家の査定を受けてから売却を進めよう!相場は無料で調べられる

家を売却することになったら、まずは不動産会社による査定を受けてから、仲介の契約である媒介契約を結びます。家の売却を進めるための第一歩は、不動産会社を探して査定を受けるところから始まると言ってもいいでしょう。
不動産業界で働いているのではない限り、家の売却を考えている多くの方にとっては、売却のために不動産会社の査定を受けるのは初めての経験でしょう。査定をしてくれる不動産会社を探す方法や、どのような流れで査定が進むのかよくわからなくて不安な方も多いことでしょう。
この記事では、家の売却を検討中の方に向けて、家の査定方法にはどのようなものがあり、どのように査定を依頼すればいいのか、査定後の流れはどのように進むのか、より正確に査定してもらうためのポイントなどについて詳しく解説します

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家の査定が無料でできる3つの方法

家を売却するための査定には費用がかかるのか気になっている方もいることでしょう。家の価値を評価するための査定には、国家資格である不動産鑑定士が行う有料の査定もあります。有料の査定が必要な場合とは、相続や裁判を行う場合などです。不動産会社に仲介してもらって家を売却するだけの場合には、有料の査定は必要ありません。
家を売却するための査定は完全無料でできます。無料で不動産会社に依頼できる査定には次の3つの査定方法があります。

  • 机上査定
  • 訪問査定
  • AI査定

それぞれどのような特徴があるのか詳しくみていきましょう。

不動産会社が見積もる机上査定

机上査定とは、机の上だけで扱えるデータだけを利用して査定する方法です。家や土地などの不動産価格は立地や面積、間取りなどによって相場に傾向があります。査定の依頼者から提供された物件の築年数、間取り、面積、住所などのデータと、不動産会社が独自で保有している周辺地域の売却実績や相場の動きなどを元にして、おおよその査定額を算出します
机上査定は不動産会社の営業時間中に時間に余裕を持って依頼すれば、その日のうちに結果がわかることもあります。遅くても次の営業日には査定の結果が出ます。
実際の物件の状態を見ての査定ではないので、訪問査定に比べると正確性には劣りますが、おおよその相場の傾向などは把握できます。
ここ最近は、机上査定から派生した匿名査定も登場しています。机上査定には名前や住所、電話番号などの個人情報の提供が必要なので、個人情報の流出などを懸念して断念する方もいます。匿名査定なら、メールアドレスだけで査定を依頼できます。サイトに専用ページを作成して、その中だけで査定ができます。

家の状態を目視で確認する訪問査定

訪問査定とは、実際に不動産会社のスタッフが家まで来て、目視での調査を行った上で査定を行う方法です。通常は、机上査定を受けた後で訪問査定に進みます。
訪問査定では不動産売買のプロである不動産会社のスタッフが実際に目視で家の状態を確認した上で、机上査定での結果とも合わせて査定します。訪問査定では実際に家の状態を確認した上で査定するので、机上査定よりも査定の正確性は高まります。
訪問査定は机上査定よりも時間がかかります。実際に家まで来てもらうので、不動産会社のスタッフとスケジュールを合わせる必要があります。また、かなり細かいところまで調査した上で査定額を算出するので、訪問査定にきた日から結果が出るまでに1週間程度かかります。
しかし、実際に売却するのであれば、必ず受けておいた方がいいでしょう。特に、それぞれの家によって状態が大きく異なる一戸建ては、訪問査定を受けることが必須です。

自動的に結果が出るAI査定

ここ数年話題になっているのがAI査定です。人工知能AIに過去の不動産売買の取引の事例を学習させたり、ネット上の不動産情報を集めさせたりして、AIが自動で査定してくれるシステムを構築して、Webサイト上で査定する方法です
人の手を介さずにすべてAIが自動で査定してくれます。机上査定や訪問査定のように個人情報を提供する必要がありません。AI査定のサイトに必要なデータを入力すれば、遅くとも数分で査定結果が出ます。すぐに査定結果を知りたいときにとても便利です。
ただし、どのようなデータを元に査定しているのかによって査定の精度が大きく異なります。また、AI査定から不動産会社を探すのは難しいでしょう。
AI査定を利用するときには、おおよその売却価格の傾向を把握することを目的として利用することをおすすめします。

家の査定は複数社で比較しないと危険

家を売却したけれども、売却してからもっと高い価格で売却できたのに、もっと対応のいい不動産会社を見つければ良かった、などと後悔する方も少なくありません。家の売却で失敗する原因の多くが、不動産会社を1社だけで決めてしまうことです。
家の査定は売却価格の傾向を知るためと、仲介を依頼する不動産会社を探すための、2つの目的があります。家を売却するための査定で、不動産会社1社だけに査定をするのがどうして危険なのか、その理由と不動産業界に関する素人でもできる対策法を解説します。

不動産会社によって家の査定額に違いがある

家の査定は複数の不動産会社に依頼した方がいい理由は、不動産会社によって査定額に差が出るためです。不動産価格には決まった価格はありません。査定はそれぞれの不動産会社が定めている独自の基準に沿って行われます。
不動産会社によって査定の基準が違うので、時には全く同じ物件でも数百万円の差が査定額に出ることもあります。また、仲介の契約を取るために、相場を無視したような高額査定を出すような不動産会社もあります。
自分で周辺地域の不動産の売却相場を調べた上で、複数の不動産会社から査定を取り寄せることで、不動産会社が提示する査定額が妥当な金額かどうかを自分で判断できます。査定額を出した理由なども加味して考えることで、高額査定に惑わされることなく、最も適正な価格を付けている不動産会社を選ぶことが可能になります。

不動産会社の比較に一括査定サイトを活用しよう

家を売却するのであれば、複数の不動産会社に査定を依頼した方がいいとわかっても、どのように不動産会社を探せばいいのか困ってしまう方もいるでしょう。近くの不動産会社を1軒ずつ回ったり、電話をかけたりしたら、時間と手間ばかりがかかってしまいます。
家の売却を検討中なのであれば、不動産一括査定サイトを利用することをおすすめします。不動産一括査定サイトなら、査定の依頼者が入力した情報を元に、その物件を扱っている不動産会社へサイトの運営者が査定依頼を出し、不動産会社から机上査定の結果が届きます
一括査定サイトを利用するメリットは次の通りです。

  • 不動産会社を自分で探さなくてもいい
  • 入力作業は1回だけですむ
  • 複数の不動産会社の査定額や対応を比較できる
  • いつでもどこからでもスマホかパソコンから査定依頼を出せる

ただし、不動産一括査定サイトは匿名で利用できないという点をデメリットに感じる方もいます。連絡先の入力は必須です。

ネット上の無料一括査定サイトの選び方

ネット上で「不動産一括査定サイト」と検索すると、多くのサイトが検索結果に表示されます。どのサイトを選んだらいいのか迷う方も多いことでしょう。不動産一括査定サイトを選ぶポイントは次の通りです。

  • 売却したい家のある地域が対象エリアか
  • 売却したい家の種類(一戸建て・マンション)を対象としているか
  • 同時に査定依頼を出せる不動産会社の数

不動産の一括査定サイトの中には、都市部のマンションのみ対象にしているサイトなど、地域や種類を限定しているサイトもあります。売却したい家が対象になっているサイトを選びましょう。
また、安心して利用できるサイトかどうかを確認するために、次のポイントにも気をつけましょう。

  • サイトのセキュリティ
  • 個人情報の取り扱い
  • 提携する不動産会社をどのように選んでいるか
  • 営業電話への対応について

本当に安心して利用できる不動産一括査定サイトとしておすすめなのはすまいステップです。すまいステップなら、全国からえりすぐりの不動産会社と提携していて、迷惑な営業電話も禁止しています。査定後に仲介を依頼しなかったからと言って、営業電話に悩むことはないので安心です。

家の査定結果の精度を高める方法

中古車やブランド品であれば、買い取り店の査定結果というのは、そのまま買い取ってもらえる金額になります。家などの不動産でも、不動産会社による直接買取であれば、査定額がそのまま買い取ってもらえる金額になりますが、仲介の場合にはそうではありません。
不動産会社が提示する査定額は、「このくらいの価格なら売れるでしょう」という予測の価格です。実際に売却できた価格が査定額とは大きくズレてしまうこともよくあります。
査定額と売却価格に差が出てしまった場合には、不動産会社の査定を行ったスタッフの実力不足も否めません。しかし、売主として査定の精度を高めるための工夫はできます。売主として家の査定の精度を高めるための方法を解説します。

入力する家の情報は正確な数字を使う

不動産一括査定サイトへは、売却したい家の築年数や間取り、建物の延べ床面積、土地の面積といった物件情報を入力します。おおよその数字でも査定はできますが、より精度の高い査定結果が欲しいのなら、正確な数字を入力しましょう
また、訪問査定の時に間取り図や一戸建ての場合には土地の測量図、購入時の売買契約書や建築確認書などの書類がそろっていると、不動産会社もより正確な情報を元に査定できるので、精度の高い査定に役立ちます。
本気で家を売却するのであれば、できる限り家の正確な状況を伝えられる資料を用意しておきましょう。

訪問査定で家の状態やよさを説明する

訪問査定では、家や敷地の隅々まで不動産会社のスタッフの方が目視で調べます。このときに、目で見ただけではわからない不具合や劣化などがある場合には正直に伝えましょう。不動産の売却では売主に契約不適合責任が問われます。契約不適合責任とは、売却後に判明した不具合の責任が売主に問われるものです。
家などの不動産では、売却時に気付かなかった雨漏りやシロアリ被害などが問われます。売却時に気がつかないものは仕方がありませんが、最初からわかっている不具合は、不動産会社の方でも一緒に対応策を考えてもらえます。査定額が安くなることを心配するのではなく、正直に家の状態は伝えましょう。
また、家の状態を目視しただけではわからない家の良さというのも伝えましょう。コンビニやスーパーまで歩いて行けるのが便利、閑静な住宅街で夜は静かに過ごせる、季節の移ろいを感じられる、といったその家のメリットは、住んでいる方だからこそわかるものです。
ぜひ購入者に伝えたい、良い点があれば、それも訪問査定の時に不動産会社のスタッフに伝えておきましょう。

信頼できる不動産会社に査定を依頼する

不動産の売却価格には相場なりの適正価格があります。買取店が提示した金額でそのまま買い取ってもらえる中古車やブランド品と違います。
家を不動産会社による仲介で売却する場合には、高額査定を出してもらうことがいいのではありません。より高額で、しかも確実に売却できる適正価格を提示してもらうことが大切です。
不動産会社の中には、実際には売却できそうもない高額査定で顧客を引っ張るようなところもあります。そういった不動産会社に引っかかると、実際にはその価格では売却できずに、値下げを繰り返していくことになります。
不動産会社を選ぶときには、信頼性の高い不動産会社に査定を依頼することが大切です。信頼できる不動産会社かどうかは、その不動産会社のホームページを調べましょう。販売実績に、売却したい家と同じような物件が多いかどうか、今までの実績はどのくらいあるのか調べると、その地域で信頼されている不動産会社かどうか判断できます。
なお、すまいステップでは、提携する不動産会社を選ぶのに、不動産会社だけではなく担当するスタッフの条件も厳しく定めています。信頼できる会社の信頼できるスタッフと出会える可能性が高いのがすまいステップです。

家の査定を受けるときの注意点

家の査定を受ける時には、注意するべき点もあります。どのような点に注意した方がいいのか解説します。

査定額で家が売却できるとは限らない

不動産会社と仲介の契約である媒介契約を結び、買手を探してもらうのであれば、査定額は不動産会社が、「これくらいなら売れるだろう」と予想した価格になります。不動産会社としては3ヶ月程度で売れる価格として設定しますが、査定額が外れることもあります。
通常は購入希望者との値引き交渉が行われるので、査定額と同じ金額で売りに出すと、査定額よりも安くなってしまうこともあります。
また、3ヶ月ほどで売れないと、徐々に値下げをしていくことになります。値下げの結果査定額よりも安くなってしまうこともあります。査定額は確実に売れる価格ではない点はよく理解しておきましょう。
なお、不動産会社による直接の買取であれば査定額で買い取ってもらえます。しかし、通常は仲介手数料を支払っても、より高額での売却が可能な仲介での売却の方が、手元に残るお金は多くなります。

家の査定前にリフォームはしない

家の売却価格を引き上げる目的でリフォームしてしまう方がいますが、リフォームしたことで査定額や売却価格が上がることはありません。雨漏りや水回りの水漏れなどの不具合の修繕は必要ですが、高額なリフォームは費用をかけるだけ無駄になります。絶対にやらないようにしましょう。
家の売却相場は、立地と築年数、間取り、面積で決まります。リフォームの有無はほとんど考慮されません。リフォームよりも、家をきれいにして内覧の時の印象を良くするためのハウスクリーニングや、家の耐震性などを調べて説明できるようにするためのホームインスペクションにお金をかけることをおすすめします。

離婚での家の売却は有料の査定を受ける

家を売却する理由が離婚による財産分与である場合もあります。離婚協議がスムーズに進み、両者が家の売却にすんなりと同意して財産分与できれば問題ありません。しかし、財産分与の協議がうまく進まない場合もあります。
財産分与の協議がこじれてしまった場合には、不動産会社による無料の査定ではなく、不動産鑑定士による有料の査定を受けることをおすすめします。不動産鑑定士による査定の結果は、法的根拠のある資料として裁判でも使えます。不動産会社による無料査定の結果には、法的な根拠はないので、裁判の資料としては使えません。
より信ぴょう性が高いとされる不動産鑑定士による査定が必要な場合もあります。不動産鑑定士による査定料の相場は30万程度です。

家の査定を受けて売却するまでの流れ

家の査定を受けてから売却が完了するまでの流れもみておきましょう。査定を受けてから、売却活動を始めて、実際に家を買主に引き渡すまで、どのような流れで進むのか解説します。

決めた不動産会社と媒介契約

机上査定の後で、訪問査定をしてもらう不動産会社を決めます。訪問査定の結果で、仲介を依頼する不動産会社を決めて、媒介契約を結びます。媒介契約とは、不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらうという契約です。
媒介契約の種類には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つがあります。それぞれの違いは次の表の通りです。

 契約できる不動産会社の数契約期間仲介手数料レインズへの登録義務
一般媒介契約複数社との契約が可能3ヶ月で更新が一般的安いなし
専任媒介契約1社のみ法律で3ヶ月間と
決まっている
高額契約締結から14日以内
専属専任媒介契約1社のみ法律で3ヶ月間と
決まっている
最も高額契約締結から7日以内

専任媒介契約では、自分で見つけた買主との契約は不動産会社を介する必要はありません。契約手続きを自分で進められれば仲介手数料を節約できます。専属専任媒介契約では、自分で見つけてきた買主との契約も不動産会社を介して仲介手数料の支払いが必要です。
通常は、買主がすぐに見つかりそうな人気の物件は一般媒介契約で不動産会社同士を競わせた方が高額売却の可能性が高まります。郊外の一戸建てなど、すぐに売れそうもない物件は、1社のみとの契約方法で契約するのが一般的です。

売り出す価格を決めて購入希望者を探す

媒介契約を結んだら、売り出し価格を決めて売却活動に入ります。売り出し価格は、査定額を元にして、売主が自ら決めます。値下げ交渉が行われることを想定して、査定額よりも少し高めに設定するのが一般的です。
売却活動に入ったら、不動産会社がWebサイトやタウン誌へ物件情報を掲載したり、チラシを配布したりして、購入希望者を探します。興味を持つ人が現れたら、内覧を行います。内覧の印象で購入を決める方が多いので、掃除や片付けなどの準備をしっかりと行っておきましょう。

手続きの準備をしてから家を引き渡す

内覧に来た人が購入を決めたら、買い付け申込書が提出されます。価格交渉を行い、妥結したら売買契約の締結になります。契約に必要な書類をそろえて、契約の場につきます。
契約書にサインする前に、買主に対して宅建士から重要事項説明が行われて、契約書の締結となります。このときに、事前に口約束してあったことなどがあれば、契約書に記載されているか確認します。契約書にない場合には、双方同意の上で追加します。
契約書の内容に間違いが無ければ、サインと捺印をして契約が締結されて、手付金が支払われます。
なお、買主が住宅ローンを組んで購入する場合には、住宅ローン特約を付けます。住宅ローンの本審査は契約締結後なので、万が一通らなかった場合には、無条件で契約を破棄できるという特約です。この場合には、無条件で手付金を返金しなければいけないので、手付金には引き渡しまで絶対に手を付けないようにしましょう。
また、住宅ローンが通らなかったという理由以外でも、万が一契約が解除された場合には、違約金の支払いをどうするのか、といったことも契約時にしっかりと決めておきましょう
引き渡し日を決めたら、その日までに引越しを完了して、家を引き渡せるようにしておきます。引き渡し日になったら、売却金額から手付金を差し引いた残金を決済して、物件を引き渡して売却完了です。

家の査定を受けて最新の相場を把握しておこう

家を売却するためには、家の査定を受けることが大切です。複数の不動産会社に査定してもらうことで、家の売却相場を把握することができます。そして、売却後の資金計画を立てる必要がある場合には、より売却価格に近い精度の高い査定を受けることも大切になります。
精度の高い査定を受けるためには、売主としてやるべきことをやることと、信頼できる不動産会社に査定してもらうことが大切です。
信頼できる不動産会社を探すのであれば、すまいステップがおすすめです。ぜひ、全国からそれぞれの地域で信頼の高い不動産会社を選んで提携しているすまいステップでの一括査定から始めてみることをおすすめします。

【完全無料】うちの価格いくら?