家の査定を無料で受けて相場を把握!ネットからなら簡単に依頼できる

家の売却を検討し始めたら、まずはどのくらいの価格で売却できるのか、査定をして売却価格の相場を知ることから始めた方がいいでしょう。特に、現在住んでいる家を売却後に新しい家を購入して住み替える予定の場合には、どのくらいの価格で売却できるのかによって新しい家の資金計画が大きく左右されます。
家の査定は無料で受けられるのかどうか、心配している方もいるようです。家の査定にはいくつかの種類があり、有料で受けるものもありますが、大半が無料で受けられます。売却だけが目的の場合の不動産会社による査定であれば、完全無料で査定できます。
この記事では、家の売却を検討中の方に向けて、家の査定の種類にはどのようなものがあり、家の売却を成功させるために査定をどのように受けたらいいのか、重要なポイントについて詳しく解説します

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家の無料査定の基礎知識

まずは、家の査定とはどういったものなのか、基本的な知識をお伝えします。家を売却する時には、どのような方法で売却するのであっても、必ず何らかの形で不動産会社を通すことが一般的です。
有料になる査定もありますが、売却する目的の不動産会社による査定であれば、何社に依頼しても無料でできます。査定を依頼したからと言って、売却の仲介や買取を依頼しなくても、査定料を支払う必要はありません。
まずは、どうして家の査定は無料なのか、また無料の査定を受けるときに、家の売主として気をつけておきたいポイントについて解説します。

家の査定が無料でできる理由

不動産会社が家を査定するのにはとても手間がかかります。近隣地域の物件の相場を調べたり、訪問査定をする場合には実際にその家まで出向いて調査しなければいけません。場合によっては、査定を依頼された物件のより正確な情報を把握するために、役所で登記簿を取り寄せることも必要です。
査定を依頼されたら、不動産会社にとっては、人件費などのさまざまな経費がかかってしまいます。それでも、不動産会社が査定を無料で行うのは、査定の結果で仲介を依頼してもらい、売却を成功させれば多額の仲介手数料を手にすることができるからです。
通常は売却価格の3%から4%程度が仲介手数料として不動産会社に支払われます。家の売却価格は高額なので、3%程度の仲介手数料でも不動産会社にとっては大きな利益となります。
特に法律などで、査定を無料でしなければいけないという決まりはありません。しかし、不動産会社がどうして家の査定を無料で行うのかは、査定後の仲介手数料を得ることを目的とした営業活動の一環であるためです

無料査定の結果は不動産会社によって差が出る

家を売却する時には、査定は1つの不動産会社だけで行うのは危険だと言われています。その理由は、不動産会社によって査定価格に差があるためです。物件によっては、全く同じ物件の査定でも数百万円という差が出ることもあります
不動産会社が査定を行うときの基になるデータというのは、自社で今まで扱った物件のデータであったり、レインズなどで公的に公表されている売買情報のデータであったりします。
それぞれの不動産会社が判断基準としているデータを基に、それぞれの不動産会社のノウハウで査定金額を計算します。そのために、不動産会社によって大きな査定額の差が生じやすいのです。

査定の結果と家が売れる価格は変わる

中古車やブランド品の買取店の査定というのは、査定結果で提示された金額が、買い取り店に即買い取ってもらえる金額になります。家の売却の場合も、不動産会社による直接買い取りの場合には、査定金額が不動産会社に買い取ってもらえる金額になります。
しかし、仲介で売却する場合には査定金額で売却できるとは限りません。仲介とは、不動産会社に買主を見つけてもらい売却する方法です。査定金額で売り出しても買い手が付かずに値下げすることもあります。また、通常は買主との間で値下げ交渉が行われます。
売却できても、査定価格よりも大幅に安くなってしまうこともあることはあらかじめ理解しておいた方がいいでしょう。

有料査定との違い

家の価値を査定する方法には、不動産鑑定士が有料で行う鑑定もあります。不動産鑑定士による有料の鑑定が必要な場合とは、家を遺産相続した場合や、不動産を巡る裁判に正式な鑑定書が必要な場合です。
不動産鑑定士による鑑定書は法的に根拠のあるものとされるので、相続税を支払うときに税務署へ提出する資料や、裁判の時に裁判所へ証拠として提出する資料として利用できます。
家の売却の時には通常は必要ありません。

家の無料査定の種類と特徴

家を売却する時の不動産会社による査定は無料で受けることができるのは、ここまで解説してきたとおりです。ここからは、4つある家の無料査定方法についてみていきましょう。不動産会社が家を売却したい方に向けて提供している無料の方法には主に次の4つがあります。

  • 机上査定
  • 訪問査定
  • 匿名査定
  • AI査定

この4つの査定方法のそれぞれの特徴は次の表の通りです。

 机上査定訪問査定匿名査定AI査定
査定の正確性
査定にかかる時間1日~2日程度1週間程度1日~2日程度数分
個人情報の提供必要必要メールアドレスのみ匿名で可
査定を依頼する方法不動産会社へ直接依頼
一括査定サイト等の利用可
机上査定後に
不動産会社へ直接依頼
Webサイトへ必要事項を入力するWebサイトへ必要事項を入力する

それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

不動産会社の担当がデータから出す机上査定

机上査定というのは、査定を依頼された家の机上で扱えるデータだけを使って査定する方法です。家の住所と間取り、築年数、土地の面積などといったデータを依頼主から提供してもらい、近隣地域の似たような物件の相場や、過去の取引事例などといったデータを基に査定額を算出します。
一戸建てでもマンションでも、不動産の相場は立地と面積、築年数などでおおよその傾向が決まるので、実際に売れる価格と大きな差が出ることはめったにありません。
しかし、実際の物件を見て調査するわけではないので、正確性の面では訪問調査には劣ります。机上査定の依頼方法は、不動産会社に直接電話をしたり、ホームページのお問い合わせフォームから送信したりします。不動産一括査定サイトの利用で複数の不動産会社からの机上査定を無料で簡単に取り寄せることもできます。
不動産会社の営業時間終了までに余裕のある時間帯に連絡をすれば、当日中の査定も可能です。

担当が家の状態を見る訪問査定

訪問査定とは、不動産会社のスタッフが実際に家まで来て、細かいところを目視で調査した上で査定額を算出する査定方法です。通常は机上査定の結果から訪問査定を依頼するか決めます。いきなり訪問査定から始めることはありません。
不動産売却のプロが実際に目で見て調査した上で査定額を算出するので、机上査定よりもより正確な査定額を算出できます。特に、築年数が10年以上の一戸建ての場合には、同じ築年数でも物件によって状態が大きく変わってきます。売却前には訪問査定は欠かすことはできません。
訪問査定は依頼してからスケジュールを合わせてきてもらうのに数日、訪問査定から結果が出るのにさらに1週間ほどかかります。

不動産会社に個人情報を知られない匿名査定

机上査定や訪問査定は匿名で査定を受けることはできません。住所や電話番号、本名といった個人情報の提供が必要です。電話番号を教えると、後から不動産会社から営業電話がたくさんかかってくることもあるので、査定を依頼することを躊躇してしまう方もたくさんいます。
そこで、ここ最近注目されているのが匿名査定です。匿名査定とは、メールアドレスだけで査定できる方法です。匿名査定のサイトで申し込むと、専用のページが作成されてそこで査定結果をすべて見ることができます。個人情報の流出や営業電話に悩む必要はありません。
ただし、査定をする側も物件そのものの状況を正確に把握しにくいので、正確性には欠けます。おおよその傾向として把握するのに利用することをおすすめします。

その場で結果がわかるAI査定

Webサイトに物件情報を入力するだけで、数分で査定結果を得られるのがAI査定です。AI査定とは、人工知能AIに今までの不動産の取引事例を数多く学習させて、査定依頼があるとその場でAIが査定するようにしたシステムを使った査定方法です。
長くても入力してから数分以内には査定結果がわかるので、スピード感はずば抜けています。また、個人情報の提供は一切必要ありません。
しかし、AIに学習させているデータがどのようなものなのかによって、サイトによって査定額の精度が大きく違います。おおよその傾向の把握はできますが、正確性はあまり期待できません。

家の査定を無料で依頼するときのポイント

家の売却を検討中の査定は無料で受けることができます。本気で売却するつもりなら、机上査定からの訪問査定が最もおすすめな査定方法です。無料の机上査定を受ける時には、満足できる売却を成功させるために気をつけるべきポイントがあります。こちらでは、その査定を受ける時のポイントについて解説します。

査定の依頼は必ず複数社に出す

机上査定の依頼は必ず複数の不動産会社に出しましょう。複数の不動産会社の査定額や査定金額の理由、スタッフの対応などを比較して、仲介や買取を依頼する不動産会社を決めることをおすすめします。
1社だけに査定を依頼して決めてしまうと、査定額が妥当ではなかったり、スタッフの対応があまり良くなかったりすることがあります。中には、仲介手数料だけを目的として、実際には売却が難しいような高額査定を出してくる不動産会社もいます。
買手側もしっかりと周辺相場を勉強しているので、相場を無視した高額物件はなかなか売れません。値引きを繰り返していくうちに、問題のある物件だと思われるようになってしまって、最終的に相場以下の価格でしか売却できないこともあります。
複数の不動産会社を比較できれば、そのような不動産会社選びに失敗することはありません。ぜひ複数の不動産会社に机上査定を依頼しましょう。とはいえ、1軒1軒不動産会社を回るのは大変です。
複数の不動産会社に机上査定を依頼するのなら、不動産の一括査定サイトのすまいステップがおすすめです。悪徳業者を排除する努力を重ねているサイトで、全国から選りすぐった良心的な不動産会社の、エース級の営業担当者が対応してくれます。安心して家の売却をお任せできる不動産会社と出会えるすまいステップを利用してみましょう。

訪問査定で隠し事をしない

一戸建てでもマンションでも、長年住んでいればさまざまな不具合が出てきます。訪問査定ではプロの不動産会社のスタッフが細かく調査しますが、目視での調査になるのですべては把握しきれません。
もしも、自分で把握している何らかの不具合があるようなら、訪問査定の時に正直に伝えましょう。トラブルを伝えることで査定額が下がってしまう可能性はあります。しかし、売却後に物件にトラブルが発覚すると、契約不適合責任を問われる事態になってしまいます。
売主も不動産会社も気付かなかった瑕疵は仕方がありませんが、わかっていて黙っていた場合にはより悪質です。賠償額にも影響する可能性があります。そうした事態を避けるためにも、家の不具合はわかっているだけでもしっかりと伝えましょう。
また、家の状態に不安を感じるのであれば、ホームインスペクション(住宅診断)を受けておくとより安心です。

査定前に家のリフォームをしない

家の査定額を上げる目的で、売却を予定している家を査定前にリフォームをする方がいます。家の売却相場は立地と築年数と家の大きさで決まります。リフォームの有無はあまり売却価格には影響しません。多額のお金をかけてリフォームをしてもその分だけ査定額や売却価格が上がるわけではありません
また、買主の中には、中古住宅を購入後に好きなようにリフォームしたいという方もいます。中には、家の柱だけを残して全部壊すスケルトンリフォームをする方もいます。せっかくリフォームしても、買主がすぐにリフォームしたら無駄になってしまいます。
リフォームは必要があれば買主が購入後にします。絶対に査定や売却の前にリフォームをしてはいけません。
ただし、適正価格で売却するためには家の印象を良くすることは大切です。掃除や片付け、庭木の剪定などをしっかりと行い、訪問査定や購入希望者が内覧に来たときには、いい印象を持ってもらえるようにしておきましょう。また、雨漏りや水廻りの不具合など、生活する上での不具合が生じている場合には、できる限り補修しておきましょう。

不動産会社の対応もチェックしておく

家を不動産会社による仲介で売却する場合には、売却金額だけで媒介契約(仲介の契約)を結ぶ不動産会社を選ばないようにしましょう。不動産会社の中には、仲介手数料が欲しいがために、実際には売れないような高額査定を出すところもあります。
事前に近隣地域の相場を調べておき、相場とかけ離れた高額な金額を提示してきた不動産会社は選ばないほうが無難です。査定額も大切ですが、金額以外の部分もしっかりとチェックすることが大切です。不動産会社を選ぶときには、査定額の根拠が明確か、質問への返事が適切か、話をしっかり聞いてくれるか、説明はわかりやすくて的を射ているか、仲介を依頼する前に不動産会社やスタッフの対応も総合的に判断しましょう。

仲介の依頼予定のない不動産会社からの営業は断る

複数の不動産会社に仲介を依頼できる一般媒介契約以外の、専任媒介契約と専属専任媒介契約では、1社だけとしか契約できません。複数の不動産会社に訪問査定までしてもらっても、媒介契約を結べない不動産会社も出てきます。
しかし、不動産会社によっては営業電話がしつこい会社もあります。その理由は、不動産会社としては媒介契約を結んでもらって、売却を成功させないと利益となる仲介手数料が1円も入ってこないためです。
しかし、すべての不動産会社とは契約できません。営業電話がしつこい会社からの営業ははっきりと断るようにしましょう。なお、すまいステップであれば提携している不動産会社に利用者が不快に思うような営業電話を禁じているので安心です。

無料の一括査定サイトの選び方

家を売却するときには、売却できそうな金額を査定してもらうのにも、良心的な不動産会社と出会うためにも、不動産一括査定サイトを利用して机上査定を依頼することから始めることをおすすめします。
とはいえ、不動産一括査定サイトもいろいろとあるので、どのサイトを選んだらいいのかわからないという方もいるでしょう。こちらでは、不動産一括査定サイトの選び方を解説します。

査定の対応が可能なエリアの広さ

不動産一括査定サイトには、一戸建てでもマンションでも物件の種類を問わずに全国対応しているサイトと、都市部のマンション専用サイトなど、エリアや物件の種類を限定しているサイトがあります。
売りたい家のある地域や、家の種類に対応している一括査定サイトを選びましょう。サイトのトップページに対応地域や扱っている物件の種類が必ず書いてあるのでそちらをしっかりと確認しましょう。

登録されている不動産会社の質

不動産一括査定サイトの仕組みとは、依頼者からの査定依頼があれば、サイトが提携している不動産会社へサイトから依頼する、というものです。
そこで、どのようなポイントで不動産会社を集めているサイトなのかをよく確認しましょう。サイトによっては、登録している不動産会社の数だけを競っているサイトもあります。
数だけが多くても、質の悪い不動産会社も混ざっているようでは、安心して利用できません。クレームの内容によっては容赦なく提携を解除するサイトや、登録するに当たって厳しい条件を設けているサイトを選ぶと、質の高い不動産会社と出会える可能性が高まります
不動産会社に求める基準のあるサイトは、必ずサイト内にそのサイトのポリシーとして記載されているはずです。そういったものがサイト内にあるかどうかをしっかりと確認しましょう。

安心して個人情報を入力できるか

不動産一括査定サイトには個人情報を入力するので、個人情報の流出や悪用が心配だという方もいます。サイトが安心して利用できるか、入力した個人情報をどのように扱うのかも不動産一括査定サイトを利用する前にチェックしましょう
サイトはSSL化(暗号化)されているかどうかで、ネット上で情報が流出する危険性がないかどうかを判断できます。サイトのURLがSSL化されていることを意味するhttpsで始まるかどうかを確認しましょう。
また、サイト側で収集して不動産会社へ提供する個人情報をどのように扱うのか、プライバシーポリシーも確認しておきましょう。できることなら、個人情報を適切に扱っていることを表すプライバシーマークを取得しているサイトを選ぶとより安心です。

家の査定は基本的に無料で利用でき、複数社の比較で相場がわかる

この記事では、家を売却する時には、査定は無料で受けられるのかどうか、査定を受ける時にはどのような点に気をつければいいのか、詳しく解説しました。家の売却は査定から始まるので、いい不動産会社と出会って、適切な査定を受けられるかどうかは、家の売却を成功させられるかどうかにかかっています
実際に、家の売却後にもっと高額での売却の可能性もあったことを知って、後悔ばかりが残ることも少なくありません。100%満足することは難しくても、できるだけ後悔の少ない、より満足できる売却ができるかどうかは、査定からの不動産会社選びにかかっています。
家の査定を何社から受けても無料です。それであれば、良心的な不動産会社の査定を最大4社まで受けられるすまいステップがおすすめです。ぜひ、あなたの大切な家の売却をお任せできる、良心的で優秀なスタッフと出会えるすまいステップで一度査定をしてみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?