくるなどの評判もあるため、利用時には注意が必要です。
不動産会社によっては断ってもしつこく営業の電話をかけてくることがあるため、不動産会社への対応に面倒を感じてしまうこともあります。

リビンマッチを使い売却を進めるポイント

リビンマッチを活用して上手に不動産売却を進めるには、次のポイントを押さえておきましょう。

  • 不動産の活用も視野に入れて査定の依頼
  • 営業に曖昧な返事はしない
  • 売却の依頼先は査定額だけで決めない

ポイントを踏まえてリビンマッチを利用することで、スムーズかつ失敗なく不動産売却を進めやすくなります。

不動産の活用も視野に入れて査定の依頼

不動産の一括査定を出す際には、売却だけではなく不動産の活用も視野に入れておくことがおすすめです。リビンマッチでは不動産売却の査定だけではなく、賃料査定をしてくれる不動産会社もピックアップしてもらえます。
不動産によっては売却するよりも、賃貸経営したほうがより多くの利益が獲得できることもあります。売却の査定と同時に賃料査定も受けておき、長期的に見てどちらのほうがお得なのかを比較して、売却と活用のどちらがよいかを見極めましょう。

営業に曖昧な返事はしない

利用しない不動産会社からの営業には、曖昧な返事をせずにきっぱりと断ることが大切です。きっぱり断らずに曖昧な返事をしてしまうと、しつこく営業をかけられてしまうことがあります。
もしきっぱり断っているのに営業をかけ続けられる場合は、国や都道府県の監督官庁、または弁護士に相談してトラブルをスムーズに回避しましょう。

売却の依頼先は査定額だけで決めない

どの不動産会社に売却を依頼するかは、提示された査定額だけで決めないことが大切です。査定額はあくまで売却の目安であり、必ずその金額で売れると確定した価格ではありません。
不動産会社によっては自社で売却してもらうために、相場よりも高い査定額を提示することもあります。好条件での売却を成功させるには、提示された査定額が妥当なものかを判断しなければなりません。
なぜその査定額になったのか、金額の根拠を聞いたり、実際に不動産会社の担当者と話してみて、信頼できるかを確認して、売却を依頼する不動産会社を選びましょう。

リビンマッチの利用で気になる疑問

スムーズにリビンマッチを利用するには、事前に疑問点を解消しておくことが大切です。

  • 一度出した査定依頼はキャンセルできるか
  • 査定依頼で必要な書類はあるか
  • 売却では不動産会社を決めてからなにをするか

よくある疑問とその回答を参考にし、わからない部分をなくしてからリビンマッチを利用しましょう。

一度出した査定依頼はキャンセルできるか

一括査定を依頼した直後なら、リビンマッチに連絡することで査定依頼のキャンセルが可能です。一括査定の依頼から時間がたっている場合は、査定を出した不動産会社に直接連絡して、キャンセルを申し出ましょう。
また、査定依頼を出したからといって、必ずしもその不動産会社に売却を依頼しなければならないわけではありません。もし査定結果に納得ができない場合は、キャンセルをするか再度別の不動産会社に査定依頼を出し直して、納得できる条件を提示した不動産会社を選びましょう。

査定依頼で必要な書類はあるか

一括査定を依頼する際には、必要な書類は特にありません。査定依頼時には不動産の面積や築年数などを入力しますが、これらはおおよその数値で問題ないため、わからない部分は大まかに入力しておきましょう。
査定を受け、不動産売却を進めるにあたっては次の書類が必要です。

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 固定資産税納付書・固定資産税納税通知書
  • 土地測量図面・境界確認書(一戸建てや土地の売却に必要) 
  • 売買契約書
  • 建築確認済証・検査済証(一戸建ての売却に必要)
  • 物件購入時の重要事項説明書
  • 物件の図面・設備の仕様書
  • マンションの管理規約
  • マンション維持費関連書類
  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書(新耐震基準が導入される前の物件を売却する場合)

事前に書類を用意しておくことで、スムーズに不動産売却を進めやすくなります。 

売却では不動産会社を決めてからなにをするか

一括査定で不動産会社を絞り込み、売却を依頼する業者を決めた後の流れは次の通りです。

  1. 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  2. 売却活動を開始する
  3. 内覧対応をする
  4. 購入希望者と交渉をする
  5. 売買契約を締結する
  6. 物件の引き渡しと決済を行う
  7. 翌年に確定申告をする

不動産会社に仲介を依頼して売却する場合は、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約締結後に売却活動が開始となり、購入希望者が見つかったなら内覧に来てもらいましょう。
内覧で物件を気に入ってもらえたなら、売却の条件を交渉し、双方が合意できたら売買契約書を作成して売買契約を締結します。
その後、契約書に記載した内容に従って物件の引き渡しをし、決済を受けましょう。不動産を売却をした翌年には確定申告が必要です。確定申告は2月16日~3月15日までの間に行うことが原則であるため、期限を超過しないように申告書類を準備して、スムーズに手続きを完了させましょう。

リビンマッチを使いこなして売却を進めよう

スムーズに不動産売却を進めるには、一括査定サイトの特徴を理解し、上手に使いこなすことが大切です。リビンマッチは複数の不動産会社に同時に査定依頼を出せたり、幅広い不動産会社を利用できたりと、便利なサイトです。
評判からわかるメリットも多いため、使いこなすことでスムーズな売却を実現しやすくなります。リビンマッチの魅力を理解し、上手に活用することで、失敗なく不動産売却を完了させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?