家売却はどこがいいの?不動産会社を選ぶポイントについて知ろう

家を売却するのは、簡単なことではありません。買手を見つけて、価格交渉をして、さまざまな手続きをして、書類をたくさん書いて、と多くの手順を踏まなければいけません。とても大変な家の売却を成功させるためには、仲介を依頼する不動産会社選びをしっかりとしなければいけません。
しかし、普段、不動産業界とは縁が無い世界で生活している方が多いので、実際に自分の家を売ろうと思っても、不動産会社はどこがいいのかよくわからないという方がほとんどです。
不動産会社には大きく分けると全国規模で展開している大手と、地元密着の中小規模の不動産会社があります。どちらを選んだらいいのかは、家の種類などによって変わります。この記事では、初めて家を売却しようとしている方のために、大手の不動産会社がいいのか、地元密着の中小がいいのか、選び方のポイントをわかりやすく解説します

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家売却での不動産会社選びのポイント

家を売却するための仲介を依頼する不動産会社はどのように選んだらいいのか、選び方のポイントを解説します。ポイントは次のように4つあります。

  • 家から遠すぎない
  • 会社実績が豊富
  • 親身に対応してくれる
  • 複数査定をしてもらう

それぞれ詳しく解説します。

家から遠すぎない会社

まずは不動産会社のある地域です。特に、現在住んでいる場所と売却したい家のある場所が離れている場合には、現住所と売却したい家のある地域のどちらで探したらいいのか悩んでしまう方もいることでしょう。
不動産会社のある地域は、売却する家の近隣地域で必ず見つけましょう。おそらく、全国展開している大手不動産会社なら、現住所の地域で依頼しても、引き受けてはくれるはずです。しかし、大手にお願いする場合でも、売却する家の近隣の支店に依頼した方が無難です。
その理由は、家などの不動産の価格には地域差があるためです。大手であっても中小であっても、ある程度その地域の相場や事情に精通していないと、適正な価格での査定ができません
また、訪問査定や内覧対応などに来てもらうときに、遠方の会社に依頼すると出張料を請求される可能性もあります。売却したい物件の近隣地域の会社であれば、何かあっても無料ですぐに駆けつけてくれるので安心して任せられます。

実績が豊富

不動産会社には物件の種類によって得意不得意が必ずあります。マンションが得意な会社もあれば、一戸建てや土地の取引が得意な会社もあります。自分が売りたい家と同じ種類の物件の売買が得意な会社に依頼することが大切です。
現在は、ほぼすべての不動産会社がホームページを開設しています。そちらに販売実績が掲載されていたら、どの地域でどのような物件をより多く扱っているのかを調べます。また、不動産会社の営業担当に、最近どのような物件を扱ったのか聞いてみるのもいいでしょう。
売却したい家のある地域で、マンションを売却するのであればマンションの売却の実績が豊富な会社を、一戸建てなら一戸建ての実績が豊富な不動産会社を選ぶことが、確実に売りたい家を売るためのコツです。

親身に対応してくれる

家を売却するのは、かなりの時間がかかります。一般的な仲介で売却する場合には、最低でも3ヶ月、長ければ6ヶ月以上かかることもあります。なかなか売却できないときには、不動産会社を変更することもできますが、できることなら同じ不動産会社を信頼して長くお付き合いできた方が気が楽です。
時として半年以上のお付き合いになるかもしれない不動産会社なので、親身になって対応してくれるところを選びたいものです。質問したときの対応や、わかりやすく説明してくれるかといった顧客への対応力や、不動産会社へ行ってみてスタッフ同士のコミュニケーションの様子などを見て、信頼できて親身になってくれそうなところかどうかを確認してみましょう。

複数査定をしてもらう

一つの不動産会社だけで決めてしまうのはおすすめできません。複数の不動産会社を比較して、自分と最も相性のいい不動産会社を選ぶことが大切です。
一つの不動産会社の査定だけで決めてしまうと、本来はもっと高額な価格で売却できたはずなのに、ということが起こる可能性もあります。大切な家を売るわけですから、複数の不動産会社に査定をしてもらい、実際に電話やメールなどでやりとりをしてみて、信頼できる会社を選ぶことが大切です
複数の不動産会社に査定を依頼する場合には、すまいステップというサイトを利用するといいでしょう。すまいステップでは、信頼できる営業担当者が査定に当たります。迷惑な営業電話を何度もかけるような対応も絶対にないので安心です。

大手不動産会社のメリット

どこの不動産会社がいいのかは、それぞれの地域に多くの不動産会社があるので、この記事で具体的な会社名を挙げることはできません。しかし、不動産会社は大別すると全国展開している大手企業と、地域密着の中小企業があります。それぞれの違いについてここから見ていきましょう。まずは全国対応している大手企業の不動産会社のメリットです。

宣伝力がある

家を売却するときには、買手をとにかく見つけなければいけません。買手を見つけるための宣伝活動というのは、チラシをポスティングで配ったり、不動産情報サイトやタウン誌に掲載したりといった地道なものです。
宣伝力を考えると、中小の不動産会社を比べて大手の不動産会社の方が、大きな宣伝力があります。テレビCMやネット広告をたくさん出している会社もあるので、Webサイトへの訪問者数もたくさんです。
全国に支店があるので、そのネットワークを駆使して、遠方に住んでいる購入希望者を見つけることもできます。強力な宣伝力を生かせるのは、大手の大きなメリットです。

情報を豊富に持っている

例えば、9月からの異動で引っ越し先に家が欲しいという場合、異動先が遠方で自分であらかじめ新居を探しに行けない場合には、近所にある全国展開している大手不動産会社の支店で探すでしょう。
中小の不動産会社であれば、直接来店できる購入希望者の情報しか得られませんが、大手であればこのような遠方の購入希望者の情報も得ることができます。全国展開してる大手企業ならではのネットワークの強みを生かせるのも、大手の不動産会社の大きなメリットです。
また、大手の不動産会社は大手の力を活かしてインターネットの活用に力を入れています。どこからでも簡単に家を探している地域の物件を検索できるサイトを構築しています。ネットから得られる顧客情報も大手企業なら期待できます。

充実したサービス

大手の不動産会社の中には、他社と差別化するためにさまざまなサービスを展開しているところもあります。例えば、仲介を依頼する段階になったら、より高額で売却できるように次のようなサービスを無料もしくは格安で行ってくれることがあります。

  • ハウスクリーニング
  • 修繕
  • ホームインスペクション(住宅診断)

物件に興味を持ってくれた人が購入を決めるかどうかは、内覧の時の印象がとても大きな要因になります。ハウスクリーニングや修繕が必要な箇所の補修は、内覧時の印象をよくするために欠かせないものです。
また、一戸建ての場合には家の耐震性なども気になるポイントです。ホームインスペクションを事前に受けておいて、その結果を説明できれば、購入希望者の印象もよくなるでしょう。

大手不動産会社のデメリット

逆に全国展開している大手の不動産会社だからこそのデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

対応がドライに感じることもある

全国展開している不動産会社の担当者は対応が冷たいと感じる方も多いようです。その理由は、中小の不動産会社よりも1人の担当者が受け持つ案件が多く、1つ1つにそれほど丁寧に対応していられないために、対応が雑だと感じてしまうようです。
また、全国にたくさんいる社員の対応を一定レベルに保つためのマニュアルが必ず大手にはあります。どの担当者に当たっても、外れの人はいない代わりに、マニュアル通りの対応に違和感を覚える方も少なくありません。
また、一つ一つの物件の個別の事情は、中小と比べると大手はあまりくんでくれません。そういった点も、ドライと感じてしまう方が多いようです。

両手仲介の可能性

大手の不動産会社は一つ一つの案件で確実に利益を出すことを、支店や社員に強く求めます。そのために、会社や支店の利益を増やすために、案件を囲い込んで両手仲介してしまうこともよくあります。
両手仲介とは、売却の仲介手数料も購入の仲介手数料も自分の会社だけで独占することです。本来、不動産の売却情報は、その物件を本当に必要としている人の手に渡るようにするために、公開しなければいけません。物件情報を公開しなければ、他の不動産会社で物件を探している人の目に留まらないからです。
しかし、両手仲介を狙う不動産会社は自社の中で購入者も探そうとします。そうすると、購入者のターゲットが狭くなってしまうために、本来売却できた価格よりも安くなってしまう危険性があります。
両手仲介を見破るのは素人には難しいのですが、売り出したらどのような売却活動をしているのか、定期的に必ず報告をもらいましょう。売却活動の割に問い合わせ件数が少ない場合には、両手仲介の可能性を疑いましょう。そして3ヶ月の媒介契約の期間終了時に他の不動産会社に変更した方がいいでしょう。

エリアの事情に精通していない

大手不動産会社の社員は数年で転勤します。エリア限定社員でなければ通常は、全国の支店を渡り歩くのが普通です。転勤先の地域の事情に合わせた対応ができるようになった頃に、次の支店へと配属されてしまいます。
不動産の売買にはそれぞれの地域に特有の事情があります。特に地方は、マニュアル的な対応だけでは対応できないことも多くあります。
大手の不動産会社は地域の事情に精通していないことが多いために、特に、地域差が大きな一戸建てや土地の売却には向いていないことがあります

地元中小不動産会社のメリット

次に、地元密着型の中小の不動産会社にはどのようなメリットがあるのか解説します。中小は会社の規模や対応できる地域は全国規模の大手企業には当然及びません。しかし、地元密着で長年経営してきたからこそのメリットがあります。

地元の情報を豊富に持っている

不動産の売買には、それぞれの地域の事情や特性が強く反映されます。地方であっても都市部のマンションにはそれほど大きな地域差は生じませんが、一戸建てや土地の取引にはその地域に関する情報に精通している、地域密着型の不動産会社の方が有利です。
長年その地域密着で経営している不動産会社には、その地域ならではの情報が集まってきます。また、どのくらいの価格であれば売却しやすいかという、その土地ならではの相場も把握しています。
全国規模の大手とは違い、地域に根ざしたネットワークも構築できているのも大きな強みです。特に、一戸建ての売却を検討しているのなら、地元密着の中小規模の不動産会社を当たってみることをおすすめします。

柔軟な対応がしやすい

大手の不動産会社は多くの支店や社員を抱えているので、どうしても会社全体のルールにしばられてしまい画一的な対応になりがちです。顧客の個人個人の事情をくんだきめ細かい対応がしにくいところがどうしてもあります。
一方の中小規模の不動産会社の場合には、大手の不動産会社よりも一人一人のスタッフに任されている裁量の範囲が広いのが一般的です。顧客の事情をくんだ、柔軟な対応をしてもらえる可能性がより高いのは中小の不動産会社の方です。

地元ならではの人脈で買い主を見つけられる

地域密着型の不動産会社には、独自の人脈で買主を見つけてくれるところもあります。その地域の資産家や事業家などが、条件に合う物件が見つかったら教えてほしいと依頼している場合もあります。
もしも、売却したい家がそうした条件に合う物件であれば、優先的に仲介してもらえる可能性もあります。地元ならではの独自の人脈を構築している地域密着型の不動産ならではのメリットです。

地元中小不動産会社のデメリット

以上のようなメリットがあるとはいえ、大手の不動産会社と比較すると、中小の不動産会社にはデメリットもあります。中小の不動産会社のデメリットも理解しておきましょう。

会社によって力の差がある

大手の不動産会社の営業力やスタッフの質は、どこの不動産会社にお願いしてもだいたい同じようなレベルです。一人一人のスタッフの力量に差はあっても、徹底した研修により一定レベルを保っています。
しかし、中小規模の不動産会社では会社によって営業力に大きな差があります。会社の規模も、ある程度のスタッフを抱えて、支店も複数持っているような中規模の会社もあれば、家族経営の個人商店のような規模のところもあります。
社員研修なども大手ほど充実していないところもあり、スタッフ個人の営業力や対応力にも大きな差が出てしまいます。
中小だと不動産会社によって、得意としているエリアや物件の種類が全く違う場合もあります。もしも、売却を依頼した不動産会社が苦手としている種類の物件であれば、なかなか売れなかったり、本来売れるはずの金額よりも安くなってしまう可能性もあります。
売りたい家を扱うのが得意ではない不動産会社を選ばないようにするためには、近所の評判を調べたり、どのような物件を扱っているのか事前にホームページで調べておきましょう。

宣伝が弱い

ここ最近では、一戸建てやマンションを探すのもインターネットを使う方が増えています。大手の不動産会社であれば、豊富な資金と人材を使って、総合的に不動産売買情報をまとめて、地域や間取りなどで検索できるポータルサイトを構築しています。
しかし、中小の不動産会社では、自社のホームページは開設していても、売買情報を総合的にまとめているポータルサイトの構築まではなかなか手が回りません。
売却したい家の宣伝は、不動産会社のホームページへの掲載や、チラシの配布程度にとどまってしまいます。中小では大手のように広く宣伝することができないために、買主を探せる範囲も狭くなってしまいます

特定地域以外での活動が弱い

中小規模の地域密着型不動産会はあくまでも地域密着です。その地域内での信頼性や営業力は大手と比較してもかなり高いのですが、エリアを外れるとその力を発揮できなくなります。
買主を見つけるときでも、普段営業しているエリア内での営業や宣伝にとどまることも多く、エリア外で買主を見つけることができません
しかし、遠方からの引越しを考えている方もいるので、エリア外に購入希望者がいる可能性もあります。そうした購入者を中小では逃してしまうことも考えられます。

ケース別の選び方

家の売却の仲介を依頼する不動産会社はどこを選ぶのがいいのか、全国規模の大手がいいのか、地域密着型の中小がいいのか、どちらを選んだらいいのか、悩んでいる方もいるでしょう。実は、家を売却するときには、全国規模の大手が向いているケースと、地域密着型の中小が向いているケースがあります。それぞれ、どのような場合にどちらが向いているのか、この記事の最後に詳しく解説します。

大手が向いているケース

全国展開している大手の不動産会社に売却の仲介を依頼した方がいいケースとは、大きく分けると売りやすい物件を依頼する場合と、高額な物件を売却する場合、住んでいる地域と売却したい家が大きく離れている場合です
売りやすい物件とは、不動産の需要が高くすぐに売却が見込める地域や、都市部で人気のエリア、築浅の物件などです。
売りやすい物件であれば営業力のある大手の不動産会社数社と一般媒介契約(複数の不動産会社と契約できる媒介契約)を結ぶことで、不動産会社同士を競わせることで、より高額での売却が見込めます。
また、高額な物件の場合には、中小の不動産会社で扱っているエリア内だけでは購入者を見つけるのが難しいこともあります。大手に依頼して、全国規模で探すことで、購入者が見つかる可能性が高まります。
現在、住んでいる地域から遠く離れた場所の家を売却する場合には、住んでいるエリアにも、売却したい物件のあるエリアにも支店がある大手の方が安心です。何か困ったことがあっても、遠方までその都度行かずに、住んでいえるエリアの支店に直接相談しやすいというメリットがあります。

中小が向いているケース

地域密着の中小の不動産会社が向いているケースとは、郊外にある家や、あまり高額での売却が期待できない家です。大手が扱っている物件は、都市部の駅近物件など、比較的高額で売却しやすい物件が多く、駅から少し離れた郊外の家などはあまり扱いません。
大手が普段、営業していなかったり、依頼されてもあまり本気で扱ってくれそうもない物件は、地域密着の中小の不動産会社に依頼した方がいいでしょう。地域密着型の不動産会社であれば、大手とは違う地元の情報をしっかりと持っています。
なかなか売りにくい物件であっても、独自のネットワークを駆使して買手を見つけてくれる可能性があります。また、その地域ならではの、その物件のメリットも見つけてくれます。
ここで、現在住んでいる地域から離れた、遠方の売りにくい実家を売りたい場合には、大手と中小のどちらがいいのか、疑問に思う方もいるでしょう。
現在住んでいる地域と離れた地域の場合には、どちらの地域にも支店がある大手の方が何かと安心です。しかし、大手では売りにくい物件もあります。
時間に余裕があるのなら、最初は大手に依頼して、半年たっても売れないようなら、売りたい家のある地域の地元密着型の不動産会社に相談してみるといいでしょう。
相続税の申告などで売りたい期限が決まっている場合には、地元密着型の不動産会社に最初から相談することをおすすめします。

まとめ:家の売却は家の物件の特徴に合わせた不動産会社選びをしよう

この記事では、家を売るときにはどこの不動産会社を選んだらいいのか、全国規模の大手と地元密着の中小を比較して解説しました。どちらがいいのかは、売りたい家の状況に応じてそれぞれ違います。大手と中小では得意とする物件の種類が違うので、売りたい家の状況をしっかりと把握した上で判断しましょう
とはいえ、仲介を依頼する不動産会社を見つけるのはかなり大変な作業です。不動産会社はどこがいいのか悩んだときには、全国どこの地域でも良心的な対応ができて、営業力のある不動産会社を見つけられるすまいステップを利用してみましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?