家の買取とは何か?利用するメリットデメリットや業者の探し方を紹介

家を売却する方法としては、不動産会社と契約して個人の買主を探してもらう、仲介が一般的です。しかし、家の売却方法は仲介だけではなく、買取という選択肢もあります。

買取と仲介にはさまざまな違いがあり、買取ならではのメリットやデメリットもあります。仲介で売却する場合との違いを細部まで知り、買取と仲介のどちらが自分に合っているかを考えてみましょう。

リナビス
リナビス

あなたの家の適正価格が分かる
【完全無料】 一括査定

リナビス
step1
リナビス
step2
完全
無料
診断スタート

家の買取の基礎知識

買取という売却方法について理解を深めるには、基礎知識を身につける必要があります。買取とはどのような仕組みで家を売却するのか、また誰に家を売ることになるのかなど、知っておきたいポイントは多いです。基礎知識を頭に入れ、買取という売却方法の概要を知っていきましょう。

家の買取は取引相手が不動産業者

仲介と買取の大きな違いは、取引相手が誰になるかという点にあります。仲介の場合は不動産会社と契約して個人の購入希望者を探しますが、買取の場合は取引相手が不動産会社自身になります。

買取を依頼した不動産会社が家を引き取るため、引き取り相手と直接契約して、家の売却を行うことが特徴です。

家を買取してもらうまでの流れ

家の買取をしてもらうまでの大まかな流れは、次の通りです。

  1. 買取査定をしてもらう
  2. 提示された査定額を確認する
  3. 売買契約を締結する
  4. 家を引き渡す

買取をする際には、家がいくらで売却できるのか査定をしてもらいます。提示された査定額を確認し、納得できたなら不動産会社と売買契約を結びます。契約締結後は、速やかに家を引き渡し、売却は完了です。

家の買取をする方法は2種類

家の買取には、買取保証と即時買取の2つの方法があります。それぞれで特徴が異なるため、買取を利用する場合はどちらで売るかを決めておきましょう。

仲介から始める買取保証

買取保証は一定期間仲介による売却活動を行い、その期間で売れなかった場合に不動産会社が買い取る売却方法です。仲介の期間は指定できますが、3ヶ月程度が一般的です。

つまり、仲介で売れるか試してから、無理だった場合に買取をするのが買取保証であり、確実に売却できるだけではなく、仲介で売れる可能性も残されています。

買取も検討しているものの、仲介による売却の可能性も捨てたくないなら、買取保証を利用してみることがおすすめです。

価格交渉から始まる即時買取

一定期間の仲介による売却活動を省き、すぐに買い取る方法が即時買取です。即時買取は査定を受けて価格交渉をし、売主が合意して契約するとすぐに売却が完了します。買取保証のように数ヶ月待ってから買取となるわけではなく、場合によっては1週間以内に売却が完了することもあります。

仲介による売却を考えておらず、買取で確実に売りたいと考えている人や、とにかく早く家を手放したい人は即時買取がおすすめです。

家を買取してもらう5つのメリット

仲介ではなく買取で家を手放すことには、次の5つのメリットがあります。

  • 仲介より早く家を手放せる
  • 家を手放すことを近所に知られない
  • 仲介手数料を支払う必要がない
  • 内覧の対応をしなくてよい
  • 契約不適合責任を負わなくてよくなる

買取ならではの魅力を把握し、仲介とは違ったよさを知っていきましょう。

仲介より早く家を手放せる

売却スピードが素早いことは、買取の大きなメリットです。仲介と買取で比較すると、買取のほうが売却スピードは圧倒的に速いです。仲介での売却は、平均的に3ヶ月から半年程度の時間がかかります。

買取の場合は業者を選定し、査定結果に合意して契約するとすぐに引き渡しとなるため、1ヶ月以内での売却が可能です。場合によっては数日や1週間程度で手放すこともでき、素早く家を処分したい人にとっては、買取は魅力的な売却方法といえます。

家を手放すことを近所に知られない

売却の際に広告を出さず、不動産会社との内々の交渉によって売却が決定する点も買取の特徴です。不動産広告を出さずに売ることができるため、家を手放すことを近所に知られずに済むことも、買取ならではのメリットです。

離婚や借金などが原因で売却するなら、家を手放す理由を知られたくないこともあります。近所の人に詮索をされずに家を売りたいなら、買取による売却がおすすめです。

仲介手数料を支払う必要がない

不動産会社による買取だと、仲介手数料を支払う必要がなく、売却にかかる費用を節約できることもメリットです。仲介の場合は不動産会社と媒介契約を結び、買主との売買契約が成立すると成功報酬として仲介手数料を支払います。仲介手数料は法律で上限が決められており、売却価格によって金額は変動します。

売買価格報酬額の上限
200万円以下の部分取引額の5%+消費税
200万円超400万円以下の部分取引額の4%+消費税
400万円超の部分取引額の3%+消費税

また、400万円を超える取引の場合は、次の式で一括計算が可能です。

  • 売却価格×3%+60,000円+消費税

仮に売却価格が1,000万円とする場合は、仲介手数料の上限は39万6,000円です。仲介手数料の下限については不動産会社が自由に設定できます。しかし、仲介手数料は不動産会社にとっての重要な利益であるため、基本的には上限いっぱいまで請求されることが多いです。

売却価格次第では、仲介手数料だけで100万円を超えることもあります。買取なら仲介手数料がかからないため、売却費用を節約したい人におすすめです。

内覧の対応をしなくてよい

買取は不動産会社の査定のみで売却を決められるため、内覧対応の必要がありません。仲介による売却では、買主が決まるまで何度も内覧の対応をします。物件によって何回で契約に至るかは異なりますが、平均的には5~10件程度です。

内覧対応の際には、家を片付けたり、掃除をしたりしなければならず、手間がかかります。また、購入希望者のスケジュールに合わせて日程を調整する必要もあります。

買取の場合は不動産会社の担当者が一度家を見に来るだけであり、訪問査定時の1回の対応だけで売却が可能です。内覧対応がなくなることで、売却までの手間を大幅に省ける点も、買取ならではのメリットです。

契約不適合責任を負わなくてよくなる

不動産会社に買い取ってもらう場合は、売主は契約不適合責任を負わずに済みます。契約不適合責任とは、仲介で売却した際に発生するものです。売主が知らない住宅の不備が売却後に見つかった場合、買主に追及されると故障箇所の修理費用の負担や賠償責任を果たさなければなりません。

しかし、不動産会社による買取なら、契約不適合責任は発生せず、売却後に賠償責任を負わない点は大きなメリットです。

家を買取してもらう4つのデメリット

さまざまなメリットがある買取ですが、一部デメリットもあります。

  • 買取価格は仲介での売却より安い
  • 新しい家の所有者を選べない
  • 自身が望む価格での買取は困難
  • 家によっては買取さえしてもらえない

メリットだけではなくデメリットも把握し、仲介と買取どちらを選ぶべきか判断する際の参考にしましょう。

買取価格は仲介での売却より安い

仲介での売却と比べると、買取価格は仲介で売るよりも安くなります。これは不動産会社が家を買い取った後、リフォームやリノベーションをして利益を上乗せし、再販するためです。

上乗せされる利益分や補修にかかる費用を差し引いて買取価格が決まるため、仲介よりは安値での取引になります。物件によってどれくらいの価格になるかは異なりますが、平均的には仲介による売却相場の70~90%程度での取引になることが多いです。

新しい家の所有者を選べない

買取で売却すると、次に家を購入する所有者を自身で選ぶことはできません。買い取られた家は不動産会社によって再販され、別の人の手に渡ります。愛着のある家が誰の手に渡るかわからないことで不安を覚えることもあり、所有者を選べない点はデメリットです。

万が一トラブルの多い人に家が渡ってしまうと、近所の人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。売却した後のことは売主が関知することではありませんが、次の所有者を気にする人にとっては、買取はデメリットになりやすいです。

自身が望む価格での買取は困難

仲介と違って、買取は自身が望む価格での売却は困難です。仲介の場合は売り出し価格を自分で設定し、買主との交渉次第で希望する価格で売却できる可能性があります。

しかし、買取の場合は不動産会社の査定によって買取価格が決まり、基本的には金額は変動しません。多少の価格交渉はできますが、仲介のように金額をつり上げることは難しく、査定額がそのまま買取価格になることが多いです。

不動産会社の査定によって金額が決まってしまうため、家の資産価値次第では希望価格を大きく下回った金額でしか売れないこともあります。

家によっては買取さえしてもらえない

仲介で売れない家でも買取をしてもらえることはありますが、すべての家が買い取り対象となるわけではありません。需要のない家や修復が困難なほどに老朽や劣化している家は、買取を断られることもあります。

仲介では売却しづらい家でも買取なら対応してもらえる可能性があることはメリットですが、すべての場合で売却可能ではないことは覚えておく必要があります。

家は買取と仲介でどちらがおすすめか

家を売却する選択肢は買取と仲介があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。そのため、一概にどちらのほうがよいというわけではありません。

家の状態や希望する売却の条件によって、どちらが適しているかは異なります。買取と仲介に向いている人の特徴を知り、自分はどちらに該当するかを考えてみましょう。

家の買取が向いている人

不動産会社による買取が向いているのは、素早く家を売却したい人や、誰にも知られずに家を売りたい人です。買取では早いと1週間程度で売却ができるため、売却期間に余裕がない人に適しています。

また、不動産広告を出さずに売却できるため、周囲に家を売ることを知られる心配がありません。誰にも知られずに家を売りたいなら、広告を出さない買取のほうが適しています。

仲介での売却が向いている人

仲介での売却が向いているのは、少しでも高く家を売りたい人や、売却期間に余裕がある人です。仲介で売る場合は、自由に売り出し価格を設定でき、買主との交渉によって希望価格での売却ができることもあります。

また、じっくり交渉する余裕があるなら、希望価格で売りやすくなり、売却を急いでいない人におすすめです。家の売却にあたってスピードではなく、売却価格の高さを求める人は仲介での売却を選ぶとよいでしょう。

家を買取してくれる業者の探し方

不動産会社による買取を利用するなら、対応している業者を探す必要があります。

  • 複数の買取業者の査定結果を比較する
  • 評判のよさを口コミで確認する
  • 利用したいサービスがあるか

業者の探し方のポイントを知り、自分に合った不動産会社を見つけましょう。

複数の買取業者の査定結果を比較する

買取価格は不動産会社の査定額によって決定するため、複数社から査定を受けて結果を比較することが大切です。1社だけの査定ではその金額が妥当かどうか判断できません。複数社から査定を受けることで、もっとも高値で売却できる不動産会社を見つけることができ、お得に買い取ってもらえます。

査定結果を比較する際には、一括査定サイトの利用がおすすめです。一括査定サイトなら物件情報を一度登録することで、複数社から効率的に査定を受けられます。

評判のよさを口コミで確認する

買取業者を選ぶ際には、口コミで評判がよいかを確認しておくことがおすすめです。担当者の対応がよいか、買取を迅速に行ってくれるかなどは、口コミを参考にしてチェックしておきましょう。

不動産会社によって買取の対応は異なり、質の悪いサービスを提供する業者だと素早く買い取ってもらえないこともあります。また、価格交渉に多少でも応じてくれる業者だと、より希望に近い価格で売却しやすくなるためおすすめです。

利用したいサービスがあるか

買取業者が提供しているサービスもチェックしておき、利用したいサービスがあるかは調べておきましょう。買取サービスとしては、買取保証や家具の処分サービスがあげられます。

買取保証は一定期間仲介による売却活動を行い、期間内に売れなかった場合は買取をしてもらうものです。仲介期間は自由に設定できますが、3ヶ月程度にすることが一般的です。仲介で高く売る可能性も残したいなら、買取保証のサービスがあるかは確認しておきましょう。

家を引き渡す際には、基本的には家具は処分して家を空っぽにしておく必要があります。しかし、家具の処分サービスがあるなら、家具を残したまま売却できるため、処分の手間がかかりません。利用したいサービスがあるかを確認して業者を選ぶと、よりスムーズに売却ができます。

家の買取は可能なら仲介を検討してから利用しよう

家を売却するなら、買取と仲介の2つの選択肢があります。買取は素早く売却できて便利ですが、買取価格は仲介による売却よりも下がります。そのため、売却期間に余裕があるなら、仲介での売却を試すことがおすすめです。

すまいステップなら一度に複数社から査定を受けることができ、効率的に仲介で売却できる不動産会社を探すことができます。買取と仲介の両方を検討し、売却スケジュールに合わせて自分に合ったほうを選びましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?