不動産見積もりを依頼する方法は?机上査定と訪問査定について解説

不動産を売却するには、事前に見積もりを依頼することが重要です。不動産会社に見積もりを依頼することで、売却予定の不動産がいくらくらいで売れるのか、おおよその価値を把握できます。

相場価格を把握していないと、適正価格で売り出すことができず、売却に失敗しやすいです。不動産見積もりで相場を知り、適正価格で売り出して不動産売却を成功させましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産見積もりを依頼する方法

不動産見積もりを依頼する方法は、大きく分けて次の3つがあります。

  • 一括査定サイトを活用する
  • 不動産会社に査定を依頼する
  • 不動産鑑定士に依頼する

それぞれどのような違いがあるのかを知り、見積もりを取る際の参考にしましょう。

一括査定サイトを活用する

一括査定サイトは、不動産の情報をネット上で登録することで、一度で複数社に見積もりを依頼できます。各社が提示する条件を比較して、仲介を依頼する不動産会社を決められる点が大きな特徴です。効率的に不動産会社ごとの違いを比較できるため、どの業者に売却を依頼するか、迷っている人におすすめです。

一括査定サイトのすまいステップなら、2~3分程度の登録で、複数社に見積もりの依頼を出すことができます。売却活動をスムーズに進めたい人に、おすすめのサービスです。

不動産会社に査定を依頼する

不動産会社に直接査定を依頼することでも、見積もりを取ることができます。不動産会社による査定には、次の2つの方法があります。

  • 机上査定
  • 訪問査定

それぞれどのような違いがあるのかを知り、シーンに合わせて使い分けましょう。

机上査定とは

築年数や床面積、間取りや所在地など、物件のデータのみで行う査定が机上査定です。不動産の現況やリフォーム状況、周辺環境などは金額に反映されないため、あくまでおおまかな価値を知るためのものです。机上査定はデータの入力だけで見積もりを取れるため、素早く不動産の価値を調べることができます。

売却を依頼する不動産会社を選定する際や、単に所有する不動産の価値を調べる場合には、素早く結果が出る机上査定がおすすめです。

訪問査定とは

不動産会社の担当者が実際に現地を訪れ、見積もりを取る方法が訪問査定です。机上査定とは違い、物件のデータだけではなく現況やリフォームの有無、周辺環境なども考慮して査定額を算出することが特徴です。

より詳細な情報によって査定額を決めるため、机上査定よりは精度が高く、より実際の取引額に違い査定額を算出してもらえます。訪問査定には担当者とのスケジュールのすり合わせや査定結果の通知待ちなどで時間と手間がかかります。

そのため、机上査定で不動産会社の候補を絞り込み、条件のよさそうな不動産会社に限定して、訪問査定を行うという流れが、不動産売却では一般的です。

不動産鑑定士に依頼する

不動産鑑定士に依頼して、家や土地などの価値を調べもらうこともできます。不動産鑑定士によって算出された不動産の価値は、公的な証明ともなるため、裁判でも使用できます。ただし、不動産鑑定には高額な費用がかかり、必ずしも鑑定士による見積もりが必要なわけではありません。

  • 離婚時に財産分与の協議をする場合
  • 遺産相続協議の参考資料として使用する場合
  • 法人として不動産価値を調べる場合

裁判で不動産の価値を証明したり、協議の際に正確な不動産価格が必要な場合に、不動産鑑定士による鑑定を受けると考えましょう。そのため、通常の不動産売買の際には、鑑定士による鑑定は不要であり、不動産会社による査定で問題ありません。

不動産見積もりを依頼するときのポイント

不動産の見積もりは、次のポイントを踏まえて依頼しましょう。

  • なるべく複数の会社に依頼する
  • 自分の希望を伝える
  • 実績のある不動産会社を選ぶ
  • 不動産の評価を上げることを実施する

ポイントを押さえて見積もりを依頼することで、スムーズかつ好条件の査定を受けやすくなります。

なるべく複数の会社に依頼する

見積もりはなるべく複数の会社に依頼し、各社が提示する結果を比較することが大切です。見積もりの金額は依頼先によって異なることもあるため、最初の1社だけで決めてしまうと、相場よりも低い見積もり金額で売却活動を行い、売り損を出してしまう可能性があります。

適切な相場価格を把握していないと、売り出し価格を決めることも難しいため、見積もりは複数社に依頼して、相場を正しく理解しましょう。

自分の希望を伝える

不動産会社の担当者には、いつまでにいくらで売りたいのか、自分の希望を伝えておくことが大切です。売却条件の希望を伝えておくことで、適した売却プランを提案してもらいやすくなり、スムーズに売却活動が進められます。

また、なぜ売りたいのか理由も伝えておくことで、売却にかけられる期間も、理解してもらいやすいです。例えば転勤や離婚などで売却を検討しているなら、タイムリミットが決まっているため、早期売却が必要です。

売却理由を話しておくことで、買主から売却理由を求められた際にも、不動産会社から説明してもらえるため、売却がスムーズになります。

実績のある不動産会社を選ぶ

実績のある不動産会社に見積もりを依頼することで、査定が好条件になったり、スムーズに売却しやすくなったりします。不動産会社によって強みは異なり、売却と賃貸どちらが得意なのかは事前に調べておくことが大切です。

また、売却に強みがあっても、一戸建てとマンション、土地のいずれの売却を得意としているかが異なることもあります。そのため、売却予定の不動産に合わせて、実績を確認しておくことが重要です。

不動産会社は大手と地域密着型の大きく2つにわけられ、それぞれで特徴が異なります。不動産の所在地によってどちらがよいかは異なるため、売却エリアも考慮して実績のある不動産会社に見積もりを依頼しましょう。

不動産の評価を上げることを実施する

好条件の見積もりを出してもらうには、不動産の評価を上げる工夫をしておくことが大切です。

  • 故障箇所は修理する
  • 屋根や外壁など外装を補修する
  • 見積もり時に不動産の魅力を伝える

住宅設備に故障があるとマイナス評価になりやすいため、事前に修理しておきましょう。見積もり時には内装だけではなく、外装も見られています。そのため、屋根や外壁の補修、塗装の塗りなおしなどもしておくと、評価は上がりやすいです。

訪問査定を受ける場合は、担当者に不動産の魅力をアピールすることも大切です。住んでいるからこそわかる魅力を伝えることで、見積もりの評価は高めやすくなります。

不動産見積もりに関する注意点

不動産見積もりを依頼する際には、注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 査定額を売却価格と考えない
  • 高すぎる査定額を鵜呑みにしない
  • 事前の掃除は不要
  • マイナス要素も隠さず伝える

注意点も正しく把握して、上手に見積もりを依頼しましょう。

査定額を売却価格と考えない

見積もりによって提示される査定額は、あくまで3ヶ月程度で売却できる価格の目安です。そのため、査定額がそのまま売却価格になるわけではなく、実際の価格は買主との交渉によって増減すると考えましょう。

高値を提示して買主が了承するなら、査定額以上での売却は可能です。しかし、基本的には契約時には価格交渉によって値引きを求められることが多く、査定額より売却価格が下がることも少なくありません。

査定額で売り出すと、値引き交渉で売却価格が下がることもあるため、少しでも高値で売りたいなら、査定額より少し高めの金額で売り出し、値引きしても損をしないようにしておくことがおすすめです。

高すぎる査定額を鵜呑みにしない

不動産会社によっては、自社で契約して売却してもらうために、実際の価値よりも高額な査定額を提示することがあります。査定額が高額でも、実際の価値が低いと売却価格は大幅に下がります。

そのため、査定額はすべて鵜呑みにせず、相場に見合った適正価格であるかを自身で判断することが大切です。事前に相場を調べたり、複数社の査定額を比較したりして、適正価格を判断しましょう。

事前の掃除は不要

見積もりの前は、掃除やハウスクリーニングは基本的には不要です。掃除をしたからといって、それだけで見積もりの金額が変わるわけではなく、費用をかけた場合はその分を損をすることもあります。

ただし、内覧の前には掃除は有効であり、部屋をきれいにしておくことで購入希望者に好印象を与えやすくなります。見積もり前の掃除は、訪問査定で家の中を見回りやすいようするだけの最低限のもので構いません。

マイナス要素も隠さず伝える

見積もりの際には、マイナス要素も隠さず担当者に伝えることが大切です。マイナス要素があると見積もりでの評価は下がりますが、隠したまま売却するとトラブルに発展することがあります。

住宅設備の不備や故障などを隠して売却した場合、買主が購入後に気づくと損害賠償請求をされたり、修理にかかる実費を請求されたりします。

不動産にマイナス要素がある場合も隠さず伝え、どのように対処して売却活動に臨めばよいのか、担当者と相談して決めておきましょう。

不動産見積もりに関するQ&A

不動産見積もりを利用するなら、よくある疑問とその回答を知り、理解を深めておきましょう。

  • 有料査定と無料査定の違いは?
  • 自分で査定額を調べる方法は?
  • 不動産査定に必要な書類は?

疑問点を解消しておくことで、不安なく見積もりを取ることができ、売却自体もスムーズに進めやすいです。

有料査定と無料査定の違いは?

不動産の見積もりには、有料査定と無料査定の2つがあります。有料査定は不動産鑑定士による査定であり、無料査定は不動産会社による査定です。

有料査定で得られた結果は、公的な効力を持つため、裁判などでも使用できる資料となります。対して無料査定の結果は、あくまで売却時の目安となるものであり、公的な効力はありません。

そのため、公的な証明書として不動産価格の提示が必要なら有料査定を、売却時の金額の目安としたいなら無料査定を利用しましょう。

自分で査定額を調べる方法は?

不動産の査定額は、自分でもある程度調べることができます。査定額を自分で調べる際には、次のサイトを利用するとよいでしょう。

  • レインズマーケットインフォメーション
  • 土地総合情報システム
  • 不動産ポータルサイト

レインズマーケットインフォメーションや土地総合情報システムでは、過去の取引事例を検索できます。売却予定の不動産と類似する条件の事例を参考にすることで、どれくらいの査定額になるのかおおよそ判断できます。

また、不動産ポータルサイトで現在売り出されている物件をチェックし、類似物件がいくらで売り出されているのかを参考にすることもおすすめです。自身で調べる場合はおおよその金額となりますが、相場観を養うためには事前にチェックしておくとよいでしょう。

不動産査定に必要な書類は?

査定時に必要な書類は、不動産会社によって異なります。そのため、詳細は担当者に確認が必要ですが、基本的には次の書類を用意しておくことがおすすめです。

  • 登記簿謄本
  • 身分証明書
  • 固定資産税納税通知書
  • リフォーム履歴の有無がわかる書類

上記の書類を用意しておくことでスムーズに査定を行えるだけではなく、査定額が上がる材料となることもあります。

売却を考えたら不動産見積もりを依頼しよう

不動産の売却を考えるなら、見積もりを依頼してどれくらいの価格で売却できるかを知っておくことがおすすめです。売却価格の目安を持っていることで、売り出し価格を決めやすくなります。

適正価格で売り出すことが、スムーズに不動産売却を完了させる秘訣です。見積もりで適正価格を把握し、相場に見合った金額で売り出すことで、不動産売却を成功させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?