家の買取業者はどこがおすすめ?依頼前の注意点についても解説

家は仲介によって売却するだけではなく、不動産会社に買い取ってもらうこともできます。家の買取業者を選ぶ際には、ポイントや注意点があります。どの業者に依頼してもお得とは限らず、買取を頼む業者は自身で選定することが大切です。
買取業者の選択で失敗すると、家を手放して損をする可能性もあります。家の処分で失敗しないためにも、買取業者の上手な選び方を知っておきましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家の買取業者を選ぶ5つのポイント

買取を依頼する業者を選ぶ際には、次の5つのポイントを意識することが大切です。

  • 家がある地域の買取に対応
  • 買取実績の多さ
  • 家の買取業者の口コミ・評判
  • 家の買取業者で利用できるサービスの種類
  • 家の買取査定結果の高さ

細かい点まで把握して、自分に合った買取業者を選びましょう。

家がある地域の買取に対応

業者によって買取に対応している地域は異なるため、所有する家のあるエリアでの買取ができるかを確認しておきましょう。検索してランキングの上位にある業者でも、買取可能なエリアが限られていることもあります。
そのため、ランキングや業者の規模などに関係なく、売りたい家のエリアで買取にしている業者かどうかを確認しておくことが大切です。大手だからよく、地域密着の中小企業だから悪いという決まりはありません。家の所在地が業者の買取エリアに含まれているかを確認して、依頼先を選びましょう。

買取実績の多さ

業者の買取実績の多さを調べておくことも大切です。業者によって実績数は異なるため、少しでも実績が多い業者を選びましょう。買取の実績が豊富であるほど、スムーズに売却がしやすくなったり、納得できる査定額を提示してもらいやすくなったりします。
どの程度の実績があるかは、買取業者のホームページから確認できます。また、業者によっては買取に対応していないこともあるため、実績に加えて買取をしてもらえるかもホームページで確認しておきましょう。

家の買取業者の口コミ・評判

信頼できる買取業者かどうかは、業者の口コミや評判を参考にすることがおすすめです。口コミなどの評判を確認しておくことで、利用者の利益となる取引ができているかがわかります。
評判は担当者の対応や引き渡し前後の手続きがスムーズかなどを確認しておきましょう。口コミでの評判のよい業者なら、安心して買取を任せられます。

家の買取業者で利用できるサービスの種類

買取業者によっては、業者独自にサービスを提供しています。

  • 仲介での売却から始められる買取保証
  • 引き渡し後も家に住めるリースバック
  • 家に残っている不要品の処分サービス

業者ごとのサービスの違いを確認し、利用したいサービスを含んでいるかをチェックしておきましょう。

仲介での売却から始められる買取保証

買取保証のサービスがついた買取業者なら、一定期間仲介による売却を試した後、売れなかった場合に買取をしてもらえます。仲介による売却活動の期間は自由に設定できますが、3ヶ月程度となることが多いです。
買取と仲介を比較すると、仲介による売却のほうが条件がよくなりやすいです。そのため、仲介期間中に売れた場合は、好条件での取引ができます。仲介で買主が見つからなかった場合でも、業者に買取をしてもらえるため、確実に売却できることも買取保証のメリットです。

引き渡し後も家に住めるリースバック

家を売却した後も同じ家に住みたいなら、リースバックのサービスを利用することがおすすめです。リースバックは売却した家に賃貸契約で住み続けることができます。住み続けるには毎月家賃の支払いが必要ですが、住居を手放さずに済むことは大きなメリットです。
リースバックで手放した家は、一定期間住み続けたり、追加で購入資金を出したりすることで、買い戻すこともできます。売却によってまとまった資金を得たいものの、住居を手放したくないなら、リースバックありの買取業者を選ぶとよいでしょう。

家に残っている不要品の処分サービス

業者によっては、家に残っている不用品の処分をしてくれることもあります。通常の買取では、引き渡しの際に家を空にしておかなければならず、不用品は自身で処分が必要です。不用品の処分には手間と費用がかかりますが、業者が処分してくれる場合はこれらが不要です。
不用品を残したまま家を手放すことができるため、家に物が多い場合は、不用品処分サービス付きの買取業者を選ぶとよいでしょう。

家の買取査定結果の高さ

買取業者を選ぶ際には、買取査定結果の高さを参考にすることがおすすめです。仲介による売却では、査定結果で売却価格が確定するわけではなく、買主との交渉によって金額が決まります。
しかし、買取の場合は業者が提示した金額からほとんど動くことがなく、査定額がそのまま売却価格となることが多いです。そのため高額な査定を提示する業者に買い取ってもらったほうが、よりお得となります。
査定結果は不動産会社によって異なるため、複数社から査定を受けて比較することが大切です。最低3社を目安に比較して、高額な査定を提示する買取業者を選びましょう。

家の買取業者を利用する注意点

家の買取業者を選ぶ際には、注意すべきポイントもあります。

  • 家の買取価格は仲介の査定結果より安い
  • 新しい家の所有者は厳選できない
  • 準備なしの買取依頼で業者のいいなり
  • 転売が期待できない家は買取不可

4つの注意点を把握して、業者選びで失敗しないようにしましょう。

家の買取価格は仲介の査定結果より安い

仲介と買取を比較すると、仲介よりも買取のほうが査定結果や売却価格は安くなりやすいです。買取では不動産会社が買い取った後、リフォームやリノベーションなどをし、利益を上乗せして転売します。そのため、転売にかかる費用分が買取価格からは差し引かれています。
家の状態や業者によって査定結果の違いはありますが、仲介よりも買取のほうが1~3割程度査定価格は安くなることは覚えておきましょう。

新しい家の所有者は厳選できない

買取によって手放した家は、不動産会社が第三者に転売します。転売先が誰になるかはわからず、仲介とは違って新しい家の所有者を厳選できないことは覚えておきましょう。
買取で家を手放すと、新しい所有者が売り手の希望にそわない所有者になってしまうこともあります。愛着のある家が誰の手に渡るかわからない点は、買取のデメリットといえます。

準備なしの買取依頼で業者のいいなり

事前の準備をせずに買取を依頼してしまうと、買取の条件が業者のいいなりになって損をすることがあります。買取の場合は、不動産会社が念入りにサポートして、売主の利益を追求してくれるとは限らないため、注意しなければなりません。
買取価格には注意が必要であり、業者に言われるがままの金額でサインせずに、複数社で査定結果を比較したり、買取価格の交渉をしたりしましょう。

買取価格の交渉のため一括査定で相場を把握

買取価格の交渉をするためには、事前に自身で相場を把握しておくことが大切です。相場を把握しておくことで、不動産会社が提示する査定価格が適切かどうかを判断しやすくなります。
相場を把握するには、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定のすまいステップなら、一度の登録で複数社から仲介相場の査定を受けられます。一括査定なら1社ずつ査定を受けるよりも効率的に相場を調べられるため、価格交渉に必要な情報をスムーズに集められます。

転売が期待できない家は買取不可

どの家でも買取をしてもらえるわけではなく、転売が期待できない家だと、業者による買取もできません。再建築不可の家や仲介で売れない家でも買取なら売却可能な場合が多い点はメリットですが、すべての家が買取対象ではないことは覚えておきましょう。
リフォームやリノベーションなどをしても転売が難しいと判断されると、買取を拒否されることもあるため、買取や仲介での売却以外の処分方法を考えておくことも大切です。

家を買取業者に引き取ってもらうための基礎知識

買取業者に家を売却するにあたっては、覚えておきたい基礎知識がいくつかあります。買取の流れや売却に必要な書類、引き渡しまでにかかる費用などは頭に入れておくことが大切です。買取に必要な基礎知識を把握して、スムーズな家の売却を目指しましょう。

家を買取業者に引き取ってもらうまでの流れ

買取業者に家を引き取ってもらうまでの流れは、次の通りです。

  1. 買取査定を受ける
  2. 契約条件の確認と交渉をする
  3. 売買契約を締結する
  4. 家を引き渡す

買取をしてもらうためには、業者による査定を受けます。査定結果を確認し、不動産会社の担当者と契約条件についての交渉を行いましょう。条件に合意できたなら、売買契約を締結し、定めたスケジュールで引き渡しとなります。
仲介による売却では、査定を受けた後に物件広告を打ち出し、売却活動を行います。購入希望者が現れると内覧対応を行い、その後売却の条件交渉となりますが、買取ではこの手間がありません。買取は売却活動や内覧対応などが不要であるため、仲介よりも短期間での売却が可能です。
仲介による売却は3ヶ月から半年程度が目安ですが、買取の場合は不動産会社との契約のみで取引が成立するため、早いと1週間程度で売れることもあります。

家の買取の必要書類

家を買い取ってもらうには、次の書類が必要です。

必要書類戸建てマンション土地
登記済権利書必要必要必要
固定資産税納税通知書必要必要必要
土地測量図・境界確認書必要必要
建築確認済証必要
購入時の売買契約書・重要事項証明書任意任意任意
建築設計図書・工事記録書任意任意任意
物件の図面・設備の仕様書任意任意
マンションの管理規約・使用細則・維持費関連書類必要
耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書等任意任意

家だけではなく、土地も買取に出す場合は土地の各種書類も集めておかなければなりません。任意となっている書類は必須ではありませんが、あったほうが査定額が上がったり、買取がスムーズになったりします。そのため、任意の書類もできるだけそろえておくことがおすすめです。

家を買取業者へ引き渡すまでにかかる費用

買取業者に引き渡すまでにかかる費用は、次の通りです。

  • 印紙税
  • 抵当権抹消の登録免許税
  • 譲渡所得税

印紙税は売買契約書を作成する際にかかる、収入印紙の費用です。売買契約書に記載する金額に応じて印紙税は異なりますが、200円から1万円程度で収まることが多いでしょう。
買い取ってもらう家に抵当権が設定されている場合は、抵当権抹消のための登録免許税がかかります。登録免許税は、不動産1件に対して1,000円であり、土地と建物両方に設定されているなら土地で1,000円、建物で1,000円の合計2,000円です。
また、売却時に住宅ローンを一括返済する場合は、金融機関ごとの定めに従い、一括返済手数料や繰り上げ返済手数料がかかることもあります。売却によって利益が出た場合は、利益に対して譲渡所得税がかかります。

  • 売却価格-売却にかかった費用-不動産の取得費

上記の式で計算して、プラスが出た場合のみ譲渡所得税がかかると考えましょう。仲介による売却では、さらに仲介手数料がかかります。仲介手数料は取引金額によって上限が法律で決められていますが、数十万円から場合によっては100万円を超えることも多いです。
買取では仲介手数料が不要となるため、売却にかかる費用は安くなります。コストを削減できる分、買取価格が仲介相場より低いとしても、お得になるケースがあることは覚えておきましょう。

家の買取業者の利用に向いている人とは

次の条件に当てはまる人は、買取業者の利用が向いています。

  • 売却価格よりも売却スピードを重視したい
  • 周囲の人に知られずに家を売りたい
  • 仲介による売却が難しい家を売りたい

買取は最短1週間程度で売却できますが、仲介よりは売却価格は下がりやすいです。そのため、売却価格よりも手放すまでのスピードを重視したい人に買取は向いています。
また、物件広告を出さずに家を手放すことができるため、家を売ることを周囲の人に知られたくない場合にもおすすめです。家の状態によっては仲介では売れないこともあり、仲介での売却が難しいケースも、買取業者の利用が向いています。
買取と仲介の大きな違いは、売却価格と売れるまでのスピードです。そのため、少しでも家を高く売りたい人や、売却期間に余裕がある人は、買取ではなく仲介による売却が向いています。

家を引き渡してから後悔しないため買取業者は厳選しよう

家を業者に引き渡してから後悔しないためには、利用する買取業者を厳選することが大切です。買取業者の選び方で失敗すると、相場よりも安値で家を手放すことになったり、スムーズに買取をしてもらえなかったりする可能性があります。
買取業者を選ぶ際には、複数社で比較することが大切です。最低3社を目安に各社の提示する条件や提供しているサービスを比較して、自身に合った買取業者を見つけましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?