空き家を整理するポイントとは?専門業者を活用すると手間いらず

空き家を所有しているとさまざまなトラブルが生じる可能性があります。誰も住んでいない家は老朽化が進みやすく倒壊や破損の可能性が高くなる点が注意点です。それだけではなく多くの問題を引き起こす要因をはらんでいるのが空き家になります。

この記事では空き家を整理するためのポイントについて解説します。空き家をそのまま放置しておくことで起こる問題について理解して、しっかりと管理することを考えてみましょう。自分でできそうにない場合の対処方法についても解説しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

空き家を整理しなければいけない理由

空き家を放置するのはなぜいけないのでしょうか。誰も住んでいないのだから誰にも迷惑をかけないのではないかと考える人もいるでしょう。ただ空き家は誰も住んでいなくてもトラブルの原因になることがあるのです。ここでは空き家がもたらすトラブルの可能性について解説します。

衛生状態が悪く空き家の劣化が進む

自分か居住している家をイメージしてみましょう。掃除をしないでいるとどんどんと汚れがたまってゴミ屋敷のようになっていくはずです。空き家は誰も住んでいないので汚れることはないだろうと考える人もいるでしょう。これは間違いです。

ホコリや汚れは誰も住んでいなくても蓄積します。生活によってつく汚れとは異なり、湿気やホコリを放置することで発生するカビなどが原因となりどんどんと汚れが蓄積していくのです。

ゴミなどをそのままにしている場合には、気温や湿度によってゴミが腐敗して悪臭の原因になることもあるでしょう。ゴミ屋敷の場合は特に劣化が早まる可能性が高いと考えておくことをおすすめします。

ものが多く残っている状態の空き家は衛生状態が悪化しやすく劣化速度も通常よりも速くなります。そのため同じ空き家でもできるだけゴミを整理してものが少ない状態にしておくことも重要です。

荒れた空き家は近隣住民へ迷惑をかける

ご近所トラブルは住人同士が招くトラブルです。住宅トラブルというと対人関係によるものを想像する人が多いのではないでしょうか。そのため空き家であれば誰も住んでいないのでトラブルになることはないだろうと楽観視してしまいがちです。

ただ、空き家も近隣とのトラブルに発展する要素をはらんでいます。具体的には老朽化して空き家が自然災害などをきっかけに倒壊するケースが一例です。築年数が経過している空き家の場合、放置することでどんどんと劣化が進み、倒壊や破損の危険性が高まります。

台風や地震によって一気に倒壊してしまうと近隣にものが飛んでいったり、隣家を巻き込んでしまったりする可能性が高くなるでしょう。さらに倒壊によってケガ人が出るというケースも想定されます。ケガ人が出てしまうと空き家の所有者に損害賠償が請求されることを理解しておきましょう。

このように自分が想定していないことが起こるのが空き家です。倒壊だけでなく、整理をしていない空き家を放置していると草が生い茂ったり、そこに不法投棄をされたりすることもあります。これを近隣住民がよく思わないケースも想定しておきましょう。

場合によっては近隣住民からクレームがくることもあります。荒れた状態の空き家には不審者が住みついてしまう可能性もあるため景観だけでなく治安の悪化が近隣から不安視されることもあるでしょう。

放置していても維持費の出費は続く

空き家は放置していても何の利益も生み出しません。それどころか維持費だけがかかってしまうことは理解しておきましょう。

具体的には固定資産税や光熱費、保険代などで出費が続くことになります。固定資産税は空き家にももちろん課税されるものです。光熱費も契約を解除していなければ基本料金を支払う必要があります。

保険については解約してもよいでしょう。ただし、トラブルがおきた場合のことを考えると安易に解約することも検討しなければなりません。このように考えると年間にすればかなりの維持費が必要になるということです。

さらに問題となるのが特定空き家です。整理をせずに空き家を放置していると自治体から特定空き家に指定されてしまいます。倒壊の危険性などがある空き家は自治体から危険であるため整理するようにと勧告されることを覚えておきましょう。

特定空き家に指定されると固定資産税の税優遇の対象から外されてしまうため税金が値上がりします。さらに勧告を無視していると強制解体されてしまうこともあるため注意が必要です。強制的に解体されたとしても解体費用は所有者に請求される点もよく理解しておきましょう。

空き家を整理するなら業者に依頼

相続した家などの場合には親の遺品などがそのまま残っているということも多いでしょう。思い入れがあるので空き家の状態でなかなか整理することができずに年数だけが経過してしまうというケースも多くあります。

ただ整理せずにそのまま放置していてもトラブルを生み出す可能性だけが高まってしまうでしょう。トラブルが発生する前に空き家をしっかりと整理することが重要です。自分ではどうしても整理することができない場合には整理業者を利用するというのもひとつの方法になります。

空き家の整理業者を利用するためのポイントについて解説します。

空き家の整理業者とは

空き家の整理業者は具体的にどのようなことをしてくれるのでしょうか。大きくわけると空き家の整理業者が行っているサービスは次の4点になります。

  • 不用品と必要なものの仕分け
  • 不用品の回収と処分
  • 家財の搬出
  • 整理後の清掃

このように空き家に残っているものを整理して掃除してくれるのが空き家整理業者の主なサービスです。選んだ業者によっては次のようなサービスをオプションで行っている場合もあります。

  • 空き家を売却するための不動産仲介
  • リフォーム
  • 解体
  • 庭木の処理
  • 不用品買取
  • ハウスクリーニング

このように空き家に関連したさまざまなサービスを用意している業者もあります。自分がどこまで整理したいのか、今後空き家をどうしたいのかを考えて業者を選ぶとよいでしょう。

空き家整理にかかる費用の相場

空き家整理を業者に依頼する場合、気になるのが費用でしょう。空き家にコストをかけることに躊躇する人も多いはずです。具体的にどの程度の費用がかかるのかをみておきましょう。空き家の整理は基本的には家の広さと荷物の量によって決められます。

大まかな目安は次の表の通りですので参考にしてください。

広さ料金相場
1R30,000〜80,000円
1DK50,000〜120,000円
1LDK70,000〜200,000円
2DK90,000〜250,000円
2LDK120,000〜300,000円
3DK150,000〜400,000円
3LDK170,000〜500,000円
4LDK以上220,000円〜

荷物や処分するものが多ければ多いほど料金は高額になります。サービス内容や料金は業者によって変動するためまずは複数者に見積もりを取ってから業者を決定することがおすすめです。

空き家整理を業者にしてもらうメリット

空き家の整理を業者に依頼するメリットはどこにあるのでしょうか。具体的なメリットについて次にまとめますので参考にしてください。

  • 短い時間で整理できる
  • 重たい荷物を運んでもらえる
  • 遺品の供養をしてもらえる
  • 不用品の買取もまとめてしてもらえる
  • 空き家の活用方法などを相談することができる

このように業者に空き家整理を依頼するメリットは多くあります。忙しい人にとっては短時間で整理できるのは大きなメリットでしょう。さらに自分の体を酷使せずにすむ点もメリットです。

加えて整理と同時にさまざまなことが片付けられるのもメリットといえます。業者は専門的な知識があるスタッフがいるため遺品整理などの場合にはとくに供養や処分の仕方などを任せることができる点は安心できるでしょう。

空き家整理を業者にしてもらうデメリット

では空き家の整理を業者に依頼するデメリットはないのでしょうか。デメリットについてもよく理解して依頼することは大切です。具体的なデメリットについて次にまとめておきますので参考にしてください。

  • 費用がかかる
  • 大切なものを処分されてしまう可能性がある
  • 短時間で終わるため自分の気持ちが整理できないことがある

デメリットについてはこのような点があげられます。やはり大きなデメリットはコストです。荷物が多い場合にはとくに高額な費用が必要になるケースが多いでしょう。

整理を依頼する前にある程度自分で必要なものを確保しておかないと業者によってはどんどんと作業が進んで気がついたら大切なものが処分されていたということもありえます。

かなりの短時間で作業が完了することで自分で整理するよりも義務的な感覚になってしまうこともあるでしょう。とくに遺品整理の場合には思い出に浸る間もなく処分されていく様子に気持ちの整理ができないと感じる人も多いとされています。

空き家の整理業者の選び方

メリット・デメリットについて理解したうえで、どのような業者を選べばよいのかを考えてみましょう。まずは自分が空き家をどのように整理して将来的にどのようにしたいのかをしっかりと考えておきます。そのうえで、自分が求めているサービスを提供してくれる業者を探すことが大切です。

業者はいきなり1社に決めてしまうのではなく、まずは複数社に見積もりを依頼しましょう。できるだけコストを下げたいという目的と同時にコストに見合ったサービスを提供してくれそうかも見極めることが大切です。

見積もりを依頼したときのスタッフの対応なども重要な確認ポイントになります。さらに業者に遺品整理士が在籍しているかどうかもしっかりチェックしましょう。専門的な知識を持っているスタッフがいるほうが安心して整理を任せることができます。

節約のため空き家整理を自力で行うポイント

空き家の整理を業者に依頼すると広さや荷物の量によってコストがかかるということは解説しました。高額な費用をかけることが難しい、できれば節約したいという場合には自力で空き家を整理する方法を選択しましょう。

業者に依頼するよりも時間がかかるという点はデメリットになりますが、コストをかけずに整理するためには労力を惜しまないことも大切です。自力で空き家整理を行うためのポイントについて解説します。

リサイクル法や自治体のルールに則って整理

空き家の整理でもっとも問題になるのがゴミの処分です。ゴミについては自治体によって分別方法が異なるため所有している空き家のエリアがどのようなルールでゴミを回収しているのかを調べることからスタートしましょう。

確認方法としては空き家があるエリアの市役所のホームページが参考になります。大型家具の処分方法やあらゴミの処分方法などについても確認しておきましょう。さらにリサイクル法の対象となる家電などもあるため、これらについては次の表を参考にしてください。

エアコン972円〜
テレビ15型以下のブラウン管1,296円〜
16型以上のブラウン管2,376円〜
15型以下の液晶・プラズマ1,836円〜
16型以上の液晶・プラズマ2,916円〜
冷蔵庫・冷凍庫170L以下3,672円〜
170以上4,644円〜
洗濯機・乾燥機2,484円〜

上記の家電については家電リサイクル法で処分方法が定められているためルールに従って処分しなければなりません。引き取り方法は各自治体によって異なるためこちらも確認しておきましょう。無料で家電を引き取りますという業者もいますが、許可を得ていない業者もいることを理解しておくことも大切です。

こうした業者は引き取った家電を不法投棄するなどの可能性が高いため環境や景観を考えてきちんとルールを守って処分するようにしましょう。

ゴミを自治体のクリーンセンターへ持ち込み

ゴミの処分方法のひとつに自治体が運営するグリーンセンターやゴミ処理センターに持ち込む方法があります。ゴミが積み込める車と運転手が確保できるならこの方法が手間が少なくすむためおすすめです。

自治体が運営しているため市のホームページで受付時間などを事前に調べておきましょう。自治体指定のゴミ袋に詰めなくても、まとめて捨てられる点も持ち込みのメリットです。ただし、持ち込みでも処分できないものもあるためこの点も確認しておきましょう。

持ち込み処分は費用がかかります。かかる料金は自治体ごとに変動するためいくつか例をあげて紹介しておきましょう。

  • 埼玉県本庄市 10Kgあたり40円
  • 大阪府大阪市 10kgあたり90円
  • 神奈川県相模原市 10Kgあたり190円

このように自治体によってかなりの変動があるため、事前にどの程度の費用がかかりそうかを自分で計算しておくとよいでしょう。

現金化できるものを探しておく

自分で整理する場合、リサイクルショップや質屋に持っていって現金化できるものを選別しながら作業できる点はメリットです。捨ててしまうよりも再利用したり現金化することで気持ちの整理ができるということもあるでしょう。

遺品の場合、高額で売れやすいものは次の通りです。

  • 貴金属 多少の傷があっても古くてもものによっては高額で売れる可能性があります。
  • 着物 洋服は安価での買取になりやすいですが着物や帯の場合は元が高額なこともあり場合によっては高額買取をしてもらえることもあります。
  • 洋酒 保存状態や銘柄にもよりますが、高値がつくこともあります。
  • 時計 高級なものは需要が高いため高額で売却することができます。ロレックス、オメガ、デイトナなどはとくに人気です。保証書があればなおよいでしょう。
  • カメラ デジタル一眼レフはとくに人気で高額査定が出やすいアイテムです。古いカメラは専門店で査定してもらうとよいでしょう。
  • パソコンやスマートフォン 機種が新しいほど高値がつきやすいアイテムになります。

自分1人で整理を頑張らない

自力で空き家の整理をしようと決めた場合、可能な限り家族や知人・友人に協力を求めましょう。人数が多ければ効率的に作業が進むため精神的な負担が少なくなります。

とくに遺品整理の場合は、自分だけで判断してもよいのだろうかという迷いのなかで整理を進めていると精神的な負担が大きくなるでしょう。頼れる人はできるだけ頼って1人で頑張りすぎないことも空き家整理をスムーズに進めるためのポイントです。

計画的に空き家の整理を進める

空き家の整理は1日で終わらせることは難しいということをまず理解しましょう。そのうえでゴミの回収日を基準にスケジュールを計画すると効率的です。

無計画に目につくところから手当たり次第、片付けようとすると時間ばかりが過ぎてしまいなかなか整理できない事態に陥ってしまいます。こうなると精神的な負担も大きくなり整理を挫折してしまう可能性も出てきます。

スムーズな整理のためには入念なスケジュール管理が必要です。

整理が終わった空き家で利益を得る3つの方法

空き家が整理できたら、その後空き家をどのようにするのかもしっかり考えておきましょう。せっかく整理してもまた放置してしまうと定期的なメンテナンスが必要になるだけでなく、メンテナンスを怠ると結果的にまた整理をしなくてはならなくなります。

整理が終わった空き家は活用することを検討してみましょう。どのような活用方法があるのか、整理が終わった空き家で利益を得る3つの方法について解説します。

空き家を解体して土地活用

築年数が経過していて人が住むにはリフォームや修繕が必要な空き家の場合には思い切って解体して土地活用を考えるのもひとつです。さほど広くない土地でも方法によっては利益を生み出すことは可能となります。

解体については自治体によって補助金が出る場合もあるため事前にチェックしておきましょう。補助金を受けるための条件などはそれぞれで異なるため直接確認してみることをおすすめします。

解体して更地にしたら次のような活用方法がありますので参考にしてください。

40坪以上の土地がある場合は、アパート・マンション・賃貸併用住宅を建設して家賃収入を得るという方法があります。

大きな建物を建てるほど土地がない場合、25坪ほどあれば戸建て賃貸経営という方法もあるでしょう。さらに土地の広さが1桁台の場合は駐車場経営がおすすめです。初期投資費用が少なくすんである程度放置していても利益が発生するため狭小地の場合は駐車場として活用する人が多くいます。

さらに太陽光発電や貸地として活用する方法もあるでしょう。

整理した空き家で賃貸経営

ではとくに賃貸経営についてみていきましょう。空き家がそのまま利用できそうなら戸建て賃貸として活用することで劣化を遅くすることができ、さらには家賃収入を得ることができるためとくにおすすめです。

リフォームが必要な場合もローン負担が少なければ利益を出しやすいため賃貸経営も検討してみましょう。更地にして建物を建ててとなるとそれなりのローンを抱えることになります。それでも問題なく経営できそうな中長期的な計画が具体的に立てられるなら挑戦してみるのもひとつでしょう。

管理のコスト節約のため売却

活用とは少し異なりますが、思い切って売却するというのもひとつです。売却してしまえばメンテナンスの必要もなくなり、固定資産税などのコストも必要なくなります。

売却を検討する場合にはまず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。複数社に依頼することで空き家の道場を把握することができます。相場を把握することで適正な売り出し価格を決定することが可能です。

複数社に査定を依頼する場合には一括査定が効率的で利便性が高いでしょう。一度情報を入力することでまとめて査定を依頼できるため時短にもなります。

おすすめはすまいステップの一括査定です。独自の基準で全国の優良な不動産会社とのみ提携しているため安心して利用することができます。一度の利用で最大4社に査定を依頼することができる点も魅力です。

整理は早く終わらせて空き家を活用しよう

空き家は放置せずにできるだけ早いタイミングで整理をしておきましょう。そうすることでさまざまなトラブルを回避することができます。さらには空き家を活用することで利益を得ることもできるでしょう。

空き家の活用方法はたくさんあります。土地として活用する、賃貸として活用するなどが主な活用方法です。これ以外にも売却して売却益を得るというのもひとつの方法になります。

売却の際にはすまいステップの一括査定サイトでしっかりと査定額を確認してから不動産会社と媒介契約を結んで売却活動を進めましょう。少しでも高額で売却するためにも整理しておくことはや大切です。

【完全無料】うちの価格いくら?