一括査定のすまいバリューの評判は?使うデメリットまで徹底解説

一括査定サイトのすまいバリューの利用を検討しているなら、評判を参考にして特徴を知っておくことがおすすめです。特徴を正しく理解しておくことで、自分に合ったサービスかどうかが判断できます。
また、すまいバリューにはメリットとデメリットの両方があります。メリットだけではなくデメリットも把握して、すまいバリューを利用するかどうか検討しましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

すまいバリューの特徴とは

すまいバリューについての理解を深めるには、どのような特徴を持ったサービスなのかを知っておくことが大切です。

  • 不動産大手6社による査定
  • 年間で10万件を超える成約実績
  • 大手だから提供できる充実したサービス

基本的な特徴から、すまいバリューとはどのようなものなのかを理解していきましょう。

不動産大手6社による査定

すまいバリューは、次の不動産大手6社による査定がまとめて受けられます。

  • 三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)
  • 住友不動産販売株式会社
  • 東急リバブル株式会社
  • 野村不動産ソリューションズ株式会社(野村の仲介+)
  • 三菱地所ハウスネット株式会社
  • 小田急不動産株式会社

これらの企業は都市部を中心に事業を展開しており、合計890もの店舗があります。提携している不動産会社が大手ばかりという点は、すまいバリューならではの特徴です。

年間で10万件を超える成約実績

豊富な実績を誇ることも、すまいバリューの特徴です。すまいバリューは年間10万件を超える成約実績を持っており、2019年度では6社合計で11万件以上の実績があります。また、売却成約率も79.7%と高く、信頼度が高い点もすまいバリューの魅力です。

大手だから提供できる充実したサービス

大手不動産会社と提携しているすまいバリューは、充実したサービスを受けられます。

企業名サービス名特徴
小田急不動産ソナエアラバ10の安心サポート
住友不動産販売ステップエスコート売買前後の住み替えサポート
東急リバブルアクセル君リフォーム・モデルルーム演出・売却保証
野村の仲介+売却・買換サポート付加価値向上サービスによる住み替えサポート
三井のリハウス360°サポート買主と売主の安心な取引をサポート
三菱地所ハウスネットあんしんサポート建物・住宅設備の検査保証

各社が提供するサービスを利用することにより、安心して不動産売買を行える点も大きな特徴です。

すまいバリューの評判からわかる4つのメリット

すまいバリューとはどのようなメリットのあるサービスなのか、評判を参考に知っていきましょう。

  • 質の悪い不動産会社に当たらない
  • 不動産の査定額が信頼できる
  • 近所に売却を知られずに手続きを進められる
  • 投資用の不動産でも査定依頼を出しやすい

メリットを把握しておくことで、すまいバリューならではの魅力を理解できます。

質の悪い不動産会社に当たらない

すまいバリューが提携しているのは、信頼度の高い大手6社のみです。そのため、他の一括査定サイトのように対応の悪い不動産会社に当たる心配がなく、しつこい営業の電話やメールが来る心配はありません。
優良業者のみ提携しているため、売却の意思がなくても気軽に査定の依頼ができ、所有している不動産の価値を知るためだけに査定を利用したいという人にもおすすめです。

不動産の査定額が信頼できる

大手不動産会社のみと提携しているため、査定額の信頼度が高い点もすまいバリューならではの魅力です。大手不動産会社では不動産売却や査定のノウハウが蓄積されているため、より実情に見合った査定をしてくれます。
他の一括査定サイトでは、不動産会社による査定価格のばらつきが多いことも少なくありません。すまいバリューならどの不動産会社でも査定額がある程度共通しているため、大きな差が出づらい点はメリットです。

近所に売却を知られずに手続きを進められる

すまいバリューでは物件情報を非公開にしたまま、売却手続きを進められます。そのため、近所の人に知られずに購入希望者を探せるため、売却を知られたくない人にとっては大きなメリットです。
また、査定を受けるだけなら、連絡方法の指定によって家族にも知られずに受けられます。周囲の人に売却の事実を知られたくない人は、すまいバリューを利用するとよいでしょう。

投資用の不動産でも査定依頼を出しやすい

すまいバリューでは一棟アパートや事業用ビルなども査定依頼に出すことができ、投資用の不動産でも査定を受けられます。
中小の不動産会社では居住用の不動産のみ査定可能という場合も多いですが、すまいステップなら投資用物件まで査定を受け、売却できるのは大きなメリットです。

すまいバリューの評判からわかる4つのデメリット

すまいバリューにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

  • 地元では有名な不動産会社でも査定は出せない
  • 一括査定だけでは不動産会社の絞り込みが難しい
  • 仲介手数料の値引き交渉は難しい
  • 両手取引をされてしまう可能性がある

評判を参考にデメリットも知り、すまいバリューへの理解をさらに深めていきましょう。

地元では有名な不動産会社でも査定は出せない

すまいバリューで査定依頼を出せるのは、大手6社とその企業が運営している不動産会社に限られます。そのため、地元では有名な不動産会社があったとしても、提携に入っていない場合は査定依頼は出せません。
地域によっては査定そのものが対応エリア外になっていることもあるため、査定の依頼先が限定されてしまう点はデメリットです。
さまざまな不動産会社に査定を依頼したいなら、すまいステップがおすすめです。すまいステップは全国の不動産会社と提携しており、大企業から中小企業まで、さまざまな不動産会社に査定を依頼できます。
地元で有名な不動産会社とも提携している可能性があるため、気になる場合は一度査定を受けてみるとよいでしょう。

一括査定だけでは不動産会社の絞り込みが難しい

すまいバリューは大手6社が協力して運営しているため、査定額にそれほど違いがありません。そのため、一括査定だけでは不動産会社の絞り込みが難しい点はデメリットです。
どの不動産会社を利用するかは、査定額だけではなく、担当者に会って判断する必要があります。不動産会社の絞り込みに時間がかかりやすく、場合によってはスムーズな売却が難しくなることもあります。

仲介手数料の値引き交渉は難しい

大手不動産会社は社内でマニュアル対応が徹底されていることも多く、仲介手数料の値引き交渉は難しいです。大手では厳しいノルマが設定されていることもあり、交渉をしても値引きには応じてくれない場合が多いことは理解しておきましょう。
中小企業の場合は担当者個人の裁量によって値引きをしてくれることもありますが、大手企業では規定通りの仲介手数料を支払うケースがほとんどです。

両手取引をされてしまう可能性がある

大手不動産会社は顧客数が多く、場合によっては両手取引をされる可能性があります。両手取引とは、不動産会社1社が買主と売主両方の仲介をすることであり、企業によっては自社で買主を見つけるために、他の企業からの買主の紹介や買取の申し出を断ることがあります。
両手取引をされると、本来なら売れるはずのタイミングで売却ができず、売り損が出てしまうこともあるため注意が必要です。両手取引を防ぐには、物件の売り出し情報が公開されているか確認したり、両手取引をしていないか、不動産会社に尋ねたりすることが大切です。

すまいバリューでの一括査定がおすすめの人とは

すまいバリューを利用して一括査定を受けるのがおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。

  • 査定をしたい不動産が都市圏にある人
  • 早く不動産を売却したい人
  • 相場にあった価格で不動産を売却したい人

上記の特徴を確認し、自分の場合はすまいバリューの利用に適しているのかをチェックしてみましょう。

査定をしたい不動産が都市圏にある人

大手不動産会社の事業所は都市圏に集中しているため、都市部での不動産売却を検討している人には、すまいバリューがおすすめです。すまいバリューは都市圏での売却に強く、複数社に査定を出しやすくなります。
また、査定額が比較できることで相場を把握しやすいことも魅力です。複数社から査定を受けられることで、査定の根拠からどの不動産会社がよいかも比較できるため、都市圏での売却を検討しているならすまいバリューを利用しましょう。

早く不動産を売却したい人

不動産を少しでも早く売却したいなら、実績が豊富な大手不動産会社に依頼することがおすすめです。不動産会社ならすでに顧客を抱えていることも多く、素早く売却しやすいです。
大手不動産会社では売却の平均期間は2.7ヶ月であり、条件がよければスムーズに売ることができます。不動産の売却は早くて3ヶ月、遅いと半年以上かかることも多いため、素早く売りたいならすまいバリューの一括査定を利用するとよいでしょう。

相場にあった価格で不動産を売却したい人

すまいバリューでは、実績豊富な不動産会社から査定を受けられるため、適切な相場価格での売却を目指しやすいです。査定額も相場に近く、売り損を防ぎやすい点も魅力です。
大手不動産会社は極端な査定額を出すことが少ないため、適正価格でスムーズに売却したい人には、すまいバリューの利用がおすすめです。

すまいバリューを利用するときの注意点

すまいバリューを利用する際には、注意したいポイントがいくつかあります。

  • 査定の精度を上げるなら書類を用意
  • いきなり複数社へ訪問査定を出さない
  • 査定結果の価格で売却できる保証はない

注意点を正しく理解して、すまいバリューを上手に活用しましょう。

査定の精度を上げるなら書類を用意

一括査定は、次の手順で申し込みます。

  1. 一括査定サイトにアクセスする
  2. 物件情報や連絡先などの情報を入力する
  3. 申し込みをして査定結果を待つ

一括査定サイトにアクセスして、物件の情報や氏名、連絡先などを入力します。物件の築年数や面積なども入力しますが、おおよその情報でも査定は可能です。ただし、より正確な情報を記載したほうが査定の精度は上がるため、物件情報がわかる書類を用意しておきましょう。
土地の境界確認書や物件の図面などを用意しておくと、スムーズに正確な情報を入力できます。正確に査定額を出してもらうには詳細な情報が必要であるため、物件情報のわかる書類は事前に用意しておきましょう。

いきなり複数社へ訪問査定を出さない

不動産査定には机上査定と訪問査定の2つがあり、最初に行うのは机上査定がおすすめです。机上査定はネット上で行える査定であり、一括査定が該当します。訪問査定は不動産会社の担当者が現地を訪れ、不動産の現況を見て査定を行うものです。
訪問査定のほうがより正確な査定額を提示してもらえますが、査定を行い、結果が通知されるまでに時間と手間がかかります。そのため、先に机上査定で不動産会社の候補を絞り込み、そこから訪問査定を依頼するほうが、効率的に売却を進めやすいです。
いきなり複数社に訪問査定を依頼してしまうと、手間がかかって売却がスムーズに進められないため注意しましょう。

査定結果の価格で売却できる保証はない

不動産会社に提示される査定額はあくまで目安の金額であり、必ずしもその金額で売却できる保証はありません。査定額は3ヶ月程度で売却できる価格の目安であり、実際の売却価格は不動産市場の需要や買主との交渉によって決まると考えましょう。
そのため、査定額が高額だからといって、高値で売却できるとは限りません。査定額は目安であることを理解し、買主が現れないなら値下げをすることも検討しましょう。

すまいバリューの評判に問題がないなら査定依頼を出そう

すまいバリューの評判を確認し、問題がないと判断したなら査定依頼を出してみることがおすすめです。すまいバリューは大手不動産会社のみと提携しているため、信頼度は高く、優良業者を見つけやすい点が魅力です。
優良業者にサポートしてもらうことで、スムーズかつお得に不動産は売却しやすくなります。すまいバリューを上手に活用し、納得できる条件での不動産売却を目指しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?