不動産の簡易査定で価値を調べよう!無料で簡単に利用できる

家を売るなら売却価格は非常に重要なポイントです。売主が希望する価格を提示しても、周辺の相場や売買実績からかけ離れていては買主も見つかりません。そこで不動産会社に査定を依頼し、家の価値といくらぐらいで売れるか査定価格を出した上で売出し価格を決めていきます。不動産査定にはいくつか種類があります。

大きく分けると簡易査定と訪問査定に分けられます。一般的には簡易査定を行って、だいたいの家の価値を知り、不動産会社による査定内容を比較していきます。家の仲介を依頼する不動産会社を絞り込んだら訪問査定を行って、査定価格を参考に売出し価格や契約内容を詰めて売却活動をはじめます。

ここでは不動産の売却を行う際の簡易査定の内容について理解し、スムーズに売却できるようになりましょう

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産の簡易査定とは

不動産の簡易査定とは物件の所在地や間取りなどのデータから、いくらぐらいで家が売れるのか概算の見積もりを提示します。物件の不具合や付帯設備、破損状況などは加味しません。家の売却をする際に不動産会社を選択するために利用されます。ここでは不動産の簡易査定についてより詳しくみていきましょう

過去の実績と現状から価値を査定

不動産の簡易査定は過去の売買実績や周辺相場などからだいたいいくらぐらいで売れるのか査定価格を見積もる作業です。査定に用いられるのは

・類似物件の過去の取引データ

・近隣物件の現在の売り出し状況

・市場動向

などのデータを活用して売却を希望する家の価値を価格で示してくれます。

類似物件の過去の取引データとしては、査定依頼した不動産会社の売買実績の他、「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」またの名を「レインズ(REINS)」と呼ばれるシステムを利用したりします。レインズは国土交通省が指定した不動産流通機構が運営しています。会員となる不動産会社はレインズを通して不動産の売買状況や成約価格、物件情報などをやり取りしていて、営業活動に欠かせないシステムです。

簡易査定には机上査定と匿名査定があります。不動産会社に依頼する机上査定なら、レインズに掲載されている類似物件の売買実績も加味して査定をしてくれます。匿名査定ではレインズのデータベースを利用できないので、自社の売買実績や近隣の売出し状況から査定を行っています。どちらもデータベースを活用し、限られた情報の中からでも物件の資産価値を素早く査定してくれます。

簡易査定の利用は無料

不動産の査定は基本的に無料で利用できます。不動産会社としては売ってくれる物件があることで営業ができます。不動産会社は売買契約が成立してはじめて仲介手数料がもらえる成功報酬型の事業です。不動産会社の顧客を確保するために、売却を希望する物件の査定は無料で行ってくれます。ただし、顧客獲得のために悪徳な営業をする不動産会社も中にはあります。

無料だからといって無闇に査定を依頼するのは注意が必要です。査定を依頼する際に安心で安全で優良な評価を受けている不動産会社に査定を依頼するのがポイントです。

また不動産会社が査定を有料で行っていることを耳にするかもしれません。有料による不動産査定は一般的な不動産売買には関係ありません。有料による不動産査定は主に相続などで裁判が利用する証拠や事業資金を借り入れる際の担保価値の試算など特定の分野に限られます。査定を行うのも宅地建物取引士ではなく「不動産鑑定士」という国家資格が必要になります。

不動産会社によって査定価格はさまざまです。100万円以上の差が出ることもあるので、複数の不動産会社に査定依頼するのが得策です。査定自体は無料で利用できるので、提示された査定価格をよく検討して次のステップへ進みましょう。

参考:日本不動産鑑定士協会連合会

不動産の簡易査定にかかる時間

不動産の簡易査定を依頼して結果が出るまでには数時間から2、3日かかります。これは机上査定で、査定依頼を申し込んで不動産会社が査定を行って価格が提示されるまでの時間です。査定の申し込み自体は1分〜3分もあれば完了します。不動産会社のホームページから依頼もできますし、不動産一括査定依頼サイトを利用すれば1度の入力で複数の不動産会社に査定依頼をできます。

一括査定サイトの中には、独自の基準で優良な不動産会社に絞って査定を依頼してくれるので、悪徳業者に関わる可能性を抑えられます。匿名査定ならデータベースをAIが解析して瞬時に査定価格が見られるサービスもあります。売却理由や希望する売却期間に合わせて上手に簡易査定を利用しましょう。

不動産の簡易査定で価値を調べるメリット

・手軽で簡単

・短時間で査定金額がわかる

・不動産会社の比較がしやすい

家の査定を依頼するなら簡易査定が簡単です。家の間取りや住所からネットで簡単に査定依頼が完了します。査定依頼をして数時間から2日程度で査定価格がわかるのも簡易査定のメリットです。不動産会社によって査定価格は異なるので複数社に査定を依頼して比較するのにも簡易査定が便利です。

簡易査定で得られる情報は査定価格だけではありません。不動産会社の応対や担当者の誠実さなど比較検討できる情報は多くあります。簡易査定を利用して信頼できる不動産会社をみつけましょう。

不動産の簡易査定で価値を調べるデメリット

・訪問査定をすると査定額が変わる

・査定価格よりも安く売れる可能性がある

・不動産会社の営業電話がくる

簡易査定はその名の通り売却を希望する不動産の正確な状態を反映しているわけではありません。不動産会社と仲介の契約をするには訪問査定が必要です。訪問査定を受けた結果、査定額が変わることは多くあるので、希望にそぐわず不動産会社を選びなおすこともあります。

また、査定価格はあくまでも見積価格です。買主との交渉の中で査定価格よりも安く売れる可能性があります。一方で条件が良ければ高くなることもあります。一方で、家の売却を急ぐなら簡易査定のあとに再度訪問査定を受けるよりもはじめから訪問査定を受けて売却を検討する方が早く売り出せることもあります。

売却期間に余裕がないなら簡易査定をする時間を省いた方が得な場合もあります。不動産会社に机上査定を依頼する場合には連絡先を伝える必要があります。複数の不動産会社に査定を依頼するのは重要ですが、担当者から営業の電話がかかってくるのを煩わしく感じる人もいます。無料で依頼できる分、多くの不動産会社に簡易査定を依頼するとその分、応対に時間を取られるので注意が必要です。

簡易査定の結果を不動売却に活かすコツ

査定としては精度の甘い簡易査定ですが、結果を上手に利用することで不動産売却の進め方や不動産会社選びに役立ちます。ここでは簡易査定の結果を不動産の売却に上手に活かすコツを紹介していきます。精度は高くなくてもいろいろな活用ができます。

査定結果を比較して不動産の相場を調査

不動産の簡易査定は無料で簡単に短時間で取り寄せられます。所有する家がどれくらいの資産価値があるのか不動産の相場を知るのにも便利です。不動産の価格は一定ではありません。定価はないので査定結果は不動産会社によって100万円以上の違いが出ることもあります。複数の不動産会社に査定を依頼して結果を比較しながら不動産の相場を調査しましょう

査定結果を比較して相場を知っておくことで、安すぎる価格で売却することも避けられます。査定依頼を複数の不動産会社にするなら無料で利用できる査定一括サイト「すまいステップ」がおすすめです。厳選された優良な不動産会社の中から物件に合った不動産会社を最大で4社紹介してくれます。申込も簡単にできるので利用してみてください。

査定結果は参考程度にして売り出し価格を決める

査定価格はそれまでの売買実績や周辺相場からこれくらいで売れるであろう金額を提示してくれます。とは言え、査定価格が売出価格になるわけではありません。これくらいで売れるという査定価格は参考程度にして、そこから希望価格と最低価格を決めましょう

住宅ローンの残債があるなら、売却時に完済する必要があります。家の売却にあたっては、住宅ローンを完済できる価格以上の売却額を目指しましょう。家を売却する場合には売却価格から不動産会社に支払う仲介手数料や税金を支払う必要があります。もし、査定価格が住宅ローンの残債を下回るようなら売却の仕方を再度検討する必要もあります。

査定価格を基にどのような売却活動ができるのか、いくらで売出しをはじめるのか不動産会社とよく相談して売却活動をはじめましょう。

簡易査定書に書かれた内容で不動産会社を判断

簡易査定を依頼して不動産会社から送られてきた簡易査定書の内容をよく比較して不動産会社の特徴を見極め、仲介を依頼する不動産会社を判断しましょう。簡易査定書には以下の内容が一般的に記載されています。

・調査対象物件:査定する物件の情報が記載(土地面積、交通手段、住宅構造など)

・査定額の根拠:売却予想価格を出した根拠や計算式が記載

・査定額:どれぐらいの金額で売却できそうなのかの価格

・類似物件の取引事例:過去に同じような物件がいくらで売買されたかが記載

まずは査定価格が高すぎたり、安すぎたりと故意に調整されていないか確認しましょう。他の査定結果と比較して高すぎる場合には、その理由を担当者に確認しましょう。故意に顧客を獲得しようとしている不動産会社なら損をする可能性もあります。査定価格の算出方法が妥当か説明を受けて納得した上で不動産会社を選びましょう。

また、簡易査定書がわかりやすく解説されているか、サポートが十分か、担当者が手抜きをしていないかなども確認しましょう。査定書のコメントが手抜きやテンプレになっていると感じる場合には注意が必要です。複数の不動産会社を比較することでこれらの違いも見えてきます。

不動産の価値だけを調べるおすすめの査定方法

不動産会社に机上査定を依頼するのは無料で簡単にできます。しかし、不動産会社には売却を希望する意思として連絡先を伝えるので、営業の電話に対応しなければなりません。

不動産を相続してどれくらいの資産価値があるのか、住宅ローンの返済が負担になってきていくらぐらいで売れるのかなど、不動産会社に査定を依頼しないまでも相場を知りたいことはあります。

ここでは不動産会社に依頼しなくても相場価格を知るための査定方法について紹介します。相場を知った上で売却する意思が決まったら、不動産会社に査定を依頼して仲介を依頼できるようより簡易な査定方法を知りましょう。

不動産会社からの営業がない匿名査定

近年、匿名査定サービスが人気を集めています。不動産の売り出し物件のビッグデータをAI技術で機械的に解析して、所有する不動産の価値を教えてくれます。匿名査定は新しいサービスなので各社さまざまな手法を取っていますが、匿名査定を依頼する場合にはメールアドレス以外個人情報を求められないので営業活動を受ける心配がありません

匿名査定サイトではAIによる自動査定と匿名査定運営会社が不動産会社と利用者との間に入って匿名で査定を行うものなどがあります。また、不動産会社が運営している匿名サイトなら過去の売買実績を周辺相場や売り出し物件情報に加えて精度を上げているところもあります。

匿名サイトの便利なところは、個人情報が流れないだけでなく、瞬時に査定価格がわかるところも人気です。机上査定なら早くても数時間はかかりますが、匿名査定なら数秒で結果がわかるサイトもあります。ただし、机上査定で利用するレインズの情報は匿名査定では現状利用できないので、机上査定よりも精度は低いのがデメリットです。

不動産の価値が自動的に算出されるAI査定

匿名査定の中でも注目を集めているのがAI査定による自動算出です。AI査定運営会社が独自に開発したAIを使って入力された物件情報を基に査定結果を瞬時に自動で提示してくれます。画一的なパターンに力を発揮し、都心部のマンションの査定では高い精度が期待できることから利用が進んでいます。

逆に地方の一戸建てのように売り出し情報や比較情報が少ない条件では幅の広い査定結果になる傾向にあります。希望する物件のタイプや住んでいる地域に合わせて査定方法を選択するのがおすすめです。

高い精度で不動産の価値を調べるなら訪問査定

住宅ローンの返済が滞ったり、転勤などで早く家を売却したい場合には高い精度で不動産の価値を調べられる訪問査定が便利です。訪問査定は営業担当者が実際に物件を訪問して状態を確認したり、売買契約書や登記状況を確認してより精度の高い査定価格を提示してくれます。

簡易査定で不動産会社を絞った後に、媒介契約を結ぶ前には訪問査定が必要になります。ここでは訪問査定の内容とかかる時間などを紹介していきます。なぜ訪問査定が必要なのか理解しておきましょう。

訪問査定は不動産の状態を目で確認

訪問査定はその名の通り、売却を希望する物件を不動産会社の営業担当者が目視で状態を確認します。土地の形や建物の傷み具合、付帯設備や日当たり、接続道路の状況など査定価格を左右するチェックポイントを現場で確認していきます。

主なチェックポイントを挙げておきます。

・立地・周辺環境

・最寄り駅から現地までの利便性

・建物構造

・外装の状態(屋根や外壁の劣化具合・基礎の状態)

・間取り

・屋内の状態(床や柱の傾き・建具の立て付け・リフォーム歴・床や壁のキズ・破れなど)

・設備の種類・経過年数

・窓やベランダからの眺望や日当たり

・近隣関係(隣地境界・騒音・ゴミなど)

・玄関・オートロック・階数・エレベーター・廊下(マンションの場合、共用部分も含む)

これら担当者が目で見ないとわからない物件の価値について査定を加えて、より精度の高い査定価格を提示してくれます。訪問査定価格を基に、不動産会社との契約後の売り出し価格や最低価格を詰めていきます。

訪問査定で結果が出るまでにかかる時間

訪問査定は実際に物件を訪問するため、結果が出るまでに1週間程度は時間がかかります。物件の状態だけでなく、購入時の契約書や登記の確認などもするため、時間がかかります。簡易査定のようにだいたいどれくらいの価値があるのかを知る査定と違い、いくらで売れるのかをできるだけ正確に反映するための査定です。

現地の確認は1~2時間程度かけて行われます。訪問査定を依頼して、不動産会社の担当者が訪問するスケジュールを調整します。訪問を受けるまでに必要な書類を準備しておきましょう。現地確認が済んだら、担当者が査定価格を算出して不動産査定書が出るまでは相応の時間がかかります。

そのため、売買契約を急ぐなら訪問査定から依頼するケースもあります。時間がかかるのは訪問査定のデメリットでもありますが、家の売却には避けて通れないポイントなので、スケジュール管理をしっかりして売却活動を進めましょう。販売期間だけを考えていると不動産会社との媒介契約までに思わぬ時間を取られて予定が遅れることにもなります。

訪問査定に必要な書類一覧

・登記簿謄本:土地、建物の所有者を確認する

・公図:土地の境界の確認

・土地の測量図または建物の図面:土地の境界、面積を確認する

・登記済権利書または登記識別情報:不動産会社との契約や不動産売買に必要

・身分証明書:本人確認のため

・印鑑証明書:契約書作成に利用する

上記6種類の書類については訪問査定をする際に必ず必要となります。購入時に保管した書類をチェックして準備しましょう。

この他に、揃えておきたい書類は以下の通りです。

・不動産の周辺環境がわかるもの(主に最新の鳥観図など)

・購入時の売買契約書

・建築確認済証または検査済証

・建築設計図書または工事記録書

・境界確認書

・住宅性能評価書

・耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書

・固定資産税納税通知書または固定資産税評価証明書

・リフォームの契約書・報告書

・管理費・修繕積立金の記載書類

・管理組合規約

担当者が査定に利用できる情報を提供することで査定額アップにつながることも期待できるので、関係する書類を集めておきましょう。

簡易査定以外で不動産の価値を調べる方法

簡易査定以外でも不動産の価値を調べる方法はあります。しかし、専門的な知識が必要であったり、計算が必要なものもあります。家の周辺相場やだいたいの資産価値を知りたい場合には自分で調べてみて、査定価格の妥当性の判断に利用しましょう

似た不動産の売却価格から推測

不動産の売却データは不動産会社だけが独占しているものではありません。インターネット上で公開されている情報を活用すれば、似た不動産の売却価格から価値を推測できます。利用できる売買情報を公開しているサイトには

・レインズマーケットインフォメーション

・土地総合情報システム

があります。レインズは国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営・管理している不動産流通標準情報システムで、多くの不動産会社が物件情報を登録し、売買契約に活用しているシステムです。レインズマーケットインフォメーションでは実際に売買が行われた物件の価格(成約価格)等の取引情報を検索することができます。マンションと戸建てそれぞれ地域と面積、間取り、築年数などから絞り込んで成約データを確認できます。

土地総合情報システムは国土交通省が公開している不動産の取引価格、地価公示・都道府県地価調査の価格を検索できるサイトです。このシステムは、不動産の購入者に対して行ったアンケート調査に基づいて、不動産の「取引価格情報」が公開されています。トップページから、時期、種類、地域を選ぶだけで、土地や建物の取引総額や坪単価、築年数や構造などが一覧となって閲覧できます。

参考:レインズマーケットインフォメーション

参考:土地総合情報システム

固定資産税評価額から計算

固定資産税評価額は、毎年1月1日現在の土地・家屋を所有する者に対して課される固定資産税の基準価格です。この評価額は3年に一度見直されており、固定資産税以外にも、都市計画税や登録免許税、不動産取得税の算出に使用されます。固定資産税評価額を70%で割った金額がおよその実勢価格になります

固定資産税評価額が2,000万円の場合、 2,000万円÷70%=2,857万円 がだいたいの売却価格として見込めます。

固定資産税評価額は毎年送られてくる固定資産税の納税通知書を確認すると、中に「課税明細書」がありますので、該当する物件の固定資産税評価額がわかります。管轄する市役所に所有者本人が本人確認書類を持って、本人確認が取れれば固定資産税評価証明書を入手することもできます。

不動産ポータルサイトを検索

いまでは不動産ポータルサイトにたくさんの物件情報が掲載されています。所有している物件と似た条件の物件を検索して周辺相場を見られます。検索できる価格は売り出し価格のみなので、実際にいくらで売れたのかは見られません。売り出し価格は価格が下がる傾向にあるので、それを加味して検索結果を活用しましょう。

不動産の簡易査定は複数社で受けて相場を知ろう

不動産の簡易査定を利用すればおおよその相場を知ることができます。査定価格は不動産会社によって大きく変わることがあるので、複数の不動産会社に査定を依頼して相場を知りましょう。不動産会社に査定を依頼する以外にもさまざまな方法で物件の価値を調べることはできます。

しかし、不動産を売却するには訪問査定を受ける必要があります。簡易査定で比較して仲介を依頼する不動産会社を絞り、訪問査定を依頼しましょう。不動産会社を選択するためにも簡易査定は役に立ちます。査定依頼は一括査定サイトを利用すると、一度の情報入力で複数の不動産会社に査定依頼ができるので有効に活用して手軽に査定依頼をしましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?