買取保証付きで不動産の売却!メリットデメリットや利用する手順とは

不動産の売却にはいくつかの方法があります。仲介で売却する方法が一般的とされていますが買取で売却する方法もひとつです。売却方法を検討するなかで買取保証という言葉を耳にしたり目にしたりすることもあるでしょう。
この記事では買取保証で不動産を売却する方法について解説します。買取保証の仕組み、メリット・デメリットについても紹介しますので参考にしてください。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

買取保証付きの不動産売却とは

買取保証とはどのような売却方法なのでしょうか。買取保証付きの不動産売却について具体的に解説します。

仲介の売却失敗で不動産の買取

不動産の買取には2種類あります。即時買取と買取保証の2つがこれです。即時買取は文字どおり、売却の意思を不動産会社に伝えてからすぐに不動産会社がすぐに不動産を買い取る方法になります。これを通常買取と呼びます。
即時買取の特徴は売却活動期間なしに短期間で不動産の買取が成立する点です。買取保証はこれとは少し異なります。買取保証はまず不動産を仲介で売却するための活動を行う点が特徴です。仲介で一般から買主を募集するための売却活動を行います。
一定期間、売却活動を行ったうえでそれでも不動産が売れない場合は不動産会社が買取を行うというのが買取保証の仕組みです。つまり仲介での売却がうまくいかなかった場合には不動産会社が買取を行いますという保証がついているのが買取保証になります。

買取保証を付けられる条件

買取保証を利用するためにはいくつかの条件があることを理解しておきましょう。買取保証ではスタート時に仲介を行うため不動産会社と媒介契約を結んでから売却活動が開始されます。
買取保証を利用する場合には、専属専任媒介契約を結ぶことを条件とするケースが大半です。専属専任媒介契約は媒介契約のなかでもとくに売主と不動産会社の関係が密になる契約になります。
専属専任媒介契約では、個人で買主を探すことは禁止されておりさらに契約を交わせる不動産会社は1社のみに限定されている点が特徴です。一般媒介契約では複数の不動産会社との契約も個人で買主を探すことも許可されています。
専任媒介契約は個人で買主を探すことは許可されていますが契約できるのは1社のみとなっている点が特徴です。買取保証をつけるために専属専任媒介契約を結ぶと一定期間はほかの不動産会社と契約ができなくなるため注意が必要になります。
さらにもうひとつの条件は買い手がつきやすい不動産であるという点です。需要が低い不動産の場合、いくら不動産会社でも買取を拒否するケースもあります。たとえば旧耐震基準の物件や占有面積が狭い物件、人口が少ないエリアの物件などがこれに当たるでしょう。
不動産会社によって買取基準が異なるため詳細は不動産会社に確認してみましょう。

買取保証の不動産売却のメリット5選

買取保証を利用する際では大きくわけると5つのメリットをあげることができます。

予定している時期までに売却できる

仲介での売却ではいつ不動産が売れるかを予測することが難しい点がデメリットになるでしょう。これに対して買取保証での売却では売却期限があらかじめ決められる点がメリットです。
買取保証をつけるとその時点で買取日と買取金額が同時に決定されます。そのため資産計画を立てやすいという点もメリットといえるでしょう。
買取保証がついていない場合は、最初の売り出し価格よりも予想外に価格を下げなければ売却できないというケースも出てきます。さらにいつまでたっても売れずに不安を抱えるということも考えられるでしょう。
買取保証をつけることで不動産会社が買取価格を提示して仲介で売れなかった場合のことも考えてもらえるため売却活動をしていても安心感を持って対応できる点もメリットです。明確な資金計画を立てることができるので売却活動をしながら次の計画を進めることもできるでしょう。

即時買取より高額売却できる可能性がある

買取のデメリットは仲介での売却よりも売却価格が下がる点にあります。これは即時買取が短期間で不動産を現金化できるというメリットを選ぶことによって生じるデメリットと考えてもよいでしょう。
買取の場合は仲介手数料が発生しないため不動産会社は成功報酬を得ることができません。その代わり、買取では相場よりも少し安い価格で買い取ることになるのです。
通常では1〜3割程度安くなると考えておきましょう。買取保証をつけておくと即時買取よりも高額で売却できる可能性が残ります。これは仲介で売却が成立した場合には希望価格で売却できる可能性があるからです。
即時売却では確実に安い価格で売却する必要がありますが、一度仲介での売却を試してみてそこで売却に成功すれば利益を増やすことができる点がメリットといえるでしょう。

新居のためのつなぎ融資を受けやすい

買取保証をつけるということは確実に不動産を現金化することができるということにもなります。そのため家の買い替えを検討している場合には、保証があることで不動産を売却する前に新居を購入することが可能になる点もメリットです。
この際に利用するのがつなぎ融資になります。本来であれば不動産を売却した価格で新居の購入費用の一部を支払ったり一括払いをしたりするでしょう。なぜなら売却が決まっていない不動産の代金をあてにして融資を受けることはできないからです。
この点、買取保証がついていればいつまでにいくらのお金が入ってくるという保証がされているため融資が可能となります。早めに新居を購入したい場合には買取保証を利用したほうがメリットが大きいといえるでしょう。

仲介の不動産売却で無理をしなくてもよい

不動産の売却を近所に知られたくないという人もいるでしょう。近隣に広告を出したり内覧会を行うことが難しくなるためこのケースでは不動産が売れにくくなります。
近隣に知られずに売却できる点にもメリットがあります。仲介にこだわらずに売却活動を進めて、もしも売れなくても買取をしてもらえるためとりあえず仲介での売却を内密に進めてみるという気持ち程度での利用でも可能です。
さらに物件があまりよい状態でなくてもリフォームや修繕の必要がありません。不動産会社は買取後にリフォームをするため、わざわざ自分で費用を出して行う必要がないからです。そのままの状態で買ってもよいという買主がみつかればラッキーだという気持ちでよいでしょう。
さらに内覧会についてもスケジュールがあわない、掃除などが手間に感じるという理由で断ることも可能です。仲介での売却の場合は内覧会を行うことで購入につなげるということが鉄則でもあります。そのため内覧会のたびに掃除をしたりスケジュールを空けたりするする必要があるでしょう。
こうした手間や精神的ストレスをあまり感じることなく売却活動を進めることができる点もメリットです。

不動産会社選びが簡単になる

不動産の売却では査定額と相場の比較が重要ポイントです。仲介での売却の場合は相場にあった明確な査定額を提示してくれる不動産会社をみつけるために担当者と話をしたり会社の実績を調べたりする手間が必要になります。
これだけ手間をかけても希望価格で売れる保証がないのも仲介での売却の特徴です。これに対して買取保証付きの売却では買取保証価格が高額な不動産会社を選ぶだけでよいので簡単に不動産会社を選ぶことができます。買取保証の場合は最初の段階で最低価格が決まっているため安心して契約を結ぶことができるでしょう。

買取保証の不動産売却のデメリット5選

買取保証を利用する際では大きくわけると5つのデメリットがあります。

買取保証を付けられない場合がある

不動産の状態によっては買取を断られることがある点がデメリットです。買取の場合は不動産会社が転売してから利益を得るという仕組みになります。そのため買い取っても買い手がつかなそうな物件やリフォームに多額の費用が必要になりそうな物件は買取を拒否することがあるでしょう。
具体的には不動産があるエリアの利便性や広さ、築年数などがチェックされます。人口の少ないエリアの不動産は買取してもらえない可能性が高くなるでしょう。狭すぎる・広すぎる物件も買い手がつきにくいため断られることがあります。
このように買取保証をつけるための条件がクリアできない不動産を所有している場合にはデメリットが大きくなるでしょう。

仲介で購入希望者を探す方法は制限される

買取保証を利用するには不動産会社と専属専任媒介契約を結ぶことが条件となることが通常です。専属専任媒介契約は1社の不動産会社に売却をすべて任せることを約束する内容となります。そのためほかの不動産会社と契約することはできません。
さらに個人的に買主をみつけても不動産会社を通さなければ売却することができない点もデメリットになります。買取保証をつけるということは不動産会社側も必ず自社に売却してもらうことを約束してもらう必要があるということです。
そのため他社と契約したり個人で売却したりするような人とは契約できないと考えることは当然ともいえるでしょう。売却に関して自由度が低いという点は買取保証のデメリットといえます。

仲介の売却を継続するなら再度査定が必要

買取保証の契約を行うとまず仲介での売却活動を行います。仲介で売却できない場合は買取に切り替えるというのが通常の流れです。ただし、この段階で仲介を継続することも可能という点も理解しておきましょう。
ただし仲介を継続するには買取保証の価格を再設定する必要があります。そのため再度査定を受けることが条件となるのです。査定結果によっては最初の買取価格よりも値段が下がることがある点はデメリットといえるでしょう。

仲介での売却価格は自由に決められない

通常の仲介での売却では売り出し価格は売主の希望もある程度考慮されます。人気エリアの物件などであればチャレンジ価格で売り出すことも可能でしょう。ただ、買取保証の場合は売り出し価格は買取価格をベースに設定されるため個人の希望を全面に押し出すことが難しい点がデメリットになります。
価格戦略を取りたくても不動産会社に制限をかけられる可能性があることも理解しておきましょう。どうしても希望を通したい場合は通常の仲介に切り替えて売却することをおすすめします。

売却活動で手抜きをされる場合がある

仲介のよい点と買取のよい点が利用できるため利用者によってはメリットの大きな方法といえるでしょう。ただし最終的に買取を行うという点があるため仲介での売却活動が積極的に行われない可能性がある点はデメリットになります。
不動産の売却は時間がかかることもあるため期間を定めてしまうとなかなか売れないということも多くあるでしょう。それを見越している不動産会社は費用のかかる広告活動などを行わない可能性もあります。
さらに仲介の場合には売却価格によって仲介手数料の金額が決まってしまうため仲介での売却価格が安すぎる場合には買取で利益を得ようと考えて売却活動で手を抜かれてしまう可能性もあるでしょう。

買取保証に向いている不動産売却とは

買取保証は仲介での売却にも挑戦してみたいけれど最終的に売却期限が決まっている人におすすめの方法です。即時買取では買取価格が即時に決まり仲介よりも低価格での売却になります。どうしても急いで売却しなければならない理由がある人は即時買取を利用するとよいでしょう。
買取保証は売却期限に少し猶予があり仲介で少しでも高く売れる可能性があるなら挑戦してみたい、けれども期限もあるので不安という人に向いています。買取保証をつけることで最終的には確実に不動産を売却することができるという点も買取保証の大きなメリットです。
新居の建て替えや子どもの進学などが控えていて資金計画を明確にしておきたい人にも買取保証を利用するのに向いています。

買取保証付きで不動産売却をする手順

買取保証付きで不動産を売却するにはどのような手続きを行えばよいのでしょうか。買取保証付きで不動産あ売却をする手順について解説します。

一括査定で不動産の相場調査

まずは仲介と同様に不動産の相場を調査します。買取保証では最初は仲介で売却することになるためまずは売り出し価格を決める必要があるでしょう。そのためにも相場を把握しておくことは大切です。
相場を把握するためには一括査定サイトの利用がおすすめになります。一括査定を利用するメリットは一度で複数社に査定依頼を出せる点です。
すまいステップでは独自の基準で全国の優良不動産会社とのみ提携しているため安心して利用することができます。一度の情報入力で最大4社に査定を依頼することが可能です。

買取価格の高い不動産会社で実績やサポート体制を比較

買取保証を利用する場合、不動産会社を選別する必要があります。買取保証を依頼する不動産会社を選ぶ際のポイントは次のとおりです。

  • 利益還元がある
  • つなぎ融資などのサポートがある
  • 査定価格と買取保証価格が高い

利益還元は不動産会社が売主から買い取った不動産が売却できた場合に得られた利益からいくらかを売主に還元してくれるサポートです。利益還元があれば当初の買取保証よりも利益が多くなることもあります。
つなぎ融資などのサポートは新しい家の購入などにも有利になるでしょう。このようにどのようなサポート体制があるかを比較して不動産会社を選ぶことがポイントです。

不動産会社と媒介契約を結び売却活動を開始

不動産会社を選別したらその会社と媒介契約を結びましょう。買取保証額を決定するためにはしっかりとした査定を受ける必要があります。媒介契約は専属専任媒介契約です。
仲介の媒介契約では通常3カ月の売却活動が行われます。買取保証の売却活動も通常と同様に3カ月とされています。

売買契約を結び不動産の引き渡し

仲介で買主が見つかった場合も買取になった場合も、売買契約を結ぶことで売買が成立します。売買契約を結んで不動産の引き渡しを完了すれば売却もすべて終了です。
売却する不動産に自身が住んでいる場合は、売却が決まり引き渡し期日が決定した時点で引っ越しの準備もしておきましょう。契約が決まってから慌てることがないように少しずつ準備を進めておくことをおすすめします。   

仲介の段階で不動産を売却するポイント

買取保証でも仲介の段階で不動産が売却できれば少しでも高額な売却額を手にすることができます。仲介の段階で不動産を売却するためのポイントについて解説します。

価格設定は相場から逸脱しない

仲介で売却したい場合は売り出し価格をしっかりと設定することが大切です。相場を調べて相場内でおさまる価格に設定しましょう。購入者は価格帯で不動産を検索して目星をつけることが多くあります。
そのためあまりに相場よりも高額な価格設定をしてしまうと購入者の比較対象の圏内に入ることもできない可能性が高くなるでしょう。だからといって最初から低価格にしてしまうと損をしてしまうこともあります。買主側から値下げの交渉が入ることも想定して相場にあった価格に設定することがポイントです。

戦略的に価格の値引きに対応

もしも仲介の段階で売り出し価格で値引き交渉が行われた場合にはよく検討することが大切です。売り出し価格の値引きについては内覧希望者が減ってきて客足が途絶えたタイミングで実行することをおすすめします。
少しでも高額で売却したい場合には無理をして値引き交渉に応じる必要はないと考えておきましょう。買取保証がついているため仲介期間にまだ余裕がある場合は値引きに応じるよりも次の買い手を探すことに切り替えることも必要です。

不動産の見た目をよくして好印象を与える

内覧会を開催する場合には不動産の見た目をよくして好印象を与えることが大切です。内覧希望は不動産会社に連絡が入ってから売主にスケジュールの確認が行われます。スケジュールがあわない場合には必ずしも応じなくてはならないことはありません。
住んでいる状態であればなおさらです。ただし、内覧に応じる場合には室内の掃除だけでなく庭の手入れなども怠らないようにしましょう。明るさや匂いにも配慮することが大切です。さらには水回りを丁寧に掃除しておくことで清潔な飲料を与えることができるでしょう。

買取保証で予定通りに売却を完了させよう

買取保証は仲介での売却と買取での売却のメリットを両方得ることができる点にもあるでしょう。
仲介で売却を行いながら期間内に売れなければ不動産会社が直接買取をしてくれるため安心して売却活動を進めることができます。
もちろんデメリットもあります。そのためメリット・デメリットの両方をよく理解したうえで利用するかどうかを検討してみましょう。
いずれにしても売却活動を行う点では買取保証をつけてもつけなくても同じです。そのためまず最初に行うのは所有している不動産の相場チェックになります。
相場を把握するためには一括査定サイトの利用が便利です。すまいステップでは同時に最大4社に査定を依頼することができるため時短にもなる点が魅力になります。

【完全無料】うちの価格いくら?