不動産売却にかかる期間は?早く売るためのポイントを解説

不動産の売却はできるだけ早めに完了させたいという人が多いでしょう。売却したい不動産が長い間売れずに残っているとあまりよい印象がつかないだけでなく最終的には値下げをしなくてはならないケースも出てきます。
この記事では不動産売却にかかる期間と早く売るためのポイントについて解説します。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

不動産売却にかかる期間

不動産の売却には一般的にどの程度の期間が必要なのでしょうか。できるだけ早く不動産を売却するためには売却にかかる期間の平均を知っておくことが必要です。

平均で3~6ヶ月

不動産売却は売却を検討しはじめてから成約が完了するまでおおよそ平均で3〜6ヶ月が必要とされています。あくまでも目安ではありますが、3ヶ月の差はかなり大きいといえるでしょう。
これは不動産の状態や条件、エリア、周辺環境、売却時期など状況によって売却完了までの期間が大きく変動するからです。
たとえば商業施設や駅の近くなど、利便性の高いエリアにある不動産は売れやすい傾向にあります。売却時期に関しては需要が高まる3〜4月など引越しや転勤シーズンにあわせると売れやすい点が特徴です。
このようにさまざまな条件によって不動産売却にかかる期間は変動するということは理解しておきましょう。

マンションの場合は早くて2ヶ月

不動産売却では売却したい不動産の種類によって売却期間が異なることも多くあります。戸建てとマンションを比較するとマンションのほうが比較的早く売却できる可能性が高い点が特徴です。
戸建ての場合は隣家との境界線を明確にするための測量などに時間がかかるためこれらが必要ないマンションの場合は2ヶ月で売却できるケースもあります。

不動産売却の流れ

売却を検討している不動産がある場合には、簡単でも構わないので売却完了までの全体の流れを掴んでおくことをおすすめします。検討開始から売買契約までの一連の流れを理解しておくとスケジュールを組みやすく、次に取るべき行動にもスムーズに進むことができるでしょう。

不動産の相場を確認する

不動産の売却をしようと決めたらまずは売却したい不動産の相場を自分で調べてみましょう。自分で相場を調べる作業は必要です。不動産ポータルサイトなどを活用して同条件または似たような条件の不動産がどの程度の売り出し価格かを調べてみましょう。
不動産会社の査定前に自分で適正価格を理解しておくことは査定で損をしないために大切な作業です。不動産会社のなかには残念ながら悪徳な業者もいます。そのため損をしたりトラブルに巻き込まれないたりしないためにも事前準備を念入りに行いましょう。

不動産査定を依頼する

希望の売り出し価格を決定したら、次は不動産会社に査定を依頼します。査定の依頼は複数の不動産会社に行うことがおすすめです。自分で最寄りの不動産会社に足を運んだり、チラシを参考に不動産会社を探すという人もいるでしょう。
これももちろんよい方法です。ただし、忙しい人にとって何軒もの不動産会社に足を運んでその度に売却したい不動産のことを説明するのは大変な作業になります。時間も労力もかなり必要です。査定を依頼するだけでかなりの期間を用してしまうことが考えられるでしょう。
こうした場合には不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。不動産一括査定サイトではインターネット上で一度売却したい不動産の情報を入力しただけで一度で複数社に査定を依頼することが可能な点が特徴です。
不動産一括査定サイトで査定を依頼するとそれぞれの会社からメールや電話が来るようになるでしょう。これらの対応には時間がそれなりに必要です。ひと通りの査定額を把握したらできるだけ早いタイミングで訪問査定を依頼する不動産会社を数社に絞りましょう。
一括査定サイトは机上査定という形で、データだけを参考に査定を行う簡易査定です。簡易査定で出された査定額をより正確に算出してもらうには訪問査定がおすすめです。
訪問査定は、不動産会社のスタッフが不動産の調査を行い正確な査定額を算出するため、より正確な売り出し金額を検討することができるでしょう。この際、気をつけたいのはできるだけ相場に近い価格で、査定額の根拠をしっかり説明できる不動産会社を選ぶということです。
査定から不動産会社の決定までは早くて2週間、長くても1ヶ月以内に済ませるようにしましょう。

売却活動を始める 

不動産会社を1社に絞ったら媒介契約を結びます。媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類がある点に注意しましょう。それぞれの特徴は次の表のとおりです。

 一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
他社との契約××
自己発見取引×
依頼主への報告義務義務なし2週間に1回以上1週間に1回以上
指定流通機構への登録義務なし7営業日以内5営業日以内

どの媒介契約を結ぶかは個人の自由です。そのため契約内容をしっかりと確認してどの契約を結ぶかを決定しましょう。
媒介契約が成立したら不動産会社は売却する不動産に対する売却活動をスタートします。売却活動では不動産会社が自社のホームページに物件情報を掲載したり指定流通機構に登録したりして情報を開示することから始めることが一般的です。
これ以外にもチラシを配布したり内覧会を開催したりすることもあります。売却活動はおおよそ3〜6ヶ月の期間を目安にしておくとよいでしょう。6ヶ月以上経過しても売却できない場合には売り出し価格の値下げを検討しなくてはならないケースも出てきます。
そのため最初の段階で売却価格の値下げがどこまで可能かも決めておくと慌てることなく対応できるでしょう。

売買契約を締結する

売却活動の結果として買主が決まった場合には売買契約を締結することになります。不動産会社に仲介してもらい売却価格を決定しましょう。そのうえで売買契約書を作成します。契約内容をすべて売主、買主の双方が確認しながら作成するのが一般的な方法です。
これと同時に行われるのは買主側の住宅ローンの事前審査です。買主がローンの審査に通らなかった場合には契約が中断することになるため事前に行うことが大切です。
売買契約を行う際には契約内容をしっかりと確認しましょう。一度契約してしまうと契約解除をすることは難しくなります。売主の個人的な事情で契約解除ということになると不動産売買代金の10〜20%の違約金の支払いが求められることもあると理解しておきましょう。
基本的には次のような項目をよくチェックすることをおすすめします。

  • 自分が希望している条件が記載されているか
  • 自分にとって無理や不利になる記載がないか
  • 不明確な条件は記載されていないか

こうした点をしっかりと確認したうえで契約を締結しましょう。引き渡しが完了するまでには2週間〜1ヶ月ほどの時間が必要になると考えておく必要があります。

不動産を早く売却するためのポイント

不動産の売却はできるだけ早く完結したいと考える人が多いでしょう。できるだけ早く不動産を売却するにはポイントをおさえる必要があります。何も考えずにすべてを不動産会社任せにしてしまうと場合によっては損をしたりなかなか売れなかったりすることもあるでしょう。

販売価格の値下げを検討する

売主としてはできるだけ高く売りたい、その反面で買主としてはできるだけ安く買いたいという気持ちが生じるのが不動産売買です。不動産の売り出し価格を提示していても買主から価格交渉が行われることもあります。ここで重要となるのは最終的に売値を決めるのは売主だという点です。
そのため、売主側は売り出し価格を決める最初の段階で、どこまでなら値段を下げられるかも同時に決めておくことをおすすめします。値下げをする場合にはタイミングも重要です。まだ売り出してまもない状態で大幅に値下げしてしまうと損をする可能性が高くなります。
そのため、この場合にはもう少し様子をみれば売り出し価格で購入してくれる買主があわられる可能性を考えて、交渉を待ってもらうことも必要です。
逆に売却開始から1年近く経過している場合には値下げを検討しましょう。ここで交渉が決裂すると売却できなくなってしまう可能性が出てくるため、値下げできる範囲での価格交渉を行うようにすることをおすすめします。
もしも売り出し価格をチャレンジ価格で高めに設定している場合には、適正価格に戻すというのもひとつの方法です。

不動産会社を変更する

売却活動を開始してもなかなか売却できないときは、どのような売却活動を行っているのかを不動産会社に確認してみましょう。もしも不動産会社に十分な販売活動がしてもらえていない場合には、契約期間の満了とともに不動産会社との契約を見直したりほかの会社に変更することも検討してみるのもひとつです。
不動産会社との媒介契約は一般的には3ヶ月とされています。3ヶ月単位で売却状況をしっかり確認することも必要です。

不動産会社に買取を依頼する

不動産の売却には平均で6ヶ月ほど必要とされています。どうしても早く売りたい事情がある、価格よりも早く売ることを優先したいという場合には不動産会社に買取を依頼するという方法もあることを理解しておきましょう。
不動産会社による買取は買主が不動産会社になるため売却活動を行う必要がありません。そのためすぐに不動産を売却することが可能です。ただし、不動産会社による買取の場合には仲介での売却よりも売却額が低くなる可能性があります。
この場合はできるだけ高く買い取ってくれる不動産会社を探すということが必要になります。

不動産の需要が高まる時期に売り出す

不動産の売却では売り出しに適したタイミングがあることも理解しておくとよいでしょう。売主側で考慮できるタイミングとしては買主の需要が高まるタイミングです。季節性から考えると引越しや転勤が増える2〜3月の時期が売買成約数がピークとなります。
新生活に備えて焦って不動産の購入を行う人が多いのがこの時期です。この時期に売却を成約させるためには少し前の12〜1月あたりから売却の準備をはじめるとよいでしょう。売却の流れを考えると売り出し開始までに最低でも2週間〜1ヶ月の準備期間が必要です。
相場を調べたり査定を依頼したりして売り出し価格を決定してから、不動産会社をみつけて媒介契約を結んでからようやく売却活動がスタートします。そのためスケジュールを逆算して組み立てることが重要です。

短期間で売却できる不動産の特徴

できるだけ早く不動産を売却したい場合、短期間で売却できる不動産の特徴を理解しておくことも必要になります。自分が売却したい不動産がどのような特性を持っていて、どのような点をアピールできるのかは不動産会社よりも住んでいた人のほうが理解できているでしょう。
そのため、売却活動をしてもらう場合でも、不動産会社とよく相談して売却した不動産のアピールポイントをしっかりと魅力付けできる広告やチラシの作成をしてもらうことが大切です。短期間で売却しやすい不動産の特徴について解説しますので参考にしてください。

築年数が5年以内で新しい

不動産の売却期間を左右する要素のひとつが築年数です。築年数が少し違うだけで買主からみたイメージはかなり異なります。もしも自分が買主だったとして、ほとんど同条件の不動産で築年数が4年の物件と6年の物件ならできるだけ新しい4年の物件を選ぶのではないでしょうか。
このように少しの差であっても買主からすると大きな違いになることもあります。不動産の場合は築年数5年以内の新しい物件のほうが売れやすいという傾向が特徴です。新しければ新しいほど早めに買主が決まる可能性は高くなります。
築年数が古いからといって売却できないわけではありませんが、より売れやすいという条件をつけるとすれば築年数は少しでも新しいうちに売却するほうがよいということです。

交通の利便性が高い

住宅を購入する場合、周辺環境を気にする人も多くいます。とくに交通の利便性については多くの人が条件にあげるポイントです。電車移動が多いエリアでは最寄駅までの距離が短い物件に人気が集まる傾向があります。最寄駅からの所要時間は毎日の生活にも大きく影響するからです。
車での移動が多いエリアでは駐車場が近隣にあることや戸建てなら敷地内に駐車できるかなどがポイントです。マンションの場合は駐車場の広さや停めやすさなども売却期間に影響を与えます。
こうしてみると交通の利便性が高い不動産のほうが早く売却できるということがわかるでしょう。

日当たりが良い

不動産の購入にあたって立地や築年数と並んで条件にあげられるのが日当たりです。とくに南向きの不動産は人気が集中します。南向きというだけで多少の条件の悪さを妥協して購入する人もいるほどです。
さらに角地であれば風通しのよさなども関係してくるため資産価値が高くなる可能性もあります。そのため南東や南西で角地にある不動産は比較的早く売却できると考えてよいでしょう。
日当たりや風通しについては、近隣の建物環境に大きく影響されることがあります。売却期間中または売却してすぐの段階で近隣に大きな建物が建設される予定がないかなどは事前に調べておいたほうがよいでしょう。
売却してすぐに日当たりや風通しが悪くなるような状況になることがあれば、事前に通告しておかないとトラブルに発展する可能性もあります。不動産会社に確認してこうしたトラブルは回避できるようにしておきましょう。

不動産の売却期間に関するQ&A

不動産の売却は人生で何度も経験するものではないでしょう。不動産の売却は時間がかかるものもあればすぐに売れる場合もあります。しかし、一般的には不動産売却をたびたび行うことも少ないため、わからないこともたくさんでてきます。よくある質問をあらかじめ理解しておきましょう。

売却期間が長くなる原因は?

不動産がなかなか売れないと不安になる人も多いでしょう。できるだけ早く売却して新しいスタートを切りたいと考えるなかで時間ばかりが過ぎてしまうとストレスを感じることもあります。不動産がなかなか売れず売却期間が長くなる原因はどこにあるのでしょうか。
一般的に不動産の売却期間は3〜6ヶ月が目安とされています。これより早く売れることもあればなかなか売れないこともあるでしょう。なかなか売れない原因として考えられるのは販売価格の問題です。
売り出し価格を適正価格にしておかなければ買主がつかないこともありえます。不動産の適正価格とは相場にあった価格のことです。周辺環境や不動産の状態などと周辺の不動産の価格相場を加味して売り出し価格を決定しなかった場合には、相場よりも価格が高額に設定されてしまっている可能性があります。
相場よりも高額な不動産は余程条件がよくなければなかなか買主がみつからないのが通常です。売り出し価格を決定する場合には必ず相場を調べたうえで信頼できる不動産会社に査定を依頼することが必要になります。余程悪条件の不動産でないかぎり適正価格であればおおよそ半年以内には売却できるのが一般的です。
もうひとつの理由としてあげられるのは、不動産会社との相性があげられるでしょう。不動産会社には得意不得意分野があります。
自分が売却したい不動産を得意分野とする不動産会社と媒介契約を交わすことで、早く不動産を売却するというのもひとつのコツです。また売却活動をしっかりと行ってくれる不動産会社であるかどうかもしっかり見極める必要があります。
さらにもうひとつは競合物件が多いためになかなか不動産が売れないというケースです。競合物件が多い場合には比較対象が必然的に増えます。そのためよりよい条件の不動産から売れていくというのが通常です。少しでもよい条件になるように多少手を加えるなどの工夫も必要になる可能性も考慮しておきましょう。

売却期間が長くなるデメリットは?

売却期間が長くなると売主としても不安が募るでしょう。売却期間が長くなることで生じるデメリットは2つあります。
ひとつは売れ残りというネガティブな印象を買主に与えてしまう点でしょう。なぜ長い間売れないのかと売れない理由を探りたくなるのが買主の心理です。売れ残っているのには何か原因があるのではないかと考えるとなかなか購入には至らないでしょう。
不動産自体には何も問題がなかったとしても売却期間が長いというだけで買主の不安を煽ってしまう原因になるのです。さらには売却期間が長くなると不動産ポータルサイトの新着情報に掲載されなくなります。こうなると買主の目に止まりにくくなるというデメリットが生じるでしょう。
媒介契約を結んでいる不動産会社のなかでも優先順位が下がってしまい、積極的な売却活動をしてもらえなくなるケースもあります。
さらには不動産を所有している間はその間の固定資産税や都市計画税は支払い続ける義務が生じる点もデメリットです。

不動産の売却期間を短縮しよう

不動産の売却はできるだけ短期間で行うことが理想です。売り出し希望価格で早めに売却できればその後のスケジュールも前倒しで実行できることがあるでしょう。
不動産の売却期間を短縮するためには事前の準備とよい不動産会社との契約が重要なポイントです。事前の準備は自分が売却したい不動産の価格相場を調べておくことです。価格相場を把握したうえで不動産会社に査定を依頼しましょう。
そうすることで適正な売り出し価格を設定することが可能になります。相場に見合った適正な価格で売り出すことでできるだけ早く売却することができるでしょう。
よい不動産会社との契約はよい不動産会社を見極めるところからスタートします。自分の足で探したり近隣の口コミを参考にするのもよいでしょう。ただしかなりの時間と労力を必要とすることは事前に理解しておく必要があります。
そこでおすすめなのは不動産一括査定サイトの活用です。不動産一括査定サイトであれば、インターネット上で自分が売却したい不動産の情報を一度入力するだけで複数社に同時に査定を依頼することができます。
すまいステップの不動産一括査定サイトは、独自の基準で全国の優良不動産会社のみを登録しているため安心して利用することができる点が魅力です。また同時に4社に査定を依頼できるため時間の短縮にもなります。
よい不動産会社と契約して不動産の売却期間を短縮しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?