一軒家のリフォーム相場とは?かかる費用を節約する方法まで紹介

一軒家を所有している場合、いずれかのタイミングでリフォームを検討する時期がやってくるでしょう。リフォームをしたほうがよいのか解体して建て直したほうがよいのかで悩む人も少なくありません。どちらを選択するかは個々の状況に応じて異なります。

この記事では一軒家のリフォームにかかる費用の相場について解説します。費用を節約する方法についても紹介しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

一軒家のフルリフォームの相場は1,000万円以上

一軒家をフルリフォームする場合の相場は1,000万円以上ともいわれています。フルリフォームまたは全面リフォームとも呼ばれるこのパターンではどこまで解体してどこまでをリフォームするかによって費用が変動します。

たとえば内部も外部も解体してフルリフォームする場合には1,000万円を軽く超える費用がかかることが一般的です。この場合は解体して建て直す作業にほぼ近い状態まで解体するためこれほどの費用がかかるといえます。

内部のみの解体・外部だけの解体など部分的に解体してリフォームする場合でもやはり1,000万円近くの費用が必要です。いずれにしても高額なお金が必要となるという点で事前によく検討する必要があるでしょう。

本来なら解体して建て替えたほうがよいケースもありますが、立地によっては再建築不可という場合もあるためリフォームを選択する人もいます。自分が所有している一軒家は再建築が可能かどうかを調べてからリフォームを考えることも重要です。

一軒家のリフォーム場所別の相場

フルリフォームとまではいかなくても住宅の一部をリフォームするというケースもあるでしょう。リフォームする場所によって費用が変動するためそれぞれの箇所の相場を理解しておくことが必要となります。場所別のリフォーム費用の相場について解説します。

一軒家の水回りのリフォーム相場

リフォームを検討する人が多いのが水回りです。水回りは劣化スピードが速いだけでなく水漏れなどのトラブルを抱えているケースも少なくありません。キッチン・トイレ・浴室・洗面所などをリフォームした場合の相場をみていきましょう。

それぞれの場所で使用する材料や設備によって費用は変動しますがおおよその相場は次のとおりです。

場所費用の相場
キッチン500,000〜1,000,000円
トイレ150,000〜500,000円
洗面脱衣所100,000〜500,000円
浴室500,000〜1,500,000円

水回りについては10〜20年程度を目安にリフォームする人が多くいます。設備が老朽化したり見た目が悪くなったりすることが理由としては多くあげられるでしょう。清潔感が求められるうえ、毎日使う水回りは丁寧に掃除をしていても経年劣化による見た目の劣化も問題と考える人が多いでしょう。

床材や壁紙を変えるだけで雰囲気が変わることもあります。設備自体を取り換えるとなると大がかりな工事になることもあるため事前にしっかり見積もりを取りましょう。

一軒家の内装のリフォーム相場

一軒家の内装だけをリフォームするケースについてみていきましょう。内装のリフオームでは壁紙の張り替え、床材の張り替えなどが一般的な作業内容となります。それぞれの相場については次のとおりです。

リフォームの内容費用の相場
壁紙の張り替え750〜1,500円/平方メートル
床材の交換10,000〜70,000円/平方メートル

壁紙や床材の張り替えについては単位面積当たりの価格が設定されていることがほとんどです。また使用する材料のグレードによって価格が大きく変動する点も特徴です。内装のリフォームは一部だけでなく行う場合は空間に統一感を持たせるためにも全面的に施工してもらうことがおすすめです。

一軒家の玄関のリフォーム相場

玄関周りは家の印象を決める大事な場所です。玄関周りが劣化してきたらリフォームを検討する人も多いでしょう。玄関のリフォームにかかる費用は交換する玄関の種類によって大きく変動するため相場というよりもどのような玄関にしたいかで値段が決まると考えておくとよいでしょう。

逆に予算から玄関の種類を選ぶという方法もあります。具体的には玄関のサイズで価格が決まり、さらには防犯性や断熱性の高いものほど高額になると覚えておきましょう。

おおよその金額については200,000円以下で行えるものもあれば500,000円以上、場合によっては1,000,000 円近くかかることもあります。ドアの交換のみであれば数十万円で交換できることもあるでしょう。内装工事やクロスの張り替えなども含めると費用が高額になることがあります。

まずはどのようにリフォームしたいのかをしっかり考えることが大切です。

一軒家の間取り変更リフォームの相場

間取り自体を変更したいというケースもあるでしょう。間取りの変更方法にはいくつかあります。部屋数を減らしたいのか増やしたいのかによって行われる作業も異なるため費用が変動する点が特徴です。間取り変更の相場は少し幅広く200,000〜3,500,000円とされています。

たとえば間仕切りをして部屋数を増やす場合には1箇所あたり80,000〜250,000円が相場です。逆に壁を撤去して部屋数を減らして部屋を広くしたい場合には1箇所あたり70,000〜230,000円が相場とされています。

工事にかかる日数は部屋数を増やす場合で2,3日程度、部屋数を減らす場合で4〜6日程度が目安です。スケジュールに関しては施工業者に相談することで変動させることはある程度なら可能ですので相談してみましょう。

一軒家の外壁・屋根のリフォーム相場

一軒家のリフォームは内装だけではありません。外壁や屋根のリフォームを行いたいというケースもあるでしょう。リフォームに限らずメンテナンスとして外壁や屋根の補修を行うこともあります。基本的には10〜20年に1度はメンテナンスを行うのが理想です。

まずは外壁のリフォーム費用をみてみましょう。

工事内容費用相場
外壁塗装:500,000〜1,800,000円
重ね塗り:1,000,000〜2,000,000円
張り替え:1,300,000〜2,300,000円

行う工事内容によって費用が大きく変動するため見積もりをしっかり取ることが大切です。

屋根の相場もみておきましょう。

工事内容費用相場
屋根塗装:300,000〜800,000円
重ね塗り:600,000〜2,500,000円
葺き替え:600,000〜3,000,000円

屋根も外壁もこの費用にプラスして足場の設置費用がかかることが一般的です。足場の設置費用の相場は150,000円とされています。屋根と外壁をバラバラのタイミングでリフォームするとその都度足場代がかかってしまうためリフォームは同じタイミングで行うことをおすすめします。

一軒家の耐震リフォームの相場

築年数が経過している一軒家の場合は耐震性の問題を解決するためにリフォームを行うケースも少なくありません。耐震については専門家でなければ詳しい状況がわからないため業者のなかには法外な費用を請求してくるところもあります。

そのため耐震についてはとくに相場についてよく理解しておくことが大切です。耐震のリフォームは予算によってできることが異なります。具体的には次のとおりです。

  • 500,000円以下のリフォーム

耐震診断だけであれば100,000円程度で行えます。耐震診断は自治体によって助成金が出ることもありますので事前に調べてみましょう。

耐震金具の取り付けについては400,000円程度が相場とされています。土台部や柱などに金具を取り付けることで耐震性を強化する工事です。悪質な業者は金具の取り付けだけで1,000,000円を要求してくることもあるため注意しましょう。

筋交いの設置であれば250,000円程度が相場です。筋交いの設置は中からと外からのどちらからでも工事することができます。ただし外からする場合には別途仕上げ作業が必要となるため費用が30,000〜50,000円ほど上乗せになる可能性があるでしょう。

  • 500,000〜1,000,000円のリフォーム

外壁に補強材を取り付ける工事では壁を取り壊す必要があるため少し高額になります。相場は500,000円程度とされています。あわせて耐震シェルターの設置も同程度の金額で工事可能です。

耐震パネルの取り付けとなるとさらに高額になります。650,000円が相場です。壁にはなにも手を加える必要がないため高額ではありますが工期が短くてすむというメリットはあります。

  • 1,000,000円以上のリフォーム

屋根や外壁を本格的にリフォームしたり軽量化したりしたい場合には1,000,000円以上が相場の目安となります。どこまでの質を求めるかによって上限が決まるため、悪徳業者につかまらないように気を付ける必要があります。

リフォーム工事以外で必要になる費用

リフォームを行う場合、リフォームにかかる費用にばかり気がいってほかに必要な費用があることにあとから気がつくというケースも少なくありません。あとから困ったことにならないようにリフォーム工事以外で必要になる費用についても理解しておきましょう。

リフォーム中の仮住まい

リフォームの規模が大きい場合には一度家を空ける必要があります。こうなると仮住まいを用意する必要が出てくるでしょう。仮住まいを用意するためにはリフォームが完了するまでの家賃や引越し費用が必要となります。

荷物が多くて仮住まいの住宅に運びきれない場合にはトランクルームに預けることもあるでしょう。この場合にはトランクルームの利用料も必要となります。さらに引越し費用については家から運び出すので1回、リフォームが完了してから新しい家に荷物を運ぶので2回の費用が必要になる点は注意が必要です。

リフォームの手続きで手数料や税金

リフォームを行う際には手続きが必要になります。リフォーム業者と工事請負契約を結ぶ際には印紙代が必要です。1,000,000円以下のリフォームであれば印紙代は200円ですみます。

ただし5,000,000〜10,000,000円以下のリフォームの場合には10,000円の印紙代が必要です。10,000,000〜50,000,000円以下の場合はさらに倍の20,000円の印紙代が必要となるため事前に用意しておきましょう。

リフォーム業者の駐車場代

リフォーム業者は現地まで車で来ることがほとんどです。業者の車を駐車するスペースがない場合にはコインパーキングなどを利用することになります。この際に発生する駐車料金はリフォームを依頼した側が負担するのが通常です。

その都度払うことはまれで、基本的には最終的な請求のなかに含まれるでしょう。事前に安いコインパーキングを探しておいてそこに停めてもらうように指定すると節約することができます。または工期が長期間になる場合には月極有料駐車場を月単位で契約したほうが安くすむケースもあります。

リフォーム業者が何台の車で来るのかも事前に確認しておきましょう。複数台の場合はその台数分だけ料金がかかるため確認しておくことは大切です。

一軒家のリフォーム費用を節約する方法

このように一軒家のリフォームにはさまざまな費用が必要となります。少しでも安くリフォームをするためにはどのような点を節約すればよいのでしょうか。一軒家のリフォーム費用を節約する方法について解説します。

リフォーム費用を複数社で見積もり

リフォーム費用を節約するためにはまずリフォーム費用の相場を理解しておくことが大切です。相場を知らなければ業者から提示された金額が適正な価格であるのかを判断することができません。また残念なことに悪徳な業者も存在するため、法外な金額を提示されても気がつかないというケースも発生します。

リフォームで余計な費用を支払うことがないようにするにはしっかりと相場を把握しておきましょう。そのためには複数の業者に見積もりを依頼することが必要です。複数社に見積もりを依頼することで大まかな費用の相場を把握することができます。

忙してくたくさんの業者に連絡することが難しい場合には一括見積もりを利用するという方法がおすすめです。一括見積もりを利用したうえでいくつかの業者と直接連絡を取ってみて信頼できそうな業者を絞り込んでいけば時間をかけずに業者を選定することができるでしょう。

専門家に相談して無駄のないリフォーム

リフォームで損をしないコツは、少しずつではなくまとめて工事をするという点にあります。屋根や外壁などでは足場を組むのにも費用がかかるため最低限、屋根と外壁は同時に行うことがおすすめです。これだけでも最低150,000円の節約にはなります。

数年待てばまとめて工事できそうだという箇所については少し待ってでもまとめて工事したほうが余計な費用と時間をかけずにすむため効率的です。

さらにリフォームをする場合にはすべてを最新モデルにする必要はないと覚えておきましょう。業者はできるだけ費用をアップさせたいので最新の設備をすすめてくるかもしれません。ただ、ここでは一度冷静になって本当に必要かどうかを判断する必要があります。

グレードを下げるだけで費用がグンと下がる可能性は高いでしょう。この場合にはあらかじめリフォームにかけられる予算の上限を決めておくことがおすすめです。上限を決めておけば本当に必要な箇所にはお金をかけても余計な部分はコストダウンしようと考えることができるでしょう。

素人では判断が難しい点もあるため専門家に相談してできるだけ無駄のないリフォームをすることが1番の理想です。

一軒家のリフォームで使える補助金を探す

一軒家のリフォームを行う場合には利用できる補助金があることを理解しておくと節約につながります。具体的には次のような補助金が利用できる可能性があるため自分が当てはまるかは事前にチェックしておきましょう。

補助金制度内容
長期優良住宅化リフォーム補助金制度劣化や耐震、省エネ、バリアフリーなどの対策を行なって長く快適に暮らすためのリフォームを行う場合に利用できる補助金
ZEH補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にリフォームするための工事に対する補助金。断熱性・省エネ性などの向上を目的としたリフォームだけでなく太陽光発電設備の工事にも利用可能
介護保険制度による補助金玄関・トイレ・浴室のバリアフリー化を目的としたリフォームに利用できる補助金。リフォーム費用200,000円までなら1割の自己負担で工事することが可能。

これ以外にも各自治体が独自に打ち出している補助金制度もあります。一般社団法人住宅リフォーム推進協議会のホームページで検索すると自分が居住している自治体の補助金について調べることが可能です。

ただし補助金については予算の都合で、早期に打ち切られる場合があるためリフォームを検討しはじめた段階で先に下調べをしておくとよいでしょう。

一軒家はリフォームと買い替えのどちらがよいか

一軒家の場合、ある程度築年数が経過すると修繕費用がかさむようにもなってきます。この場合、リフォームをして住み続けるのか、あるいは思い切って買い替えてしまったほうがよいのかで迷う人もいるでしょう。実際のところどちらがよいのでしょうか。

この点についてはそれぞれの事情や生活スタイルによって異なるため、どちらが正解という回答はできません。ただ、リフォームがおすすめの人、買い替えがおすすめの人というように向き不向きはありますのでその点について解説しておきましょう。

一軒家のリフォームがおすすめの人

リフォームを行うメリットは買い替えや建て替えよりも総額で費用が抑えられる点にあります。それ以外にも住み慣れた環境や住宅の雰囲気を残したままで生活を続けられるという点もメリットといえるでしょう。

再建築不可のエリアの場合にはリフォームすることで快適性を保ちながら環境を変えずに生活し続けられる点もメリットです。

デメリットについては基礎部分にまで修繕が必要な場合には費用がかさむという点です。内装外装ともにフルリフォームすれば場合によっては10,000,000円以上の費用が必要になることもあります。さらにリフォームの場合は新築よりも住宅ローンの審査が厳しくなるという点もあげられるでしょう。

建物の価値が下がれば下がるほど審査が厳しくなるため築年数が古い一軒家のリフォームではローンが利用できないケースもあると考えておきましょう。

こうした点を考えると、ある程度の自己資金が自分で用意できてこれまでの生活環境をあまり変えたくないという人にはリフォームがおすすめです。

一軒家の買い替えがおすすめの人

買い替えのメリットはその時に必要な間取りを選択することができる点にあります。年数が経過すると家族の形態も変化します。過去には必要だった部屋数も人数が減ったことで必要なくなるケースもあるでしょう。逆に家族が増えて部屋数が必要になるというケースもあるでしょう。

間取りの変更はかなりの高額な費用が必要となるためリフォームで間取りを変更するよりも買い替えてしまったほうが仮住まいの用意などで余計な費用や労力を使わずにすむ点もメリットです。

ただし買い替えの場合にはさまざまな手続きと諸費用が必要となる点はデメリットになります。一戸建ての場合には購入価格の約4%ほどの諸費用が必要になるとされています。

こうした点から考えると家族の人数の増減で家の形態を変化させたいと希望していて、できるだけ余計な費用や時間をかけたくないという人には買い替えがおすすめです。

一軒家を相場で売却するなら一括査定

もしも買い替えをするのであれば現在所有している不動産を売却することも検討しなければなりません。不動産の売却もさまざまな手続きが必要となるためできるだけ信頼できる不動産会社に売却活動を依頼することがおすすめです。

一括査定サイトを利用して複数の不動産会社に査定を依頼することで優良な不動産会社と出会うことができるでしょう。すまいステップでは独自の基準を設けることで審査基準をクリアした優良な不動産会社とのみ提携を行なっています。一度に最大4社まで査定を依頼できるため相場を把握するためにも活用できて、信頼できる且つ便利な点が魅力です。

一軒家のリフォームは相場を調べてから依頼しよう

一軒家のリフォームを検討する場合には売却と同様に相場を調べてから業者を選定することをおすすめします。とくにリフォームはどのような材料を使用してどのような工事を行うのかは専門家でなければなかなか判断することができません。

そのため信頼できる業者をみつけて安心してリフォームを任せることができるようにしておくことが大切です。相場を把握しないままで業者と契約してしまうと、実は相場よりも高額な費用を請求されていたことがあとから発覚するなどのトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではありません。

優良な業者をみつけるには一括見積もりサイトの利用がおすすめです。独自の基準を設けて登録する不動産会社を厳選しているサイトを利用することでより安心して業者選びをすることができるでしょう。

【完全無料】うちの価格いくら?