不動産仲介大手の仲介数や売上・収入ごとのランキングとその特徴

不動産の購入や売却を考えているなら、仲介をしてもらう業者を見つけることが大切です。優良業者を探すことで、スムーズに仲介業務を行ってもらえるため、売買を成功させやすくなります。
不動産仲介大手の会社は多数あり、それぞれで特徴が異なります。売上高や仲介実績、顧客満足度などのランキングを参考にしながら、自分に合った不動産仲介大手の会社を見つけましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

大手不動産会社の仲介実績取扱最新ランキング上位10社とその特徴

不動産仲介大手の会社の中でも、仲介実績の高い上位10社は次の通りです。

  • 三井不動産リアルティグループ
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村不動産グループ
  • 三井住友トラスト不動産
  • 三菱地所リアルエステートサービス
  • 三菱UFJ不動産販売
  • みずほ不動産販売
  • 積水ハウスグループ
  • オープンハウス

それぞれの特徴の違いを知り、どのような不動産会社があるのかを知っていきましょう。

三井不動産リアルティグループ

不動産仲介大手の会社の中でも、取扱高がトップなのが三井不動産リアルティグループです。2020年の3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:1兆7,832億円
  • 仲介件数:4万2,818件
  • 手数料収入:849億8,500万円

三井不動産の子会社である三井不動産リアルティグループは、不動産業界の中でもトップクラスの知名度を誇ります。また、仲介の取り扱い件数は1986年から34年連続で全国1位であり、多くの人が利用し続けている不動産会社であることがわかります。

東急リバブル

東急不動産のグループ会社である東急リバブルは、高額な査定結果を提示することが魅力です。お得に不動産を売りやすいため、売却を検討している人におすすめです。2020年3月の東急リバブルの実績データを確認してみましょう。

  • 取扱高: 1兆3,159万円
  • 仲介件数:2万6,437件
  • 手数料収入:622億6,100万円

取扱高も業界2位と高く、多くの人が利用している不動産会社といえるでしょう。また、東急リバブルは東急沿線の不動産仲介に強みのある不動産会社であるため、東急沿線付近での不動産仲介を求める人におすすめです。

住友不動産販売

細かなサービスが売りの住友不動産販売は、関西圏での不動産仲介に強みがあります。2020年3月の実績データは、次の通りです。

  • 取扱高: 1兆2,875億円
  • 仲介件数:3万7,715件
  • 手数料収入:670億6,300万円

取扱高や仲介件数は業界内でもトップクラスです。住友不動産販売では、不動産仲介においてきめ細かなサービスが実施されており、不動産売買が初めての人でも安心して利用しやすい点も魅力でしょう。
物件情報や不動産取引に関する情報をメールマガジンで配信しており、情報を利用することでスムーズに不動産売買を行いやすくなります。

野村不動産グループ

野村不動産グループは、大手不動産会社の中でも特に不動産活用に強みのある会社です。そのため、賃貸経営やその他土地活用などを考えている人には、適した不動産会社といえます。2020年3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:8,723億3,700万円
  • 仲介件数:9,515件
  • 手数料収入:351億5,600万円

不動産活用に強みがあるため、業界大手の不動産会社と比較すると仲介件数はそれほど多くはありません。しかし、「野村の仲介+」というブランドにて仲介サービスを実施しており、安心して利用できるブランド力を持っている点は魅力です。
また、売却のサポートも無料で行っており、不動産の購入から売却、さらには土地活用まで総合的なサポートを受けられることも野村不動産グループの特徴です。

三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。2020年3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:4,724億2,600万円
  • 仲介件数:7,684件
  • 手数料収入:202億2,100万円

不動産査定が誠実であることが特徴であり、悪い面だけではなく、よい面も考慮して査定額を決定していることが魅力です。全国対応の不動産会社ですが、地域密着型の営業方針を取っています。そのため、各地域に強みのある不動産会社の担当者が対応してくれるため、スムーズに取引を行いやすいでしょう。

三菱地所リアルエステートサービス

三菱地所リアルエステートサービスの2020年3月の実績データは、次の通りです。

  • 取扱高:4,500億4,800万円
  • 仲介件数:1,095件
  • 手数料収入:85億9,800万円

三菱地所リアルエステートサービスは、三菱地所の子会社であり、法人向けの不動産売買に特化しています。法人のみ利用できるわけではなく、個人向けのサービスも展開しているため、個人売買でも利用可能です。
個人向けのサービスは「三菱地所ハウスネット」で行っているため、家の購入や売却での仲介ならこちらを利用しましょう。

三菱UFJ不動産販売

三菱UFJ信託銀行のグループの会社である三菱UFJ不動産販売は、関東や中部、関西地方に店舗を持っています。首都圏だけではなく、中部や関西地方でも利用できる点は大きな魅力です。三菱UFJ不動産販売の2020年3月の実績データは、次の通りです。

  • 取扱高:4,059億6,900万円
  • 仲介件数:5,127件
  • 手数料収入:163億4,900万円

仲介件数は多く、実績豊富な不動産会社といえるでしょう。また、住み替え時の売却に強みのある不動産会社であることも特徴です。家の購入だけではなく、購入に伴い今住んでいる家の売却を検討している人におすすめの不動産会社です。

みずほ不動産販売

みすぼ不動産販売は、みずほフィナンシャルグループの不動産会社です。2020年3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:4,078億400万円
  • 仲介件数:4,043件
  • 手数料収入:160億1万円

法人向けの不動産取引がメイン業務ですが、個人売買にも対応しています。みずほ不動産販売の営業担当者は仲介取引の経験が豊富であり、安心して仲介を任せられる点は魅力です。また、不動産売却のサービスが充実しているため、住み替えで前の家の売却が必要な人におすすめの不動産会社です。

積水ハウスグループ

住宅メーカーの積水ハウスは、グループ内の関連会社と連携しながら不動産仲介を行っています。2020年3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:2,432億3,100万円
  • 仲介件数:8,241件
  • 手数料収入:120億2,800万円

住宅メーカーの大手である積水ハウスグループは、不動産に関するノウハウが蓄積されています。そのため、仲介によって家を購入する際にはアドバイスを受けやすく、自分の希望条件に合う新居を見つけたい人に、おすすめの不動産会社です。

オープンハウス

関東や東海、九州エリアで事業を展開しているオープンハウスは、特に東京23区内の仲介に力を入れています。そのため、首都圏で不動産仲介会社を探している人に、おすすめの不動産会社といえます。オープンハウスの2020年3月の実績データは次の通りです。

  • 取扱高:2,364億2,200万円
  • 仲介件数:5,695件
  • 手数料収入:109億7,900万円

他社と比較すると仲介実績はそれほど高くはありません。これはオープンハウスのメイン事業は仲介ではなく、分譲住宅の販売や注文住宅の受注であることが理由です。そのため、分譲住宅の購入や注文住宅での新築を検討しているなら、オープンハウスはおすすめの不動産会社といえます。

仲介顧客満足度ランキング上位10社とその特徴

不動産会社を選ぶ際には、取扱高や仲介件数だけではなく、顧客満足度を参考にすることもおすすめです。

  • 住友林業ホームサービス
  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • 長谷工の仲介
  • センチュリー21
  • 福屋不動産販売
  • 三井のリハウス
  • 日本住宅流通
  • ハウスドゥ

上記の顧客満足度が高い大手10社の特徴を知り、どのような違いがあるのかを把握して不動産会社選びに役立てましょう。

住友林業ホームサービス

顧客満足度がもっとも高い不動産仲介大手の会社は、住友林業ホームサービスです。住友林業ホームサービスは、不動産情報サイトの「すみなび」を運営しています。自社運営サイトから物件情報を調べたり、売却時に広告を掲載できたりすることは大きな魅力です。
また、不動産売買では、外部機関の建築士や土地家屋調査士が介入するため、建物の安全性について公平な評価を受けたり、土地売買でトラブルが起きないように境界線の確定調査を行ったりしてくれます。
不動産取引におけるサービスが充実しており、初めて不動産売買を行う人も安心して利用できる点は、大きな魅力です。

大成有楽不動産販売

売買の成果が高く、満足度が高い不動産会社が大成有楽不動産販売です。仲介にあたった担当者は、競合他社の情報を調べて取引に臨むため、他社よりも好条件での売買を成立させやすい点は魅力です。
また、売却に関するサービスも充実しており、不動産売却の理由を公開せずに手放すこともできます。離婚や住宅ローンの滞納などで不動産を売却する際も、周囲に理由を知られずに済む点は大きなメリットです。
大成有楽不動産販売はマンション売却に強みのある不動産会社であるため、マンションからの住み替えを検討している人におすすめです。

大京穴吹不動産

不動産売却の中でも、特にマンションの売却に強いことが大京穴吹不動産の特徴です。売却に特化しているだけではなく、不動産購入の仲介にも強みがあり、全国幅広いエリアの物件情報を持っています。
年末年始以外年中無休で営業していることも魅力であり、自身の仕事の都合などに合わせて利用できる点も、大京穴吹不動産ならではの魅力といえます。
売却に関しては設備保証や24時間駆けつけサービスを実施しており、安心して家を売却できる点も特徴です。設備保証は売却から1年以内に住宅に不備が見つかった場合は、不動産会社がその修繕費を負担してくれます。
24時間駆けつけサービスでは、売却から1年以内に住宅設備に不備があった場合に、24時間対応で駆けつけてくれるため、購入希望者は安心して不動産を買うことができ、売却希望者はスムーズに売りやすくなります。

近鉄不動産

大正5年創業の近鉄不動産は、古くから多くの人に利用され、顧客満足度の高いサービスを提供している不動産会社です。不動産取引に関する悩みを、オンラインで相談できるサービスがあり、初めての不動産売買で不安がある人も安心して利用できます。
マンションと戸建ての両方の仲介に対応していますが、戸建て仲介の評価が高いため、戸建ての売買を考えている人におすすめです。主な活動エリアは関西圏と中部圏であるため、これらのエリアに該当するなら、近鉄不動産を利用するとよいでしょう。

長谷工の仲介

長谷工コーポレーションの仲介部から独立した長谷工の仲介は、取引後のアフターサービスが充実している点が魅力です。建物保証では最大10年間保証を受けることができ、取引から10年以内に見つかった不備について、最大1,000万円まで長谷工が保証してくれます。
また、住宅設備についての保証は通常1年まで無償ですが、最大2年まで保証を延長できる点もメリットです。建物に関する悩みや住宅設備の不備などは、24時間駆けつけサービスで対応してもらえます。
作業時間が60分以内なら作業料は無料です。安心して不動産を購入できることはもちろん、アフターサービスの充実によって売主にもメリットがあるため、売買の両方での顧客満足度は高いです。

センチュリー21

フランチャイズ経営で全国展開していることが、センチュリー21の特徴です。賃貸仲介がメイン業務ではありますが、不動産の個人売買にも対応しています。
センチュリー21の魅力は、簡易査定システムを提供していることです。通常の査定よりも素早く査定を受けることができ、不動産の価値を簡単に調べられます。素早く査定を受けて、不動産売買に臨みたい人におすすめの不動産会社です。

福屋不動産販売

首都圏や関西、福岡などのエリアで営業を展開しているのが、福屋不動産販売の特徴です。都市部のエリアに複数の店舗を持っているため、都市部での不動産売買を検討している人におすすめです。
不動産売買の実績は豊富であり、長年の経験やノウハウもあるため、スムーズな取引のサポートを行ってくれます。サイトに会員登録すると、物件情報をメールマガジンで配信してくれるため、希望条件に合った家を見つけやすい点も魅力です。
また、不動産売買についての悩みはオンラインでも相談でき、売買に不安がある人におすすめの不動産会社です。

三井のリハウス

三井のリハウスは、支払い能力の有無を事前にチェックし、売買契約に臨める点が特徴です。本当に支払いができるかを確認してから契約を締結するため、安心して不動産売買を行えます。安心度の高い取引ができる点から、顧客満足度は高いといえるでしょう。
また、設備や建物の状態を無償で調査してくれたり、売却後一定期間の設備や建物の補修費用を負担してくれたりするなど、サポートも充実しています。売買から取引後まで細かなサポートを受けられるため、不動産売買における不安を取り除きやすいです。

日本住宅流通

日本住宅流通は、大和ハウスグループの仲介会社です。親会社は不動産業界でも大手で知名度も高く、グループのネットワークを活かして包括的なサポートが受けられる点が魅力です。
不動産の売買だけではなく、賃貸についてのサポートを行っています。売買から不動産の活用まで対応しているため、さまざまなシーンで利用できる不動産会社といえるでしょう。

ハウスドゥ

全国にフランチャイズ展開をしているハウスドゥは、AI査定システムを導入しています。物件情報の入力で簡単に査定を受けられるため、スムーズに査定結果を知り、不動産売買に活用したい人におすすめです。
また、売買や賃貸だけではなく、リフォームやリノベーションも行っている点も特徴です。フランチャイズで幅広いエリアに対応していますが、営業自体は地域密着型であり、特定地域の不動産取引に強みがあります。
地域密着型で特定地域についての理解が深いからこそ、より好条件での取引が可能であり、納得した条件で売買がしやすい点が、顧客満足度の高さにつながっています。

不動産仲介会社の選び方のコツ

不動産仲介会社を選ぶ際には、いくつか頭に入れておきたいコツがあります。

  • 不動産一括査定を利用する
  • 担当者で選ぶ
  • 囲い込みを確認する

上記3つのコツを把握して、自身に合った不動産会社を見つけましょう。

不動産一括査定を利用する

不動産会社は多数あり、ネット検索や最寄りの不動産会社を訪問して自身に合った会社を見つけることは困難です。そのため、効率的に不動産会社を見つけるには、不動産一括査定の利用がおすすめです。
一括査定は物件情報を登録することで、複数社から査定を受けられます。各社が提示する査定額を比較することで、どの不動産会社が好条件で取引しやすいのかを確認できます。また、査定額から相場価格も判断しやすく、より適正金額での取引に臨みやすいでしょう。
不動産一括査定なら、すまいステップがおすすめです。すまいステップは2~3分程度の物件情報の登録で、スムーズに複数社から査定を受けられます。最寄りにどのような不動産会社があるのかを知るためにも、一括査定を有効活用して選択肢を絞り込んでおきましょう。

担当者で選ぶ

仲介会社は不動産会社の評判や知名度だけではなく、担当者の対応を見て決めることも大切です。評判のよい不動産会社でも、担当者次第では取引がスムーズに進められなかったり、場合によっては売買で失敗し、損をしたりすることもあります。
担当者はストレスなくコミュニケーションが取れるか、連絡がスムーズにつくか、質問に対してわかりやすく説明してくれるかなどの点から判断しましょう。
もし担当者と合わないと感じる場合は、担当替えを申し出るか、別の不動産会社に切り替えて仲介を依頼することがおすすめです。

囲い込みを確認する

不動産会社によっては、売主と買主の両手仲介を担うために、囲い込みをすることがあります。囲い込みとは、不動産会社の両手仲介によって自社の利益を上げるために、あえて物件売買の希望を断り、自社で買主と売主の両者を探すことです。
囲い込みをされていると、実際には売れる、あるいは買えるはずの不動産があっても、スムーズに売買ができないことがあります。また、場合によっては条件が悪くなってしまうこともあるため、囲い込みがないかは必ず確認しておかなければなりません。
売却の場合は、不動産情報サイトのレインズに売り出し物件の情報が公開されているかを不動産会社に確認し、正常に売買活動が行われているかをチェックしましょう。
購入の場合はスムーズに希望条件に見合う物件を紹介してくれるかで判断し、あまりにも時間がかかりすぎる場合は、別の不動産会社への乗り換えを検討することも大切です。

不動産仲介で大手を選ぶメリット

不動産仲介で大手の業者を選ぶメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 顧客の数が多い
  • 販売活動の広さ

なぜ大手を選ぶことにメリットがあるのかを知り、不動産会社を探す際の参考にしましょう。

顧客の数が多い

大手の不動産仲介会社は、顧客の数が多いため、多数の物件情報を持っています。不動産の購入で考えると、売却で仲介を利用する顧客が多く、スムーズに希望する新居を見つけやすい点がメリットです。
また、購入希望者の顧客が多いほど、素早く売ることができ、顧客の多さは売却時にもメリットとなります。買主は希望する新居を見つけやすく、売主は買主を探しやすい点が、大手不動産仲介会社の魅力といえます。

販売活動の広さ

大手の不動産仲介会社は、中小企業よりも資金力が豊富であり、販売活動が幅広く行われています。例えば不動産ポータルサイトに安価で広告が出せるため、多数の媒体に物件情報を公開することが可能です。
多くのポータルサイトに物件情報が掲載されることで、買主は新居を見つけやすく、売主は買主を探しやすい点がメリットです。また、不動産会社によっては、自社で不動産ポータルサイトを運営していることもあります。
自社運営のサイトを持っているなら、物件情報をスムーズに公開できるだけではなく、より安価でサービスが利用できるため、買主と売主双方にとってのメリットとなります。

大手仲介会社の特徴を知ってからどの会社を選ぶのかを決めよう

不動産仲介会社は大手と中小企業のように、事業規模が異なります。大手ならではのメリットはさまざまあり、スムーズに取引を行いたい人におすすめです。
不動産仲介大手にもさまざまな会社があるため、複数で比較して自身に合った不動産会社を見つけることが大切です。各社の特徴の違いやランキングを参考にしながら、希望条件を満たして不動産売買ができる仲介会社を探しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?