家の売却はどの不動産会社へ依頼?選ぶポイントと探し方とは

家を売却する場合、できるだけ高額で売りたいと思う人がほとんどでしょう。家の売却は人生で何度も行う人は少ないため大半の人があまり知識がないなかで行うことになります。この場合、信頼できる不動産会社に場売却活動を委託するということが大切です。

自分と一緒になって真剣に売却について考え、行動してくれる不動産会社を選ぶにはどうすればよいのでしょうか。家の売却が成功するか否かは不動産会社の手腕にかかっているといっても過言ではありません。

この記事では家の売却を依頼する不動産会社の選び方について解説します。選ぶポイントなどについてまとめておきますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家の売却に最適な不動産会社の選び方

不動産と一言でいってもさまざまな種類があります。戸建て・マンション・土地・店舗など種類によって売却のコツも異なります。今回はとくに家の売却を依頼するのに最適な不動産会社の選び方についてみていきましょう。

どのような分野で実績があるか

不動産会社はどこも同じに見えがちですが実は内情は異なります。不動産会社には得意分野があるのです。土地の売却が得意な不動産会社もあれば住宅の売却が得意な不動産会社もあります。さらには売却は不得意だけれども賃貸経営なら得意という不動産会社もあるでしょう。

このように不動産会社を選ぶ際にはその会社がどのような分野にたけているのかをよく調べておく必要があります。家の売却を行う場合には当然、家の売却が得意な不動産会社を探すことが必要となるでしょう。家といっても戸建てもあればマンションもあります。

自分が売却したい不動産がどのような種類なのかによって選ぶ不動産会社も異なることはよく理解しておきましょう。また特定のエリアの不動産に強いという不動産会社もあるため所有している不動産のエリアについてもよく調べてみることをおすすめします。

不動産会社の得意分野を知るには実績を確認することがもっとも近道です。実績の確認方法としては不動産会社の公式HPが便利です。公式HPは会社のアピールをするために作成されているため実績がしっかりと掲載されています。また現在取り扱っている物件の種類などを確認するのもひとつの方法になります。

さらにどのくらいの年数、営業しているのかも注目したいポイントです。営業歴を確認するには宅地建物取引業の免許番号から推測できることも覚えておくとよいでしょう。宅地建物取引業の免許番号は次のような表記がされています。

国土交通大臣免許(1)第000000号

かっこのなかの数字は免許の更新回数です。つまり更新回数が多ければ多いほど長年営業しているということになります。

不動産会社が提供するサービスの種類

不動産会社は家の売り買いをしているだけではありません。実はさまざまなサービスを提供しています。家の売却に役立つサービスもたくさんありますので紹介しておきます。

サービスサービス内容
設備保証水回りなどの住宅設備について最大100,000円までを無償で補修
荷物預かりサービス荷物を一時的に預かってくれるサービス
24時間駆けつけサービス水回りのトラブルや鍵の紛失などのトラブルに対して365日24時間対応してくれるサービス
整理収納片付けサービス片付け専門業者などが部屋の片付けをサポートしてくれるサービス
プロカメラマンの撮影広告で利用する物件の画像をプロのカメラマンが撮影してくれるサービス
ホームステージングサービス売却予定の物件のインテリアをコーディネートしてくれるサービス

このように不動産会社はさまざまなサービスを提供しています。上記以外でも不動産会社によっては特殊なサービスや便利なサービスを提供しているところもあります。

家の売却で不動産会社を利用する場合はこのようなサービスが付帯されているかもチェックしてみましょう。設備保証などは売却時に買主がチェックしてくる水回りや設備を補修してもらえるので売却率がアップします。

荷物預かりサービスや整理収納片付けサービスは、たとえば内覧会の際にまだ居住している家に購入希望者を招く際にも便利です。一時的に大きな荷物や散乱している荷物を不動産会社に預けることができれば内覧会のときに整った状態の家に招くことができるでしょう。

プロカメラマンの撮影も家の売却には重要です。購入希望者は広告をみて、内覧を希望するためまずは内覧してみたいと思ってもらえる広告を作成することが必要になります。家の売却では写真がかなり重要なポイントになります。

少し条件とズレていても魅力的な写真が掲載されていれば念のため内覧してみようかなと思う人は多くいます。少しでも多くの人に内覧してもらうことがスムーズな売却につながるためプロに撮影してもらえるというサービスは魅力的です。

ホームステージングサービスは、すでに空き家になった状態の不動産に少しの家具などを運び入れて生活空間のイメージを持ってもらいやすくするには絶好のサービスです。がらんとした空き家を内覧しても自分たちが生活するというイメージは湧きにくいものです。

そこに少しでも家具や花などが置かれていると生活空間として認識しやすくなります。購入したらこんな風に家を飾りたい、こんな風に家具を配置したいという希望が見えるようなコーディネートをしてもらえるのは魅力といえるでしょう。

不動産会社のネット上での評判

不動産会社は会社は日常生活のなかではあまり関わることがない会社でしょう。そのためいざ利用するとなったときにどこに行けばよいのかわからず手当たり次第に足を運んだり、とりあえず近いからという理由だけで足を運んでしまう人も多くいます。

実はこれで失敗する人もいるのが現状です。前述したように不動産会社には得意不得意があり、さらには残念なことに悪徳な業者も存在しています。そのためよく見極めてから不動産会社を選択しないとトラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

とはいえ不動産会社の公式HPをみただけでは実績はわかってもその不動産会社がよい会社なのかどうかまではなかなか判断できないものです。

そこで利用したいのが口コミです。インターネット上にはさまざまな口コミサイトが存在します。不動産関連の口コミサイトも多数あります。こうしたサイトに記載されている利用者の声を参考にしてみるというのもひとつです。

ただし口コミはあくまでも顔が見えない人が書き込んでいるという点を理解したうえで総合的かつ冷静な判断をする必要はあります。比較的中立性の高い口コミサイトを利用することで、不動産会社の良い面も悪い面も知ることができるでしょう。

両方を知ったうえで利用するかしないかを判断することも大切なポイントです。

不動産会社の担当の対応

ある程度、不動産会社の数が絞れてきたら実際に足を運んだり電話やメールでやりとりをしてみましょう。このときの担当者の対応はチェックが必要です。

こちらの要望にしっかりと耳を傾けてくれるかどうか、対応が早いかどうかなどをよくみておきましょう。売主の話をさえぎってくるような担当者はあまり信用できないケースが多くあります。またやたらと専門用語を使って難解な解説をしてくる場合も注意が必要です。

本当に不動産のことを理解している担当者というのはお客にとって1番わかりやすい言葉を選んで噛み砕いて解説できる人のことを指します。難解な言葉を多用する担当者には時々、質問をはさんでみましょう。その際にしっかりと真摯に答えてくれるのであれば単純に説明があまりうまくない人の可能性もあります。

回答を曖昧にするような場合にはあまり信頼できないと考えてよいでしょう。電話やメールだけではわからないこともあるため最終的には直接会って話をしてみた雰囲気で信頼できるかを判断することも必要です。

家売却の不動産会社は大手と中小のどちら

不動産会社の規模は家の売却と関係あるのでしょうか。家を建てる場合でも大手ハウスメーカーを選ぶのか地元密着の小さいけれど職人気質な工務店を選ぶのかと考える人がいるはずです。売却の場合も同様に大手の不動産会社に依頼するのか地元密着型の中小に依頼するのかで悩む人が多くいます。

どちらにもメリット・デメリットがあり、必ずこちらを選んだほうがよいということはありません。必要なことは自分がどちらに向いているのかという点をよく理解することです。

そのためにもまずはそれぞれのメリット・デメリットについてみておきましょう。

大手不動産会社での売却が向いている人

大手の不動産会社を利用するメリット・デメリットからみていきましょう。

大手不動産会社に依頼するメリットは次のとおりです。

  • 資金力が豊富である
  • 顧客情報の量が多い
  • 認知度が高いため広告に効果が期待できる

大手はなんといっても知名度が高い点がメリットになります。CMなどで名前が売れているため公式HPヘのアクセス数も多いでしょう。そのため広告を打った場合の閲覧数が中小企業と比較して多く期待できます。

さらには資金力もあるため大々的な広告宣伝ができる点も魅力です。自分が所有する不動産の情報を多くの媒体で情報公開できるという点もメリットといえるでしょう。

ではデメリットはどこにあるのでしょうか。大手不動産会社を利用するデメリットは次のとおりです。

  • 対応が業務的なことがある
  • 両手仲介になる可能性がある

大手の不動産会社は大手ゆえに多くの顧客を抱えているというのが特徴になります。そのため安くても構わないから早く売りたいという顧客を優先することも多くあります。もしも高額で少しでもよい条件で売却したいと考えているならば大手の対応がビジネスライクに感じる可能性があるでしょう。

また両手仲介になる可能性が高い点もよく理解しておく必要があります。両手仲介というのは、1社の不動産会社が買主・売主の両方から仲介手数料をもらうことです。つまり自社が持っている顧客のなかで買主と売主をマッチングさせることで仲介手数料を両者からもらって儲けるという方法を取るということです。

これを両手仲介と呼びます。買主が自社の顧客である場合は、買主側のメリットも考えるため100%売主の立場に立って売却してもらえない可能性が高くなる点がデメリットです。場合によっては値下げ要求をされることもあることは理解しておきましょう。

このように大手の利用は、安くても早く売りたいという人や多少ビジネスライクでもたくさんの顧客情報や実績を持っているほうが安心できるという人に向いているといえるでしょう。

中小不動産会社での売却が向いている人

中小の不動産会社を利用するメリット・デメリットはどこにあるのでしょうか。まずメリットは次のとおりです。

  • 対応が親切なことが多い
  • 地域の特性を理解している

中小の不動産会社は地域密着型が多くあります。大手のように代々的な広告を打つだけの資金力はない代わりに人脈や地元の情報には強いという点がメリットといえるでしょう。地域にはそれぞれ暗黙のルールや地域性があるため不動産の売却ではこうした情報が役立つことは多くあります。

大手では取り扱えないような不動産でも人脈を使って売却してもらえることもあるでしょう。また、中小の場合は少数のスタッフで経営していることが多いため顧客に対する対応も丁寧なことが多くあります。

地元での顧客獲得はかなり大変な面もあるためひとりひとりを大切に、親身になってサポートしてもらえる可能性が高くなります。企業によっては社長が直接対応してくれるというケースもあるでしょう。

ではデメリットはどこにあるのでしょうか。中小の不動産会社を利用するデメリットは次のとおりです。

  • 顧客量が少ない
  • 資金力に乏しい

大手と比べると顧客量・資金についてはやはり劣るという点がデメリットです。顧客量が少ないということは買主の幅が狭くなるということになります。また資金力がないと大々的に広告を打つことができないため買主がみつかるまでに時間がかかることもあるでしょう。

このように中小の不動産の利用は、地域密着で親切な売却活動をしてもらいやすい反面、資金力や顧客量については大手に劣るという点が特徴です。

不動産会社にしっかりと相談してから売却したい人、売れるかどうか不安な不動産を所有している人などは地元に強い中小の不動産会社を利用してみるとよいでしょう。

家売却で不動産会社を選ぶ注意点

家の売却で不動産会社を選ぶ際のポイントについて解説してきました。ここからはより具体的に注意しておきたい点について解説しますので参考にしてください。

不動産会社は1社だけで判断をしない

不動産会社を選ぶ場合は、必ず複数社を比較することです。忙しいから、大手だから大丈夫だろうなどといった理由で1社だけで即決してしまうと売却に失敗する可能性が高くなります。

特に担当の対応などは、1社だけだとよいのかどうかを判断しにくいため複数の不動産会社を比較することが大切です。

仲介手数料の安さに流されない

不動産の売却では最終的に契約した不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払います。不動産会社はこの仲介手数料をもらうことで利益を得ることになるため少しでも多くの顧客を獲得することを目指します。

仲介手数料は基本的には売却価格に応じて価格が設定されます。そのため少しでも高額で売却できれば不動産会社も儲かるということです。

仲介手数料は法外な金額が請求されることがないように法的に上限が定められています。ただ下限は定められていないため不動産会社によっては極端に安い手数料を提示してくることもあるでしょう。

成功報酬でありそこで利益を得る以上は不動産会社は基本的には上限額で仲介手数料を受け取りたいと考えるはずです。それを考えずに仲介手数料の安さを前面に出して営業してくる不動産会社はなにか問題を抱えている可能性もあると考えておきましょう。

仲介手数料が安いからといって安易に契約すると結果的に損をしたり売却に失敗することもあるという点はよく理解しておくことが大切です。

専任媒介契約だけを勧める不動産会社は避ける

不動産会社との契約を専門用語で媒介契約と呼びます。媒介契約には次の3種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

一般媒介契約は複数の不動産会社との契約が可能で、自分で買主を探すこともできます。比較的自由度の高い媒介契約であるため自力で買主を探すことができそうな人にはおすすめです。ただし複数社に依頼するため不動産会社によっては積極的に売却活動をしてもらえないところもある点は注意が必要になります。

専属専任媒介契約は1社としっかりと媒介契約を結ぶため、自分で買主を探すこともできません。万が一、自分でみつけた場合も仲介手数料が必要となります。専属での契約であるため不動産会社が積極的に売却活動をしてくれる可能性は高くなるでしょう。

一般媒介契約と専属専任媒介契約の中間にあるのが専任媒介契約です。専任媒介契約は1社とのみ契約しますが自分で買主を探すことも可能な点が特徴になります。売却活動の報告義務もあるため安心して任せられるという点では契約内容としてメリットも大きいでしょう。

ただし、専任媒介契約の場合は囲い込みが行いやすいためこの契約ばかりを強く勧めてくる不動産会社は要注意と考えてよいでしょう。囲い込みとは不動産会社が売主と買主の両方から仲介手数料を受け取るために悪質な営業をしたり、意図的に情報開示をしないなどする行為を指します。

たとえば購入希望者がいるという問い合わせがほかの不動産会社から入った場合に、すでに契約済み、交渉中などと虚偽を伝えてほかの不動産会社に成果を取られないようにすることもあるでしょう。このような行為は非常に悪質な行為ですが残念なことにこうした行為をしている不動産会社もあるため注意が必要です。

家の売却で不動産会社を探すなら一括査定

ではどのようにして信頼できる不動産会社を探せばよいのでしょうか。ここでは一括査定のメリットについて解説します。

一括査定で不動産会社を探すメリット

不動産会社を探す方法のひとつとして一括査定サイトの利用があります。一括査定サイトはほとんどが無料で同時に複数の不動産会社に査定を依頼することができる点が特徴です。

それだけでなくサイトを運営する企業の独自基準で不動産会社を厳選してくれるため自分でたくさんの不動産会社の情報を集める必要がありません。自分が所有している不動産の情報を入力するだけで自動で売却する家にあった不動産会社をピックアップしてくれる点が魅力です。

簡単に複数社を比較できるため忙しい人でも場所や時間を問わずに利用できる点もメリットといえるでしょう。

利用する一括査定を選ぶ基準

一括査定サイトは複数あるため利用するサイトを厳選する必要はあります。手当たり次第に利用しているとたくさんの不動産会社から連絡が入るようになり大変な思いをすることになるでしょう。そのため一括査定サイトの利用は最低限にとどめ、厳選したものを利用するようにすることをおすすめします。

選ぶ際の基準は次のような点に着目してみるとよいでしょう。

  • 提携会社の数
  • 査定の対象エリア
  • 運営の信頼度
  • 口コミ

おおよそこのような項目を比較して利用したいサイトを厳選してみましょう。

初めての家売却にはすまいステップがおすすめ

不動産の売却が初めてという人にはすまいステップの利用がおすすめです。無料で一度に最大4社まで同時に査定を依頼することができるためなにもわからないという人でも気軽に利用することができます。

すまいステップには全国の優良な不動産会社が登録されています。これはすまいステップ独自の基準をクリアした厳選された不動産会社です。そのため悪質な不動産会社に行き当たることがなく安心して利用することができる点も魅力といえます。

売却が困難な家は不動産会社の買取

どうしても売却が難しいという不動産もあるでしょう。売却活動をしてみたもののなかなか買主がみつからないとなると売主側も疲労がたまってきます。このような状況から抜け出すには不動産の買取を検討してみることもひとつです。

売却が困難な家を買取に出す場合のコツについて解説します。

仲介の売却と買取の違い

仲介と買取はなにが違うのでしょうか。結論からいうと買主の種類が異なります。仲介は一般に広告を打ち出して買主を探しますが、買取の場合は不動産会社が買主となる点が特徴です。つまり不動産会社が売却活動をせずにそのまま不動産を購入するのが買取のシステムということになります。

買取の場合は広告を出す必要もなく査定額のまま不動産会社に買取してもらえるため短期間での売却が可能な点がメリットです。ただし仲介での売却と比較すると売却価格が高くて3割ほど安くなる点は理解しておきましょう。

買取保証付きの売却なら損するリスクを軽減

不動産会社のなかには買取保証というサービスを提供しているところもあります。買取保証は一定期間は仲介での売却を行い、それでも売れない場合には不動産会社が買い取るという保証がついたサービスです。

いきなり買取を利用すると最初から低い価格で売却しなければなりません。それよりもまずは仲介で売却できるかを試してみてから、どうしても売却できない場合は不動産会社に買い取ってもらえる買取保証を利用するほうが高額で売却できる可能性がゼロでなくなるためよいでしょう。

急いで売却したいという理由がないのであれば買取保証の利用も検討してみましょう。

不動産会社は買取価格を優先して選ぶ

買取を依頼する不動産会社の選び方は仲介の場合と少し異なります。仲介では高額の査定をしてくれても、その価格で売却できる保証がないため、できるだけ信頼できる不動産会社を選ぶという点を重視する必要があります。

一方で買取は不動産会社が提示した価格で引き渡すことができるため、できるだけ高額な査定額を出してくれた不動産会社を選んでも問題ないでしょう。

家の売却で成功したいなら不動産会社を厳選する

家の売却はできるだけ失敗したり損をしたりすることがないように進めたいものです。信頼できる不動産会社を選ぶことが売却を成功させるコツです。すまいステップでは全国の優良な不動産会社とのみ提携しているため安心して査定を依頼できます。

【完全無料】うちの価格いくら?